ユーロビジョン・ソングコンテスト2015・予選始まる

今週はアイルランド、行事だらけですよ。

まずはこのお二人。今日から二日間、アイルランドを訪問です。
charles 1 
プリンス・チャールズ&コーンウォール公爵夫人カミラ。(ネットより)

彼らが訪問にあたり、うれしく思わない人たちもまだいて、先週は彼らが訪れる予定の場所の近くで爆弾が発見され、6人逮捕されてました。シンフェイン党党首、ジェリー・アダムスに会う予定になっています。興味深いです。今朝ゴールウェーに到着されたそうですが、小さなプロテスト集団がいたらしい。またこの件は木曜日にでも。

そしてSame Sex Marriage (同性結婚)の国民投票が22日金曜日。Yes派とNo派の差が少し縮まってるんです。それにYesに投票といっておいて、実際に投票場へ行ったらNoに投票するやつが絶対多く出るといわれています。こちらも注目。

これと同時に実はもうひとつの国民投票があります。大統領になれる年齢を21歳からに引き下げるかどうかの国民投票なんです。何で21歳からなのかよくわかりませんが。もしこれが通るとこの人が大統領になるチャンスがあるとネットで出ていました。まあ、そういうことですな。でも大統領にはいくら権限があまりないとはいえ、やっぱり貫禄ある大人がいいなあと個人的には思います。

NIALL 1 1Dのナイル。(ネットより)

そして最後はこちら!また来ましたよ、今年もこの日が!

EUROVISION 1 (ネットより)

またコンチータさんに会えますね。

EUROVISOIN 2 (ネットより)

アイルランド、本当に最近ぜんぜんあかんのです。もうやめてしまえばええのにと私も思いますけどね。でももしアイルランドが出なければ、ユーロビジョン見る価値もない。自分の住んでる国が出るからやっぱり面白いわけで。。。

とはいえ、今年のアイルランドの出場者が決まったことも記事にしませんでした。それくらい私が入れ込んでない今年のユーロビジョン。

しかし!

まずは曲を聞いてください。(リハーサルの映像も見れます)



いかがでしたか?彼女は17歳です。いい声してますよね~。今年の曲はかなり良い!この曲一発で好きになりまた。同僚(アイルランド人)いわく、いい曲だから今年はチャンス(優勝の)があるかもと言っていました。

それにいつもならアップテンポの曲で、お姉ちゃんがちょっと踊りながら歌ったり、かっこいいお兄ちゃんが出たりと曲よりビジュアルって感じでしたけど、今年選ばれた曲はスローテンポ&ピアノ。しかもしっかりした曲。趣が違っていいと思う。

しかし!

言っちゃあ~悪いけど(怒られるかな)、ヨーロッパの人の曲のセンス、いまいちじゃないですか?こういう曲の良さがわかるのってヨーロッパ諸国ではたぶんイギリスとアイルランドぐらいじゃないかと個人的に思います。だからたぶんセミファイナルは余裕で通過するけど、優勝はないと思います。

それに隣国同士が投票するのがオチ。アイルランドは何をしても勝てないと思います。でも今回はオーストラリアが出るからねえ。超たくさんアイリッシュが住んでるから今年はいつもより票がもっと集まる気もする。

ユーロビジョン・セミファイナルは今日と21日。アイルランドはあさっての2番目に歌います。両日午後8時からRTEでの放送です。本番は23日土曜日午後8時からです。絶対にこの日には用事は入れません。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ユーロビジョンですねー。アイルランドの古き良き時代(優勝しまくってた時代)はホントに歌唱力なんかがものを言っていたけど、今はポリティックあり、インパクトの強さありな国が勝ちますもんね。アイルランド代表聞いた時「地味やな、歌った直後に即忘れられそうやあ」という感想でした(汗)。
ヨーロッパ人、ドラマティックな歌が好きなので(去年のブルストさんみたいな)、イタリアあたりが勝つかもしれないと予想しています。

先駆者さんへ

昨日は友達と食事に出たんでセミファイナル1が見れませんでした。後でどんな感じだったかネットで見ます。

そうなんですよね。インパクトが強くないと票が集まらない。。。音楽のセンスがない人からしたらただ退屈なだけの曲ですからね。でも私は今年の曲は去年よりもぜんぜんいいと思っていますし、好きです。最下位にならなければ合格です!

明日のセミファイナル2が楽しみです。

イタリアは去年、結構いい線までいきましたもんね。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.