「ローンでした。」ときたか。。。

FIFA、もめてますね。まだまだこれからいろいろ賄賂が暴露されるようですけど。

現在アイルランドで話題になっているFIFAがらみのニュースは、FIFAとFAI(Football Association of Ireland)の件。日本ではニュースにもなってない感じですけど、こちらでは大きなニュースになっている。

何のことか、というと。。。覚えていらっしゃいますでしょうか。

fai 1
Thierry Henry Handball。2009年11月。

その時の映像、お忘れの方のために載せました。どうぞ。



結局この事件でFAIが法的に訴訟ができるのではと言うことでFIFAに掛け合ったらしいんです。その上にこのおっちゃん、そのことについて会見で聞かれてアイルランドを笑いものにしたのも気に食わなかったらしい。

FAi 2
フラッター元会長。

話し合いが行われ、FIFAが5ミリオンユーロをFAI側に渡すことで合意したそうなんです。このことを昨日ですか、ラジオでFAIのチーフ・エグゼクティブの John Delaneyさんがラジオで認めたんです。ちなみにそのお金はちゃんと帳簿に載ってるらしいです。

しかしFIFA側はそれはローンであり、アイルランドがワールドカップ出場が決まれば5ミリオンユーロは返済してもらう約束で渡したと反論。

そんなあほな理由あるかい。

とは私の個人的感想。どう考えても口止め料やんか。とにかくお金を受け取ったFAI。だから黙っていたのか?とにかく受け取ったお金はAVIVAスタジアムの建設費用の一部に使ったりしたらしいですけどね。

もう終わったことですから今更どうのこうの言っても仕方がないけど、FAI側にはあの時お金を受け取らずもっと抗議してほしかったなという気はある。でも裁判にしてもFIFA絡みなら勝てないわよね、きっと。結局和解に持ち込まれて結局裁判料にがっつりお金を使い、和解金もらっても採算が合わないかも知れない。だったら裁判なんてしないでそのままそっくりお金をもらったほうがいいですわね。

裁判といえば。。。裁判でよくもめる「お金」。

「それはローンだった。」と返済を相手方に訴える。訴えられた側は「それはギフトでした。」と言い、返済を拒否。FIFAとFAIの関係とは違うけどなんかローンやと言い出したと聞いて、ついついジャッジ・ジュディーを思い出してしまいました。

FBIが調査に乗り出している現在。いけないことはいけないわけで、その辺ははっきり裁判に持ち込んでびっちり法の下で裁いてほしいですね。ジャッジはジャッジ・ジュディーのような人だったらいいなあと思います。




もっとほかにアップしたいネタがあったんですが、月曜日に持ち越します。他のブロガーさんがすでに書かれているでしょうが、気にしないでおきます。


それでは皆さん良い週末を!月曜日にお会いしましょう。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。
FIFAの収賄問題はこちらでも大きなニュースになっています。日韓Wカップの主審買収で韓国の順位が問題になっていますので。
アイルランドの件も報道されました。出場まであと一歩だったのに!と我がことのように腹が立ちました。金額は5 million dollarsではなく5 million EUR のようです。
欧州のサッカー界では切り込めない問題でしたので、アメリカが国内銀行がマネーロンダリングに利用されている点を持ち出して介入し、問題が白日の下にさらされたのは結果的に良かったのではないかと思います。

Re: No title

そのようですね、日本でもえらいニュースになっているようですね。

アイルランドの件も報道されたのですか。私がニュースを見た時はドルだったんですよ。現在はユーロになってますね。直しておきます。ご指摘ありがとうございます!

叩いたら誇りがどっさり出てきますよ、FIFAは!結局カタールが選ばれたのも賄賂だったみたいですから、開催を取り消す方がいいという意見もあるみたいですけどね。なんでカタールなんや?とやっぱり決まった時みんなは首を傾げたんですもんね。理由がわかりましたよ。あんな暑いところでなんでサッカーの試合?みたいな。

このニュース、当分続きそうですね。

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.