憧れのザ・マーチャント・ホテル

もう一つベルファストネタをアップして終わりにします。

TさんとDOさんとアイボリー・レストランでランチの後、私のリクエストでこちらのホテルへ。

MERCHANT 1
The Merchant Hotel in Belfast.

これではいまいちですね。こちらに一杯写真が載っているのでどうぞ。ま~見てください。

http://www.booking.com/hotel/gb/the-merchant.ja.html?aid=318615;label=New_English_EN_GBIE_5226314545-RnYQj%2AqnIkYg15Re%2ASD5mgS46932887305%3Apl%3Ata%3Ap1%3Ap2%3Aac4318684%3Aap1t1%3Aneg;sid=109b8d9c923e449b5edacddfc9fedc2c;dcid=4;ucfs=1;srfid=83031e5364ec1e7e52644aeb1685d580508d164eX1;highlight_room=

この5つ星ホテル。元アルスターバンクの本店だそうな。だから、内装は、

MERCHANT 2
豪華絢爛!

玄関も厳かなのはその名残ですな。いや~ホテルの改装して大正解と違う?


ここ、一泊するのも高いんですよ。なので私には手が出せないのでここに泊まったことが一度も無し。でもAちゃんはあるんです!しかも会社の経費で泊まったことが!

うっそ~うらやましい~!部屋、どんなんやった?

と聞いたら、

Normal.

えらい期待はずれな答えを返されてしまいました。まあ自分が泊まってないし、あまり彼女の意見だけでは判断したくないですがね。


しかし泊まれなくてもここのバーには入って飲めるわけですよ。それに同僚がえらくここの2階にあるバーを勧めるんで今回はTさんとDOさんを誘い、ここで飲んで、彼女たちにおごるつもりでおりました。私のためにわざわざ時間を割いてくれたお礼ですよ。

DOさんは行きましょ~!でしたが、Tさんが。。。

『私、お酒飲まないから。カクテルには興味がないの。2階のバーはめったに一般の人には開けないから無理だわよ。1階も満席なはずよ。』

お酒飲まないことくらいもう12年もお友達やってるからわかっとるって~。でもさあ、バーくらい入ればいいのよ。別に普通にジュースやコーヒー飲んでもいいんだから~。

それに!

こちらの(日本もそうでしょう)カクテルバーには必ずノン・アルコールのカクテルは置いてあるんですよ。だから少々高くともそれを飲んでればOK!高いっていっても普通のジュースに比べたら高いだけで、カクテルから比べたら半額くらいですから。無理してお酒入りのカクテルを飲むことはないんです。

と言って、DOさんと二人で説得!怪訝そうな顔のTさんを連れて入りました。入り口両横にすでにテーブルが一杯置いてあり、レストラン風。ここで皆さんアフタヌーンティーを楽しんでいらっしゃいました。そのお値段、

25ポンド。

高いが、一度試してみたいわ~。

私たちは右横のバーへ直行。

MERCHANT 7
結構狭い。反対側にもテーブルがありますが、数は多くないので取り合いになります。

MERCHANT 8
バーの様子。一人ならここで飲めばOK。


運よくテーブルにつくことができて(他のお客さんとシェアー)カクテルをオーダーだ!

はい、これ。

MERCHANT 3
カクテルメニュー。本になってる!!!仰天!ま~ポッシュ!!!!

おつまみもポッシュ!!!

MERCHANT 9
でもおつまみ3種類しかない。。。ここは4種類入れてほしいところだ。


早速カクテルと行きましょう。DOさんオーダー。なんだったか忘れました。

MERCHANT 5

私オーダー、シャンペンカクテル。

MERCHANT 6

これがノン・アルコールのカクテル。かわええ~。
MERCHANT 4


私たちの前に60代くらいの品のいいご夫婦が座ってたんです。結局5人でちょっとの間話していたんですけど、

何言ってるかわっからへん。

質問してこないでね~状態でしたよ。ただでさえ北のアクセントは南とかなり違って聞きなれてないとむつかしい。ベルファストのアクセントはTさんとDOさんのお蔭で少し慣れてはいるんですが、ご夫婦はブッシュミルズの近くにお住まいだそうで、またアクセントが違う。

NI.jpg
上のところ。ウィスキーでお馴染み。(ネットより)

アクセントはともかく、とても品があるご夫婦。B&Bを長年経営しているそうです。だから初対面でも平気で話ができるわけだ。

話を戻して。。。私が飲んだシャンパンカクテル、いくらすると思います?

14.99ポンド。

高っ!!!先ほども言ったように私は二人にカクテルをおごるつもりだったんですよ。でも「私たちがおごる~」と言い張る彼女たち。「私がおごる~」と言い張る私。私の出したお金を返す二人。それをまた出す私。Bさんと私、レストランで「私が払う~!」と言い合いになり、お金の投げ合いをしている状況とほぼ同じであった。違う点と言えばお金が宙を舞わなかっただけである。

そして私は結局おごっていただくことになり、値段も見ずにこれ飲むわ~とシャンペン・カクテルを頼むと言ったんです。その後でよ~くメニュー(本)を見たら14.99ポンドもする。焦ってもっとお値打ちなのにしようとしたら、

「せっかくマーチャント・ホテルに来たんだから、シャンペン・カクテル飲みなさい。」

とDOさん。もう甘えさせていただきました。ダブリンに彼女たちが来たら絶対おごるわ!


仲のいい友達(同僚)と、そして偶然出会ったいい人たちと楽しいひと時をベルファストで過ごさせていただきました。そしてマーチャント・ホテル!憧れてたんですよ~。ここでカクテル飲めて最高ですわ。今度はぜひ泊まってみたいわ。いくら部屋がNormalとAちゃんが言おうと。


それでは皆さんよい週末を!月曜日にお会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

おぉー、元銀行だけあって
流石の内装ですね

しっかし、BARが高い(笑)

色々あった留学も、
残す所あと2日
俺を強くしてくれて
ありがとう、アイルランド…

ティファニーさんにも
大変、お世話になりました(^o^)

さて、最後の質問なんですが、
ダブリン空港まで行くには
どうしたらBestでしょうか?

日曜の12時発の飛行機なので、
3時間前には出発したいのですが…

マッケイさんへ

マッケイさん、すみません!週末は超忙しくて返事が全くできませんでした。(現在日曜午後1時)
もうアドバイスは遅いですね。。。ごめんなさいです。

とにかくアイルランドを満喫されてようで何よりです。少しはお力になれたようで光栄です。

また機会があったらぜひおいでください。そしてこのブログもたまには読んでやってくださいね。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.