R.I.P, ビル・オハ-リ- (Bill O'Herlihy)

National Treasure。

エンダがそう呼んだ人、ビル・オハ-リ-。

コーク出身のRTEのスポーツ&サッカーのベテランブロードキャスター。キャスタ-歴49年。いつもサッカーの解説パネルとして出演していたのでアイルランドに住んでいる方は一度はテレビで見たことがあるでしょう。ワールドカップ時には毎回出演していましたし。アイルランドでは知らない人はいないといってもよいでしょう。

BILL 3(RTEウェブサイトより)

そんな彼が今朝自宅でお亡くなりになりました。76歳でした。

昨日彼はマンションハウス(Mansion House. Dawson St、ダブリン市長がお住まいになっています。今年300年です)で行われたIFTA、Film & Drama Awardshttp://ifta.ie/awards/index.htmlに出席していたばかり。

Aちゃんが帰宅するといきなり、「ビルが亡くなった!」と言うんで、「ビル?誰?え???」でした。「サッカーの解説の人でしょうが。」と言われてまさか!あのビルが???


先日のトニー・フェントンといい、今年に入り素晴らしいブロードキャスターさんが立て続けに亡くなりました。しかもビルおトニー同様、国民にとても人気がありましたので、国民は悲しんでおりますし、突然の死にショックを受けています。はっきりした死因はまだわかりませんが、心臓が良くなかったそうなので、心臓発作かもしれません。

去年ブロードキャスターを引退したばかりだったビル。口癖だった"Okie Doke、We'll leave it there so"を二度と生で聞くことはありません。

RIP, Bill O'herlihy (ビル・オハ-リ-)。安らかにお眠りください。




 

今日は急遽ブログアップの予定を変更させていただきました。予告したご紹介したい方は木曜日のブログでご紹介させていただく予定です。ご了承ください。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.