祝!6ネーションズ、優勝!(男女とも)と「ツーリスト」

もうほかのブロガーさんたちが書いてしまっているので今更なんですが、少しだけ私の一日と重ねて書くことにします。

土曜日はラグビー、6ネーションズの最終試合でした。

アイルランドVウェールズでアイルランドが負けてしまい、グランドスラムはなし&トリプルクラウンもなし。とはいえ、勝つ可能性が消えたわけではなかったのですが、なぜか私は勝手に今年の優勝はなくなったと決めつけていました。

そのためラグビーは頭からほぼ消えてしまい、イタリア人の友達ANさんから土曜日に街で会おうと言われて思い切り了解してしまったのです。後で気が付いたのですが時すでに遅し。ANさんはラグビーにはまったく関心のない人なので一緒にパブで見ようとも言えず。諦めて彼女の行きたいというこちらへお邪魔しました。

MARSH 2
ダブリン一古い図書館、Marsh's Library(ネットより).http://www.marshlibrary.ie/

MARSH 1
かなり小さい図書館ですが、味が合っていいですよ。(ネットより)

その後は街でお昼をして(その件はまたの機会に)、二人でBさん宅へ。ANかんがBさん宅に車を止めていたというのもありました。

お邪魔したら見覚えのあるおっちゃんとその嫁がいる。。。30分ほどお邪魔してみんなで話したんですが、このおっちゃんと嫁、あんまりフレンドリーじゃないんですよ。私が話題を振っても少し答えてくれるだけで遠くを見るし。私のことがいやなんならもう私も質問せえへんわ!と言いたいくらいでしたよ。

それにしても見覚えあるおっちゃん。。。もしや。。。とBさん宅を後にしようと玄関に出たらBさんも出てきて、

「あの人たち変なカップルなのよ。しかもあなたのご近所さんよ。」

やっぱりか!!!

朝、私とほぼ同じ時間にこのおっちゃんはバスに乗るんです。いややわ~こんなアンフレンドリーな人たちが近所さんでその上Bさんの友達だったなんて!ちなみにBさん、このカップルのことがあまり好きではありません。


その後、ANさんと別れ、私はご近所さんJさんがローカルパブでみんなでラグビーを見るからと誘われ行くことに。その時はすでにアイルランドVスコットランドは終わっており、40-10で大勝。イギリスVフランスが行われており、後10分ほどで試合が終わるところでした。

パブで見ていた全員がCome on, France!と叫んでいたので、ここの客はイギリス嫌いなのか?と疑ってしまいましたがそうではありませんでした。

イギリスは優勝するのに26ポイント必要。もしここでイギリスがトライするとイギリスが優勝、もしトライしないとアイルランドの優勝という状態だったからです。私はただ事情が分かってなかっただけでした。

結果、イギリスVフランスは55-35で、イギリスは優勝に6ポイント足りず、アイルランドがポイント差で見事、

優勝!!!

RUGBY 10
2年連続優勝だよ!!!(ネットより)

ま~本当に、こんな小さな国が2年も連続ラグビー、優勝はやっぱり素晴らしいですよ。

チームも素晴らしいけど、ヘッドコーチが素晴らしいとも言われています。彼になった去年から2年連続優勝ですからね。

RUGBY 13
右がコーチのJoe Schmidt氏。ニュージーランドユニオンチームのコーチでもあり、レンスターの元コーチ。左はキャプテンのポール・オコンネル選手。(ネットより)

そしたら実は女性チームも日曜日スコットランドを73-3という超大差で下し見事、

優勝!!!

RUGBY14.png
女性チームも強いアイルランド。おめでとう!(ネットより)


とにかくだ。土曜日の6ネーションズ、アイルランド優勝をご近所さんたちと見ていたまでは良かった。

その中に30代のご近所さんL君のパートナーの50歳女性Cさんがいたんです。初めてこの日お会いしたんです。ニコニコして感じがいい人でした。ラグビーも終わったんでいろいろみんなで話していたんですが、彼女から質問が飛び、今日はパブに来る前に何をしていたか聞かれました。なのでMarsh's Libraryへ行った、というと、

「それはどこ?」

他にも2組カップルがいたのですが全員知らず。ダブリナーなのに知らんのや、と思ったんですが住んでるとかえってそういうところには気が回らないものだ。私も日本のことなんて知らんしね。

どういうところか聞かれたんで説明したらあんたの方が何でも知ってると言い出すCさん。私の方が知ってるという事実がそうとう嫌だったのか、私が一瞬にして嫌いな人物だったのか、でかい声でこういいだした。

「ツーリストのほうが何でも知ってるのよね!」


私はツーリストっちゃうと言っても聞かず、ツーリストと繰り返すこの女。(もうここからこの女Cです)

終いにはパートナーのL君とご近所さんJさんにまでティファニーはツーリストじゃないと繰り返し言われるも、身を乗り出して私を指差し、

「違うわ!(ティファニーは)ツーリストよ!ツーリストのほうがよく知ってるのよ、私たちより!」


この女、TOTALLY IGNORANT.

