今日はDaffodil Day (ラッパスイセンの日)-2015

今日街を歩くと、黄色い服を着た人たちが街頭に立っているのを見るでしょう。

きょうはDaffodil Day (ラッパスイセンの日)です。

DAF 2
(ネットより)

毎年行われるDaffodil Day (ラッパスイセンの日)。このブログでも過去に数回ご紹介しましたね。Irish Cancer Societyと言う団体が行っているチャリティーで、今日は街角で黄色い服を着たボランティアの方々がラッパスイセンのピンバッチやラッパスイセンの花を売り、募金を募ります。

DAF 1 (ネットより)

去年お数字ですが、募金はこのように使われているそうです。

DAF 3 (ネットより)

2012年の数字からいうと、15分に一人は癌と診断されているそうなアイルランド。

今週月曜日にアイリッシュのお友達のお父様のお葬式に参列したんですが、お父様の死因は癌。実はそのお友達も前に癌を患った人。彼女は再発もせず、健康な子供二人を授かり、とっても幸せに暮らしています。自分は元気になったけれど、お父様は。。。悲しいと同時にすこし複雑な気持ち(生死を分けたと言う意味で)も彼女にあったのではないかと思います。


私も祖母や友達を癌で亡くしておりますので、ほぼ毎年募金をさせていただいています。去年は街に出る時間が遅くてすでにチャリティーが終了してしまっていました。今年はちょっと早く行ってスイセンの花を買う予定です。(家の庭にも咲いてるんですけどね)すべての癌が治療で治る日が早く来ることを願って。。。http://www.cancer.ie/get-involved/fundraise

それでは皆さんよい週末を。月曜日にお会いしましょう。




ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.