近づいてきた!Same sex marriageの国民投票日

現在、ダブリンの街中を歩くと、こういうポスターがたくさん目に入って来ます。とうか、アイルランド中かもしれません。

MARRIAGE 1

MARRIAGE 2

5月22日に同性愛者の結婚について認めるかどうかの国民投票が行われます。(前にも言いましたね)そのため、YES派とNO派がこういったポスターを街に張っているのである。

しかし中には個人的に首を?したものもある。

MARRIAGE 4
これなんですけど。(ネットより)

どうして子供たちはDeserve a mother and a fatherなんだろうと。お父さん&お母さんがいる家庭の子供が必ずしも幸せなのか?と思うのである。とんでもない親たちが一杯いるじゃないですか。虐待する親とか。それでもお父さん&お母さんを持つ価値があるというのであろうか?たとえ一人でも、同性愛者のカップルでもいい。私なら自分を愛してくれる親のほうがいい。私の個人的意見は「すべての子供たちは自分を愛してくれる保護者を持つ価値がある。」である。性別はまったく関係ない。

それに愛し合っているのであれば同性であっても合法に結婚できることに賛成である。結婚するしないは本人たち次第。同性愛者にもそういうチョイスがあってもいいと思う。同じ人間じゃないですか。

というのが私の個人的意見です。反対意見の方もいるでしょうが、私はこのブログで討論する気は一切ございませんので念のため。


YESやNOのサポーターのイベントも開催されていますが、先日NOポスターをはがそうとした若者たちがおり、ネットに写真が出回っていました。警察が注意したみたいですけど。クライストチャーチ近くのトーマス・ストリートでも同じ動きがあったらしいです。

MARRIAGE 5
ダブリン・シティーセンター、Grattan Bridge(グラタン・ブリッジ)にて。(ネットより)


そして今ちょっと問題になっていることがあります。こちらの壁画なんですけれど。

MARRIAGE 3

男性同士が抱き合ってますよね。Yes投票のサポートをしてるんです。ちなみにこの壁画はGeorge's Street, Dublin 2にああります。斜め前にゲイバーで有名なThe Georgeがあります。この建物の一階(グラウンドフロアー)は私がよく週末酔っぱらって行ったRick's Burgerである。

これに物申した人たちがやはり出たのですが、ダブリン・シティー・カウンシルまで許可が下りてないだの、No投票に不公平だのなんだの言ったんです。お蔭でこの壁画を消すと言い出した。

それに反対した人がネット署名を立ち上げ、現在43,600以上の署名を集めています。私は投票権がないので代わりに署名しました。リンクを載せましたが、私は皆さんに一切署名を強制してはおりませんのであしからず。https://www.change.org/p/dublin-city-council-do-not-remove-the-yes-equality-mural

ちなみにこの壁画、Joe Caslin(ジョー・カスリン)という方の作品。アイルランドの主な都市(スコットランドはエジンバラにも)に壁画を描いていらっしゃいます。去年でしたか、トリニティーカレッジの壁に男性の絵が突然現れたのですが、これも彼の作品です。興味のある方はこちらからどうぞ。私は彼の作品がかなり好きです。上の壁画もかなり好きです。インパクトがある。http://joecaslin.com/projects/


現在のところYesの人が78%という結果が出ていますが、まだ一か月近く投票日までにありますからねえ。どうなるでしょうか。とにかく5月22日の投票日に注目したいと思います。アイルランドの歴史が大きく動く日になるかもしれません。


ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.