ROAD to the RISING - 6 April 2015

皆さん、イースターはどのようにお過ごしになりましたか?

ちょっと曇ってた日もありましたけど、比較的良いお天気で、昨日は晴天!最高気温15度ほどあり、暑かったんです。まあ日本でいう「暖かい」ってやつですけど。

そんな中、ダブリンのオコンネル・ストリートではイベントがありました。

RISING 1

実はこのイベントがあるのを全く知らず。たまたま土曜日街に出てたんです。オコンネル・ストリートにある本屋さんのEasonへちらりと入ったんです。そしたら店頭にたくさんのイースター蜂起にかかわる書籍やカードなんかがたくさん売られていたんです。

RISING 3
昔の写真で飾られたカード。

RISING 4
ノートブックなどもジェームス・コノリーの写真で飾られていたり。

そこに上の写真のポスターがあったためイベントの存在を知ったのです。

来年はイースター蜂起から100年。記念すべき年です。そのため今年、RTEが昨日のイースターマンデーに企画したようです。

その後たまたまGPOへ行く用事があり、そこで初めてこのイベントのパンフレットを発見。オコンネルストリートとその周辺でこの日だけ展示会があったり、トークショーがあったり、その模様をRTEのラジオで放送するとのことでこれは行かねば!となったわけです。

このイベントで無料のガイドツアーがあると知り、これに参加するために午前11時半少し前にオコンネルストリートに到着。イベントは11時から始まったばかりなのにすでにたくさんの人で賑わっていました。

RISING 12
オコンネル・ブリッジ側の入口。いらっしゃい~。

RISING 8
お子様連れようにメリーゴーランド。

RISING 10
トラムの上では歌も披露。

RISING 9
メリーゴーランドの奥に写っているのはステージ。ここでアイリッシュソングの演奏をやっていました。

RISING 16
イースター蜂起前後の時代の自転車が展示されていました。なるほど。

RISING 6
巨大蓄音機に群がる子供たち。でもここから音楽は聞こえてませんでした。

RISING 7
当時の服装の人も何人かいて、当時の雰囲気を醸し出していました。

RISING 17
彼女たちはカメラマンに写真を撮られていたうえに、名前も聞かれていました。今日のどこかの新聞に載っているのでは?

道には大きな写真つきの展示もされており、当時の様子が解説付きで説明されていました。かなり人が集まり、説明を読んでいましたし、私のように写真を撮る人も何人かいました。

RISING 14

RISING 13

私は11時半からの無料ガイドツアーに参加しようとオコンネルストリートへ時間の少し前に着くように行ったのですが、着いたときにはツアーがちょうど出たところ!11時半少し前だったのに!

ということで後を付いていこうとしたんですが、このグループがあまりに人数が多く、絶対説明が聞こえないと判断。あきらめて次のツアーに行くことに。(ツアーは30分ごとに出ていました。)

ツアーは約1時間。イースター蜂起の足跡を少したどったのですが、私のグループもかなりの人がいました。60人はいたでしょう。やっぱり説明が聞こえづらい。まあ無料だから文句も言えない。ツアーが終わり、午後1時ごろオコンネルストリートに戻ったら。。。

えっらい人!!!!

RISING 19

オコンネルストリートにあるGresham Hotel(グレシャム・ホテル)でも歴史家の人たちなどのトークショーや展示もあったのですが、入るにも並ばないと入れない。しかもホテルに入ったはいいが大量の人!ちょっと気持ちがぐったり。ここを出て次へ行くことに。

Abbey Theatre(アビーシアター)でも劇などをやっていたので行くことにしたのですが、こちらも大行列。Wynn's Hotel(ウィンズ・ホテル)という、アビーストリート沿いにある古いほてるでもグレシャムホテル同様トークショーがあったのですが、こちらも行列!

あきらめた。


結局ガイドツアーをして、オコンネルストリートを少し見て写真とって終わりという無残な結果になってしまいました。

それくらい盛り上がっていたROAD to the RISING - 6 April 2015。

99周年の今年でこれですから、来年の100周年はもっとすごいことになりますね。でも100周年にダブリンにいる価値は大有りです。

もしダブリンにこられるのなら、来年のイースターにぜひどうぞ。ホテルはどえらい高くなると思いますが、100周年にダブリンにいるということは人生にとってなかなかないチャンスだと思います。


それにしても昨日のホテルのイベント、年寄りばっかりで若い人の姿をあんまり見かけなかったなあ~。若い人にはイースター蜂起ってあんまり興味がないのかしら?かえって外国人のほうが興味あるのかも。

ということで。。。

私、明日はイタリア語。そしてその後日本へ一週間ほど帰国いたします。そのため明日以降19日までブログはお休みさせていただきます。20日の月曜日、ブログ再開予定です。よろしくお願いいたします。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

来年のイースター、是非行きたいですね‼︎
安く泊まれるところがあれば良いのだけどね〜

東京にいらっしゃるようでしたら、是非お会いしたいです‼︎
合言葉は、Ciao! Piacere! かしらン?
連絡方法があれば良いのですが〜。

mamma-EIDさんへ

記念すべき大事な年ですので是非いらしてください。

今回東京には行かないんです。時間がないんですよ。一週間しか日本にいないもんですから。それに地元でやることがいくつかあるんですよ。すみません!


Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.