この発言で今までCはいい人と私に言っていたご近所さんJさんも超びっくり。Cにはがっかりだと私に言った。

しかし男たちが全員タバコを吸いに席を立った時に私に午後はどこにいたのかまた質問。Southsideにいたことを言うと、Poshだ!とほかの女とぐるになって言いまくるこのC。笑顔で「誰でもSouthsideに行くでしょ。」と言ったけど、Poshなのよ、あんた!としつこく言いまくるこの腐れ女C。

これはただの外国人いじめでしかない。

しかし私がここでキレたら親切なご近所さんJさんに迷惑がかかってしまうし(私はまだまだこのグループではNewな人なので)、せっかくアイルランドが優勝していい雰囲気なのにぶち壊しになる。Cats fightは避けなければ。私がニコニコして笑ってこっちがばかなふりをそればこの場は収まるはず。乗り切れ、ティファニー!

しかしそれを聞いていたほかのご近所さん男性がCが私に言いすぎだと思ったらしく一言言ったんです。そしたら、

「I'm just slagging her off!」

わかるよ、Slagging somebody's offなカルチャー、アイルランド。でもね、これをするのは友達同士など気が知れた仲間だけ。それを承知の上で初対面の私にやって喜んだわけだ。しかもこんなことでしか自分を優位にたたせられないなんてあまりにも<この腐れ女は知能指数低すぎである。

とにかく何でも笑顔になりながら失礼なことを言い、Smart Arseになったつもりの50歳腐れ女C。

この女の顔をよく見てみた。かなり不細工。顔にはしわも多い。50だと言うが、誰かが60といったら60だと思うような顔だ。しかも前髪が頭からヘルメットをかぶって前髪をそれに合わせて切ったみたいになってるんです。いまどきこんな前髪してる人はどこにもいない。こいつくらいだ。私のほうが1000歩譲っても容姿では勝っている。

こいつ、私にじぇらし~なんや。情けない女。


アイルランド人はいい人っていうけど、なかにはこういうIgnorantもいる。その被害にあった日本人の皆さんもいることでしょう。でもこういうのには立ち向かっていくしかない。私もあの場でびっちり言うべきでしたが、かえってへらへらして腐れ女Cに礼儀正しく答えた自分があまりにも腹立たしい。

宣戦布告された長期滞在日本人、ティファニーカイリー。

次回会ったときはへらへら顔で超Posh&ツーリストになって「あら、ダブリナーなのにそんなことも知らないの?私のアイリッシュの友達みんな知ってるわよ、Normだと思った。ツーリストにはNormよ。」「○○バー、行った事ないの?でも行くときはおしゃれしていかないと。その格好じゃ入れないわよ。私みたいなツーリストなら入れるけどね。」な~んてたんまり言ってやろうと思います。

ラグビーじゃないけど、「戦います、勝つまでは!」


ポチっとクリックお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

負けるなティファニー‼︎‼︎
こっちからもC女めがけてエアーパンチをボシュボシュッと食らわしてやりましょうぞ!

mamma-EIDさんへ

応援ありがとうございます!負けませんよ~~~~!!!

VS!

こんにちは、ティファニーさん。
「前髪が頭からヘルメットをかぶって前髪をそれに合わせて切ったみたいになってるんです。いまどきこんな前髪してる人はどこにもいない。」←素晴らし表現です! 想像しやすくC女の時間軸が過去のものと推測できます。 こんな古い女に気遣う真面目なあなたの人の良さが理解できます。次回会ったらPoshならではの楽しみ方を自慢してあげましょう!! 「あなたは歴史の方がお好き?」っと聴き直してみるのも良いかも。。。大好きなティファニーに勝利あれ!!!!

money@さんへ

こんにちは!

応援ありがとうございます。同僚や友達も私の見方をしてくれました。この事件のお蔭で私にはたくさん私のことを思ってくれる友達がいることがよくわかり、かえって感謝してますよ、この腐れ50女に。物事が起きるのは必ず理由があるから。。。ですね。そしてこういうことがあると余計に強くなります。

想像できました?髪型。おかしいですよね。4歳児じゃないんですから。私の友達の輪には絶対そんな髪型の人は入れてもらえません!

次回は必ずニコニコしながら「ツーリストなんで~」とか「ポッシュなんで~」とか言いますよ、もちろん。絶対怒った顔で言わないこと。これが秘訣。こいつに言っても仕方ないと思わせないといけないんでね!

No title

図書館素敵!!
さっそく次の土曜日に行ってみます♪

syannoさんへ

図書館はとっても小さいので小さすぎてびっくりするでしょう。しかも入れない部屋もありますし。しかし私はこういうところの方が味があって好きです。ダブリン1古い図書館&ジェームスジョイスも勉強しましたからね。歴史を味わってください。ただどこかのブログの方が退屈だったと書いてその上写真も載せていたような。。。

入場料2ユーロ。写真撮影は禁止ですのでご了承ください。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.