クリスマス贈答品2014

とうとうあさってはクリスマスですよ。

恐ろしいです。あっ!!!という間に今年もクリスマス。一年が過ぎるのが早すぎますね。年を取るごとにこう感じるのかと思うと。。。自分が80歳だったらきっと一年が2ヶ月くらいにしか感じないかも知れませんね。怖いわ~。年は取りたくない。

クリスマス間じかのアイルランド。現在どんな感じかというと。。。

今年12月と来年一月の初めのカレンダーがいい感じなので、早い人は19日に金曜日から1月4日までの長い休みを取る人も多いんです。

うちの同僚たちの中にもそういう人が何人かいます。休みをクリスマスのために費やす人が多いんです。日本の年末年始Hと同じくらいクリスマスは重大行事ですから仕方がありません。

私のようにすべての休みを日本行きにあほみたいに費やす人は、さびしくクリスマスに出勤するハメになるんです。私の場合毎年こうですから慣れましたけど、みんなが休みなのに出勤するってやはり悲しいもんです。

だからバスも道路もガラガラ!今日なんて50分で家から会社に着きました。毎日こうだったらな~。


悲しく働いているとはいえ、ちょっといいこともある。

会社に送られてくるクリスマス贈答品をみんなで山分けするんです。そのときくじ引きをするんですが、休んでる人の分も引いてあげるんです。

でも休んでる人のが自分のものよりいいものだったらこっそりすり替えられるんですよね。それはただせこいだけってことか?


ということで今年。

今朝同僚アイリッシュ女Jさんが贈答品一つ一つに番号を付け、くじ引きの用意をしていたんです。しかし問題が。

XMAS 1
ええ!?これだけ?

品数少なすぎ問題。


社員22名。つまり商品が当たらない人が何人か出る。

私。くじを引いたら。

"Waiting list"

つまり商品なし。昼から何かきたらそれをもらえるといわれたんです。


ええ~~~~???!!!!


せっかく出勤してきてこの仕打ちかよ!しかもだ。休んでる人の分はほかの人が引いてあげて、商品が当たってるんですよ。

それっておかしくないか?

「Off today? Tough sh*t」

と会計士が言っていたけど大賛成!休んだやつには商品なしにせなあかんことないか?数が足りないんやし、休んだやつはいい思いしてるんやで~。休んだやつが悪い。

しかしそれはだめだというJ。なぜって休んでる人のうち二人は彼女と仲がいいお友達だからなんですよ。(はっきりそうとは言ってなかったけど考えたらすぐわかる!)


くっだらなさすぎる。


でも結局同僚のポーランド人AIさんが、ワインが当たったけど、飲まないからあげる!と私にくれたんですよ。すごくありがたい反面、悪い気もしました。


するとその30分後、取引先のコークの運送屋のお兄ちゃんがわざわざワイン3本、小さいチョコレートのボックスとでっかいカレンダーを持ってきてくれたのである。ありがたいじゃあないか!

その後、ダブリンの運送屋もワインを12本持って来てくれた。ここは毎年同じものなんですが、今年はないなあと朝話してたところ。景気が悪い?うちの会社、いっぱい仕事やってるのに~と言ってたんですよ。

とにかくこの2社のおかげで、

XMAS 2
クリスマス贈答品、見事に増える。今度は過剰。


先ほど仕切っていた同僚Jさんにワインとチョコが来たよ、と言ったんです。チョコのボックスを先ほどワインをくれてた同僚AIさんに上げたかったんで許可をもらおうと思って。ほら、さっきまで仕切ってたからさあ~。すると、

「私知らないわ。もう関与しないから。あなたがやって。」


おいおい、お前、やるなら最後までやれよ!

と言いたいところであるが、こんなこと言ったら大喧嘩になりますし、またほかの同僚アイリッシュ女たちとGang upしていじめてくるのが目に見えているので、「Ok.」とだけ言い残し、その後私が仕切り、分配させていただきました。

まだワインが残っています。ちょっとおいしそうでないやつばかりですが。午後4時ごろにオフィスにいる人だけで分けたいと思います。

Off today? Tough sh*t!


明日はクリスマス前最後のアップになります。よろしくお願いします。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.