初アフタヌーンティーはグレシャムホテル(The Gresham hotel)で

アフタヌーンティーといえばイギリスですな。

こちらへ来る直前にティーコーディネーターというのを日本で勉強していたこともあり、紅茶には昔から思い入れがあります。若い時はぜひイギリスで紅茶の勉強をしたいと思ったこともあったんですよ。まあU2のおかげでアイルランドへきてしまいましたが。やはり一生に一度はイギリスでアフタヌーンティーをしたいと思ったものです。

あれから何年たっただろうか。。。

イギリスじゃないが、影響をたっぷり受けたアイルランドでもアフタヌーンティーは出来ます。そして初アフタヌーンティーの機会がやってきたのである。日本人の友達Kちゃんもアフタヌーンティーをしたことがないとのことで、二人で行くことに。他のお友達も誘ったのですがみな都合が悪く、結局二人だけですることになりました。

しかしどこで???これが問題。

イギリスと違いアイルランド。ロンドンと違いダブリン。規模が小さいのでやっているところも限られている。選択が少なすぎてかえってどこでやるか決めるのにかなり時間を要した。やっと決めた某ホテル。希望は土曜日(先週)。しかし第一希望は予約で一杯。

第二候補の某ホテルは電話をしてもとらず、メッセージを残しても連絡なく、メールしても無視。こんなところに金は使わん。

第三候補の某ホテルへメールで問い合わせ。しかしここも予約で一杯。2週間前に、しかも週末の予約しようとするのは間違いらしい。予約は1か月前にすることを勧められた。それにしても週末アフタヌーンティー、人気あるな~。

アイルランド、不況とちがったん???

違うらしい。

ということで第四候補はこちらのホテル。

GRESHAM 1
The Gresham Hotel. O'Connell St, Dublin 1。4つ星ホテルです。(ネットより)http://www.gresham-hotels-dublin.com/index.html

じつはここは最初から候補には入ってなかったんです。ホテルのサイトの写真を見る限り、かなりクラッシック(というかベーシック)だったので。それにやるなら5つ星ホテル!と思っていたんですよ。

とはいえグレシャム・ホテルは1817年に建った古いホテル。ダブリンの歴史にも巻き込まれ、1922年のアイルランド内戦で破壊されたこともあります。有名なホテルのひとつ。

昔はビートルズが泊まったり、モハメド・アリ、ブルース・スプリングスティーンやグレース・ケリーも泊まったことがあるザ・有名ホテル。ジェームス・ジョイスのThe Deadにも名前が出てくるほど。しかし最近ダブリンにたくさんホテルができ、これ見よがしモダンホテルの陰にすっぽり隠れた感じ。つまり「ちょっと忘れ去られたホテル」っぽくなってしまっている、ちょっと残念なホテルなのです。

しかしここのアフタヌーンティーの魅力はなんといってもお値段。一人23.50ユーロとお値打ち。他のところはだいたい40ユーロしますから。とりあえず問合せ。やはりここも土曜日は一杯でしたが、運よく日曜なら空いているということで急遽土曜日行く予定を変更、日曜の午後3時のティータイムに予約。

しかし週末はどこも予約が取れなかったのにここは予約が取れた。大丈夫か???とにかくあまり期待せずホテルに到着。

アフタヌーンティーの部屋は入口入ってすぐ右側のWriter's Loungeで。窓側の素敵なテーブルを取ってくれてありました。もうそれだけで結構高得点である。しかもサービスがとても気持ちがいい。

席について、渋滞に捕まってえらい目に会ったKちゃんを待っている間、周りを見渡してみる。ほぼ満席のこのラウンジ。あちらこちらでアフタヌーンティーをいただいている人たちを発見。

意外といけるかも。。。

Kちゃんが来たところで早速オーダー。紅茶は二人ともダージリンをオーダー。ティーパックでは出てきませんでした。そして肝心のアフタヌーンティーは。。。

TEA 2
じゃじゃ~ん!

