ホーリー・サースデーにストライキ、ダンズストアーズ

イースターと言うことで、今週は学校はお休み。会社の同僚で小さい子供さんがある人は今週休みを取っています。

今日はホーリー・サースデー(Holy Thursday)。今日から本格的にイースターホリデーを取る人も多く、海外旅行に出かける人や国内旅行に出かける人で忙しくなります。イギリスの空港は大混雑、道路も大混雑するとGMBのニュースで言っていました。アイルランドも同じでしょう。

昨日はエープリル・フールでもありました。ということでプランク(Prank)が出回っていました。中にはこんなのが。。。

APRIL 1
Lidlのツイッターより、ケールのイースター・チョコレート。緑のチョコレートやで、緑!


イースターで忙しい中、アイルランドのスーパーマーケット、Dunnes Stores(ダンズ・ストアーズ)が今日ストライキしています。

DUNNES 1
(ネットより)

112店舗のうち107店舗でストライキが行われているそうです。お店は開いていますが、労働組合の人6000人がお店の前でストライキをしています。一部の政治家たちもサポートしています。

イースター前の忙しい時に?と思っているアイルランド在住の皆様。ストライキをやる理由を聞いたら納得すると思います。


前からダンズは賃金が安いのは知っていました。それで過去にも問題になっていたので。そのため今回ストライキと聞いてびっくりすることではなかったのですが、賃金以外にも従業員に対する待遇が良くないそうだ。

従業員の76パーセントがパートタイム従業員。彼らは毎週稼げるお金がいくらかわからないそうだ。

つまり、今週何時間働けるのかという予定表が翌週にならないと出ないらしい。こういうスケジュール表って1ヶ月前には出るもんではないでしょうか?

だからいきなり「来週の火曜日は働きに来なくてもいいよ。」なんてことになるらしい。これでは車のローンも組めない。もちろん家のローンなんてもってのほか。だから従業員が来週いくら稼げるか予想がつかないわけだ。ローンの前に普段の生活にも影響する。

しかも契約がゼロ時間労働契約。だから経営者側が「この日は働かなくていい」と言っても通るわけです。これでは経営者という立場を利用して従業員をいじめてるみたいなもんですよ。

そのため従業員は賃金と労働条件の見直しを会社に要求しましたが折り合いが付かず、今日のストライキとなったわけです。このことは昨日の議会でも取り上げられました。

enda 1
昨日。ダンズのストライキの件で質問を受け答えるエンダ。(ネットより)


うちの会社の近くにも大きなダンズがあります。私はダンズが結構好きだし、会社の近くだからしょっちゅう買い物に行きます。

だけどこういう労働状態で従業員を働かせる会社はどうかと思う。彼らに比べたら私の仕事はかなり素敵な仕事だ。いくら給料が少ないとはいえ車のローンは組めるし、10年以上働いているのに有給が年間20日しかもらえないとはいえ(20日は法律で決められた最低限の有給日数)自分の休みたいときに休める。自分がラッキーだと改めて思った。

今朝会社でも同僚たちがこの話をしていました。アイリッシュの同僚たちは今日はダンズに買い物に行かないと言っていました。こんな会社で物を買いたくないというわけです。しかし、同僚のイタリア人GI君がダンズに買い物に行くと言い出した。

「何で行くんだよ!ダンズで物を買うなよ。」

とアイリッシュの同僚S君に言われたGI君。旅行前にダンズでどうしても買わないといけないものがあるらしい。(今日から彼はシンガポールへ3週間旅行)

それを聞いた同僚S君はそれでも行くべきではないと言い張る。そしてGI君がこういった。

「俺、イタリア人だから。何も知らない振りして買い物に行くよ。聞かれても"俺は何も知らない"って言う。」


真剣な顔で言ったGI君にみんな大爆であった。

買い物に行かない客がたくさん出るのを最初からわかっていたのであろう。ダンズは今日オンラインで買い物をするとすべて20%オフにしてくれるらしい。


ダンズで買う、買わないは個人の問題。だから私はそれについて人に買うなとは言いたくない。それにダンズにしかないものもあるんで私もダンズで買う。でも今日はさすがにダンズに買い物に行く気がうせている。それにダンズはアイルランドでは知らない人はいない大きな会社である。そんな会社が従業員を邪険に扱っているのがわかってがっかりした。

とにかく従業員の皆さんの労働条件がこのストライキをきっかけに良くなることを願ってやみません。そして楽しいイースターを過ごしていただきたいと思います。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.