またありました。水道料反対!プロテスト

「ウォーターチャージ・プロテストに行くの?」

と月曜日同僚Cさんが何人かに尋ねていた。

臭い男が「何時から?」と聞きかえす。行くんかい!?と言われ、みんなに笑われていた。「行かんでもええ。行ったら臭いからみんなが嫌がる。」と私は心の中で思っていた。

そうなんです。まだ反対者が多い水道料徴収。もめてるんですよ。払わない!っていう人たちがまだたくさんいるんですよ。一部の政治家まで一緒になってます。

ということで、昨日ダブリンの街で行われたプロテスト。Right2Waterという団体とサポート団体が主催。ガ-ディーの報告では30,000人から35,000人集まったとのこと。

water 3
田舎からもバスで駆けつけてたそうですわ。(ネットより)

water 4
すっごい人!(ネットより)

Garden of Remembrance(Parnell Sq E, Dublin 1)からレンスターハウスのあるメリオンスクエアーとキルデアストリートまでマーチしたそうです。

water 5
(ネットより)

アイルランドだけでなくデトロイトからも参加したとか?えらい規模がでかかったんです。

water 2
こんなことにもなってたようです。(ネットより)

プロテストしてる人がレンスターハウス前の柵を乗り越えようとして一時いざこざがあったらしいですしね。逮捕者が二人でたとか。

ステージも設置されて、政治家たちやミュージシャンたちも演奏しプロテストをサポートしてたそうな。

water 1
グレン・ハドソン(右)とデミアン・デンプシー(左)。(ネットより)

みんな反対するのはわかる。私も嫌ですもん、今まで払ってなかったのに急に払えっていわれてさ。しかもいくらになるのか、請求書が来るまで不安だもの。

それと同時に、ケルティック・タイガーが去ってからというもの、政府にたんまり税金取られてるし、手当ても減らされてる。もうこれ以上いやだという気持ちも実はこのプロテストに入っているんです。

水道料、計算すると週に3ユーロほどになるらしいんです。その3ユーロを反対してる暇があったら他に反対しないといけない問題が一杯この国にあるんじゃないかという人(&政治家)もいる。

プロテストに参加してる人の中にはあまり外国人がいないなと思ったんです。。やっぱりそれは普通外国諸国では水道料を払うのが当たり前だからであろうか。ちなみにうちの会社の外国人たちも彼らに同情はしていない。


昨夜のオコンネルブリッジで。ここではまだプロテストやってました。

water 6
左奥に見える黄色いのはすべてガーディー。

WATER 7
街灯の向こう川でプロテストが行なわれていたようです。

blog 1
リフィー川歩道に向かって叫ぶ人たち。ガーディーがずらっと車道に並び、彼らを見張ってました。


結局このプロテストのおかげで昼前から夜までスティーブンスグリーン周辺とオコンネルストリートはバスが入れず迂回。ガーダが道路を閉鎖してるところが何箇所もあったんですよ。だから待てど暮らせどバスは来ない。。。

私も昨夜はちょっと遠くまで歩いてバスに乗りましたよ、イタリア語の帰りでぐったりな上、雨は降ってくるし、風は強いし、むっちゃ寒い。イライラしてましたわ。本当困るのよね、バスに影響が出るのは。タクシーでないと家に帰れなくなるのよ。

とここでティファニー・川柳を。

「プロテスト、やるのはいいけど、昼までに。」


いまいちでしたか???

このプロテスト、1月と2月の下旬にまたやるらしいです。でも政府には変更の考えはないらしい。はあ。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

水道代徴収から進むインフレ経済の兆し。。。?

ティファニーさん、こんにちは。
水道代金負担の件でスゴイことになっているのですネ。私がアイルランドに訪ねた頃にこの問題が執行されておりましたが、このようなデモに巻き込まれずに済んで良かったと安堵しております。。。3枚目の写真を拝見すると50代以上の方々も多く参加している様子ですね。 日本人みたいに不満事を文句つけて責任行動は回避しているような緩い考え方よりも参加意識が高くて、良いと思われます。。。しかし、「臭い男」の人はシャワーも大して使わないと思われますが、水道代金の徴収には関心があるのでしょうかネェ?。。。(笑)

money@さんへ

水道料については前から言われていたんで国民はみな知っていましたが、いざ徴収されるとなると。。。でした。政府も不透明なことばかり言っていたんですよ。税金を上げてそこから徴収するとか。

とにかくこの問題は当分続きそうです。いらしたときにはデモがなくて良かったです!旅行者の皆さんはとんだ目にあったと思います。

臭い男、水道代の心配はいらなそうですよね。トイレの水の方を気にしていたのかも!

先に投稿したタイトルに謝罪...変更しました。

少々、品がありませんでしたネ。(jokeにしては嫌味でした。)
自分で嫌な気分になりました。ごめんなさいネ。 money@

money@さんへ

ぜんぜん気になりませんでしたよ!大丈夫です。お気になさらず!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.