祝!2015年パーティー(後編)

それでは早速食事のご紹介と行きましょう。

NYE 7
スターターのクリームチーズ・スモークサーモン巻き。サーモンが結構分厚く、さかな好きにはたまらない一品であった。嫌いな人には悲劇である。

NYE 8
パン。一人に一個しかもらえず。触るとかなり硬いのですが、食べたらそうでもありませんでした。トマト味のパンもありました。

NYE 9
チョリソー入りのトマトスープ。チョリソーのちょっぴり辛さがアクセントになってよい。濃い目のスープ。

実はスターターはどちらかを選ぶのではなく上の二つが出てきました。選択の余地なし。魚が嫌いな人には悲劇である。

そしてメイン。さすがにメインは魚か肉かの選択ができました。

NYE 10
サーモン。

NYE 11
ヒレ肉。ワインソース付き。三角はポテトグラタンみたいなやつ。

付け合せの野菜が別で出てくるかな~と思ったら、お皿に乗っているのだけでした。ちょっと残念。私は魚は食べてないので味がどうか定かではありませんが、肉はクリスマスパーティーで食べたボールスブリッジホテルのほうが断然うまかった。比べ物にならず。

しかも焼き具合をまったく聞かれず、持ってこられたのはミディアム。アイルランド人は基本ミディアムは食べないので(赤さが残っている肉が嫌いなのでウェルダンが基本)文句が出るだろうと思いましたが、周りにはそういう人はおらず。ミディアムを食べなれている人たちばかりだったと言うことか?

そして最後はデザート。

NYE 12
チョコレートずくめ。ムースにアイスに。。。ジンジャーの味がするもの(右下)も中身はチョコレート。

ムースとアイスはうまかったけど、ジンジャー味のはいまいち。残しました。CIちゃんがデザートは要らないというのでAちゃんと二人で彼女の皿まで食した。この時点でおなか満腹!そりゃそうよね、人より余分に食べてるし。


しかし食事の間、問題が。。。


食べている間、バックグラウンドミュージックが流れているのはいいが、エンターテイメントがなし。ぼさ~っと食べるしかなかったわけです。たとえばコメディアンがくだらない話するとかでもいい。クリスマスパーティーの時のようにマイケルジャクソンの物まねでもあったほうがいい。

ホテルの飾りつけもまったくされてなかった。クリスマスツリーは会場の端っこにひとつ飾ってあるだけ。Black and White Ballと歌っておきながら何も飾ってない。風船すらない。ホテル側のやる気が感じられない。

結局食事が終ってすぐに一緒のテーブルに座っていた3人の女の子たちはどこかへ行ってしまい、戻ってくることはありませんでした。20代中ごろの子にはちょっと面白なさすぎであろう。

食事後バンドの演奏が始まった。

NYE 13
やっとバンドが登場!

すると待ってましたとばかり女性ばかりがダンスフロアーへ大量に押し寄せ、踊りまくりだした。やっぱりみんな待ってたのよ~踊るのを!ちなみにこの番組はRTE のLate Late Showで演奏しているバンド。さすがに演奏がうまい。

演奏中に年越しカウントダウンし、そのまま演奏。みんな踊リまくっていた。70代と言った感じの女性もバンバン踊る。いや~いいじゃないですか、こういうの!演奏時間約1時間半。

NYE 14
老若男女入り乱れ踊るの図。

演奏の後はDJ。そしてみんながそろそろ帰りだしたのか人が減った。でもまだまだ踊る皆さん。特に若い人たちが。そして誰かがリクエストしたのか、この曲が流れ。。。



もちろん流れればマイケル・フラットリーになり切ってリバーダンスを踊りだすやつがいるもんです。

NYE 15
アイルランド人男女、リバーダンスを踊るの図。

男女ともマイケル・フラッとリーになっていました。踊りの上手な女性が一人いて、ガンガン踊ってました。かえってこういう時には下手な人がガンガン踊った方が面白いんですけどね。空気が読めないやつと言うのはどこの国にもいるもんです。

NYE 16
これが一番この日盛り上がった出来事でした。


その後面白くなくなったので私たちは街へ繰り出すことに。行った先は、

lilies 3 (ネットより)
Lilies Bordello. みんなリリーズと呼んでます。Adam Court, Grafton Street, Dublin 2.

午前2時半ごろに行ったんですが、まだまだ人がいました。実はここへ行ったのは、私たちの知り合いの男がここの常連で、午前3時までに入れば無料で入れるように手配するって言ってくれたから行っただけなんです。しかし、入ったら
 
15ユーロ請求。


話と全然違うやんか!!!

まあこの男、ほら吹きなんですよ。みんな知ってるからかここにしょっちゅうくる割には奴には友達がいないわ、相手にされてる感じも全くなし。終いにはTちゃんとCIちゃんに言い寄ってるし。これからやつとは関わらないようにした方が良さそうだな。

結局ここで午前4時半までここで過ごし、外(グラフトンストリート)に出たら、

NYE 17
大量の人たちと、

NYE 18
大量のごみ。

午前5時過ぎに自宅到着しました。NYEパーティー、来年はホテルでのパーティーには行かないと思いますが、いつもと志向が違うNYEパーティー、最終的には体験して良かったと思いました。来年はもっと早くから計画しようと誓いました。

ちなみにCIちゃんはラッキーにも捕まえたタクシーの運転手(インド人、ターバン巻いてた)に言い寄られたらしい。彼女は綺麗だからMan magnetなのよね~。うらやましいわ、彼女の美貌が!(若さも)

明日は時事ネタの予定です。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.