船が小さいのか?港が小さいのか?巨大クルーズ船現る

昨日午前6時、、ダブリン港にクルーズ船が到着しました。

ただのクルーズ船と違うため、先週から話題になっていました。

何が違うの?

でかいんです。巨大なんです。ダブリン港の歴史始まって以来のでかさだったのだ。

ダブリン港は300メートルまでの船なら問題なく泊まれるのですが(これがリミット)、このクルーズ船はリミットを越える333M。そんな巨大なクルーズ船がダブリン港に来るというんで話題だったわけです。

CRUISE 1(ネットより)

MSC SPLENDIDAと言います。ソフィア・ローレンがバルセロナで命名したそうだ。ちなみに今年3月のチュニジア、バルド国立博物館でテロがありましたが、その時SPLENDIDAの乗客12人が殺されるという悲劇が起きたため、チュニジアはコースからはずされたそうです。

それはともかく。。。写真だけでは巨大さがわかりませんかね?写真左端のアイリッシュフェリーと大きさを比べたら、マンモスなのがわかると思います。

このクルーズ船、現在世界で21番目にでかい船だそうだ。そんな船がダブリンに到着。でかすぎて船長自ら飛行機で前もってダブリンに到着し、港を拝見。どのように船を入れてとめるか考慮し、「これならなんとかなる!」と判断。そして今回の停泊となったそうだ。何とかなる方法とは、バックで船を入れるということでした。そして昨日スムーズに船がダブリン港に入ったそうです。さすがだ~船長!かっこいいなあ~。

CRUISE 3
レプラコーンもお客様をお迎えしたらしい。レプリコーンもでかいとネットでは言われていました。(ネットより)


クルーとお客さん合わせて4600人ほど運んできたこのクルーズ船。こんなコースを旅するそうな。

CRUISE 4 (ネットより)

見てお分かりの通りドイツから。ドイツ人客が80%だそうだ。船は昨日の午後7時にダブリン港を去り、コークはコーブ港へ向かったそうです。きっとコークでも船を人目見ようと盛り上がっているかもしれません。私も人目見たかったのですが、足の爪が偉いことなので断念しました。でなかったら見に行ってたのに~。


現在クルーズ旅行ラッシュが始まったところ。これからどんどんダブリン港に着きます。ちなみに先週金曜日にはこちらが到着していましたが、MSC SPLENDIDAのおかげで影が薄かった。

CRUISE 5
Queen Victoria。294M。せっかく来てたのにね。(ネットより)

ちなみに2016年にはこちらのクルーズ船もダブリン港に停泊することが決定。停泊予定は来年5月26日だそうです。

CRUISE 2
ディズニー好きにはたまらない!Disney Magic. 300M!クルーと乗客合わせて3650人!(ネットより)


今年だけで89のクルーズ船がダブリン港に到着、140,000人の観光客を見込んでいるとのこと。

乗客の皆さんは、大概船から降りてバスに乗せられ観光しますよね?街では自由時間もあるでしょう。何かにお金使うはず=彼らのおかげで経済が潤うと観光業界は期待しています。レストランは何にもおこぼれもらえないでしょうけどね。クルーズ船は食事が付いていくらだから、わざわざレストランで食べないから。それに短時間の滞在が普通。買ってもお土産とコーヒーくらい。でもそれでも一人100ユーロは使ってくれると見込んでいるらしいから、100ユーロx乗客数でしょ?140,000人見込んでるから。。。

えっらいこっちゃ~!



現在クルーズ旅行はアイルランドにとってはでっかいビジネスなのですよ。


昨日Aちゃんが仕事で港周辺に行く用事があるといっていたので、SPLENDIDAの写真をこのブログ用に撮るよう、テキストでお願いしました。2時間半後、返事が返ってきた。

「Nope sorry! Ended up going into town.」

一緒にクルーズ旅行に行った仲。でもいまだにクルーズ旅行(船)に興味があるのは私だけのようです。

ダブリン港に着くクルーズ船のライブスケジュールはこちらから。興味のある方はどうぞ。
http://www.dublinport.ie/information-centre/cruise-liners/


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.