いいかんじやんか~。グレシャムのサイトの写真のアフタヌーンティーより少しモダンになってる。

それでは一番下のお皿から。サンドイッチのセット。

Open Smoked Salmon on Guinness Bread
Tomato and Mozzarella Brochette
Cucumber and Water Cress
Roast Beef and Horseradish on Brown Soda Bread
Ham and Wholegrain Mustard
Turkey and Cranberry

TEA 5
きゅうりのサンドイッチって嫌いな人おおいんですけど、やっぱりこれがないとアフタヌーンティーって感じがしないと思うわ。一番おいしかったのはギネスブレッド・スモークサーモン乗せ。スモークサーモンが異常にうまかった。

真ん中のお皿。ケーキのセット。

Rich Fruit Cake
Madeira Cake
Lemon Drizzle Cake
Florentine Biscuits
Raisin Scones served with pure Irish Butter, Strawberry Jam and Chantilly Cream

TEA 4
バターでなく、クロテットクリームだったらいうことなかったのですが、お値段がお値段ですから文句は言ってはいけませんね。けっこう甘めのケーキでした。

そして一番上のお皿。

Fruit Tart
Winter Eton Mess
Chocolate Hazelnut Mousse
Plain Scones

TEA 3
フルーツタルトがすっかりやわらかくなってしまっていました。先に食べるべきでした。チョコのムースはけっこう濃かった。


Kちゃんと話しながらゆっくり食べましたが、私は最後にスコーンをひとつ残したもののほぼ完食。Kちゃんはケーキを2枚ほど残していました。意外と量がある。というか、甘いからそんなに一杯食べれないのよ。

午後3時からいたのですが、ウェイターやウェイトレスの人がお皿を下げにこないんです。まったく。ウェイターさんが下げに来た時にはなんと、午後10時5分。

7時間もおったんかい!!!!

出てってくれと注意されてもおかしくなかったのですが、何も言われず。何度も私たちの様子は見てましたよ、でも何も言わないでそ~っとしてくれました。

他のホテルは時間制限があるらしいんですが(2時間とか)、ここは無し。時間をかけてゆっくり食べれました。ここは本当にお客様をゆっくりさせてくれるところです。しかもアフタヌーンティー、思っていたよりおいしかった。これで23.50ユーロは安い。(特に7時間もいたのに)

大満足。また来ます。

アフタヌーンティーをしたいけど、40ユーロもお菓子にお金をかけたくない人、またはゆっくり時間をかけて食べたい人にはもってこいのグレシャムホテルのアフタヌーンティー。お勧めです。

ちなみに写真は食べ物を撮るだけならOKですが、撮る際には絶対に他のお客様を写さないようにお願いしますとホテルの人から言われました。私の場合ブログに載せるといったから余計でしょうが。。。


TEA 1


ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。
堂々としたホテルにうっとりです。
ロンドンの、駅近のウナギの寝床ホテルにしか泊まったことがないので、横に広いホテルを見るのは新鮮です。
ギネスブレッドというのは、ギネスの味がするんでしょうか?
食べて酔ったりしないですよね?(笑)

No title

こんにちは。hjです :-)
アフタヌーンティー好きなのでここ行ってみたいです!
7時間て本当にすごいですね!...w
この前アイルランドの友達とダブリンという東京のパブでキルケニー飲みまくりましてティファニーさん思い出しましたよ。いつかまた行きたいです★

hjさんへ

コメントありがとうございます!

アフタヌーンティー、いいですよね~。ここはあまり気取ってなくていいですよ。予約をしなくても2時から6時の間に入ればオーダーできるようですが、窓際の席で食べたいのならやはり予約し、窓側の席をお願いすることをお勧めします。

ダブリン=ティファニーでしょうか?それとも酒=ティファニーでしょうか???笑!

これからもこのブログを読んでやってください。よろしくお願いします。


Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.