ルーレット付きバス停

二日前の朝、何気にこのバス停でバスを待っていました。

CUD 1
ドラムコンドラ(Northside)にあるバス停です。

バス停には大概広告が張られております。今回はこちらの広告でした。

CUD 4

新製品、キャドバリーのオート・クランチ(Cadbury Oat Crunch)です。デイリーミルクが使われています。う~ん、うまそうやわ。

しかしこのバス停の広告、ただの広告なら普通ですが、そうではありませんでした。よ~く見てくださいね。

CUD 2

実はルーレットが埋め込まれているんです!

ルーレットが出来るのは朝7時から午前11時まで。11時がオート・クランチ・タイムだから。

2分に一度、ルーレットが出来るんです。当たるとオート・クランチが出てくるわけだ。

ルーレット、右側にはタイマーが設置されており、後何分何秒待たないといけないか一目瞭然。2分以上経ち、ルーレットが出来る時はこのタイマーの数字が消えます。

左側には赤いボタンが。タイマーの数字が消えたらこれをポン!と押します。

ルーレットが回る。。。回る。。。回る。。。WINが出た!

CUD 3
出てきた!キャドバリーのオート・クランチ(Cadbury Oat Crunch)

もう一度やりました。同僚にあげるために。WIN!またオート・クランチが出てきました。たぶん誰が何回やっても当たるようになっているのであろう。

会社で早速頂戴いたしました。

CAD 3
中身はこれでした。

これ、うまい。

実はクラッカーでおなじみのリッツ・バージョンもあるんですが、いまいちなんですよ。リッツの塩辛さとチョコレートが私的には合ってないのである。しかしオート・クランチの場合、ビスケットとチョコレートがかなり合っている。お互いがお互いを殺さないような分量である。

これ、絶対買うわ。

しかしまだ買わなくても良いんです。ルーレットが5月の10日までやるらしい。それにしてもすばらしいマーケティングではないか!これなら会社的にはルアスの駅で配る人を雇わなくても済むから経費節約出来るし、消費者側的にはルーレットをやる面白さもある。それになんといっても話題性十分!ツイッターですっかり話題になっているものね。

ということで、ルーレットしたさに(いえ、オート・クランチほしさに)今朝またこのバス停でわざとバスを待つことに。ルーレットのボタンを押した。やっぱりまたWINが出た。

あれ???チョコレート、出てこやへんやんか!!!!

きっとチョコレートが品切れなんだろうと思った私。

しかし!

その数分後、外国人女性がバス停へ。そしてルーレットに挑戦。するとチョコレートが出てくるではないか!!!

な、なんで。。。。???もしかして昨日2回もやったから???

朝からおなかががっかりやわ。

ちなみにルーレット付きのバス停はあまりありません。知っているのはこことリーソンストリート(Leason St)。ダブリン在住の方、もし見つけたらぜひルーレットしてみてくださいね。意外と面白いわよ。


話題を振りまいているキャドバリー社。とはいえ最近クリームエッグの味が変わったり、

CAD 5
デイリーミルクではもう作られてないのでおいしさ半減とAちゃん。(ネットより)

フィンガーズは昔より2本中身が減っているらしく、ちょっと消費者をがっかりさせている。先日も解雇やピンクスナックの生産中止も決まったしね。

CAD 4
本当に減ってるらしい。値段変わらんのに。(ネットより)


というマイナス面を払いのけたいのか、やたらに最近マーケティングや新製品の開発に余念がないキャドバリー社。実は昨日こんなものが発表され、またツイッターで話題になっています。

CAD 1
おお~!!!(ネットより)

CAD 2
あらら~。(ネットより)

デイリーミルクバーで出している7つの味をひとつにまとめたこの商品!しかしこれ、販売されないんです。50しか作ってないらしく、ツイッターでリツリーとしないと当たらないらしい。

しかもこの宣伝が行われているのはキャドバリー・UK。アイルランドじゃないんです。と言うことはだ。いくらリツリーとしたところで当たらんということではないか?わざわざチョコレートをアイルランドへ発送しやんやろうなあ。なんかがっかり。

ともかく、いろいろ奇抜なアイディアでマーケティングを行っているキャドバリー社。次はどんな話題を振りまいてくれるか楽しみです。そして私は今回のように見事それに乗せられるであろう。


それでは皆さん、良い週末を!ダブリンは曇り。天気が下り坂。月曜日は雪と言ううわさも!

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

う〜ん、マーケティングといい、柄といい、当たるところやスカシを食らわすところなんて、なぜか「ウォンカチョコ」に見えてしまった‼︎

mamma-EIDさんへ

言われてみれば!色が紫ってところがよけいですね。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.