ありがたく頂戴しましょう!?

先週土曜日の夜。ウェスト・ベルファストのRavenhill Roadはこんな状態だったらしい。

fish 1
フィッシュ!(ネットより)

どうもトラックの後ろのドアがちゃんとしまっていなかったらしく、積み荷であった大量の鯖が道路に零れ落ちたらしい。

住民はプラスチックバックに道路に落ちている鯖を拾い、持ち帰り食卓に乗せた人もたくさんいたらしいです。中にはパジャマ姿で魚を拾い、はしゃぐ子供たちもいたらしい。まあこんな状態なんてそうまれに起こりませんからね。

FISH 2
普通に買ったら高いから。(ネットより)

そこでベルファスト・シティー・カウンシルが昨日、魚を拾った住民に注意を促しました。

"Don't eat fish found lying on the roadside. They're too fishy."


FishがFishyか。へへへ。

ようはどこから来たものかわからないし、道路だって綺麗じゃないですもんね。食べた人が病気になってしまし、注意しなかったベルファスト・シティー・カウンシルを訴えるなんてことにもなりかねない。注意を促すのは当たり前ですわ。

でも写真で見る限りかなりいい鯖って感じ。こんなんもったいない!食べれる!と私でも思うわ。アイルランドから鯖を大量に購入している日本の会社がこの状態を見たら涙ものかもしれないですよ、これ。ちなみにどの会社のトラックだったかはわかりません。会社は大損だわよ。鯖はいいお金で取引されてるらしいから。


この道路はその後、ベルファスト・シティー・カウンシルにより綺麗に清掃されたらしいですが、今でもかなり魚臭いらしいです。当分臭いは去らないでしょう。ごみとして捨てられたであろう鯖たち。もったいないなあ。


ベルファスト・シティー・カウンシルの注意を無視し拾った鯖を食べた人たちにネット上では賛否両論。そんな中、あるネットニュースでは、こんな風に書いているところがありました。

Never look a gift horse in the mouth ならぬ、

Never look a gift fish in the mouth.

拾って食べた人、鯖はうまかったでしょうかね。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.