イタリア人、Paolo Tullio (パオロ・トゥリオ)

突然ですが、アイルランドにお住まいの方、この方をご存知でしょうか?日本にお住まいの方には馴染みがないと思いますが。

PAOLO 1(herald.ieより)

Paolo Tullio (パオロ・トゥリオ)氏です。6月5日に65歳という若さでお亡くなりになりました。彼は料理評論家(Food critic)としてアイルランドでは大変有名な方でした。

タイトルにもあるように彼はイタリア人。アイルランドに1968年に来て、英語、芸術そして哲学をトリニティーカレッジで勉強された方です。その後ウィックローでレストランを開き、ミシュランを獲得したシェフでもあります。料理評論家をお仕事にしていたのはうなずけますね。

新聞Irish Independentにレストラン評価を載せていたのですが、そのほかにもテレビにも何度か出演していましたのでアイルランドにお住まいの方の中には名前がわからなくとも顔は覚えている人も多いことでしょう。

他にもうひとつ。この看板。

PAOLO 1

アイルランドの街で見かけたことがあるかと思います。Taste of Irelandというレストラン評価のサイトがあるのですが、このサイトにレストラン評価の記事を書いていました。彼らがお勧めするレストラン(カフェやパブも含む。食べ物を出しているところ)にはこの看板が掲げてありますので、おいしいレストランを探すのに便利なんです。

看板に顔が載るほど有名なパオロ・トゥリオ氏が突然亡くなったと聞いてびっくりしました。最近病気だとニュース等で言ってなかったので。まさに寝耳に水でした。


6月11日、トリニティーカレッジのイグザミネーション・ホールでhumanist serviceが行われ、U2の下マネージャ、ポール氏のほかにもアイルランドの有名シェフもたくさん参加されたそうです。

PAOLO 2(Irishindependent.ieより)


RIP、Paolo Tullio (パオロ・トゥリオ).

もう彼のようなカリスマ性たっぷりの料理評論家はアイルランドには現れないのではと思っています。





ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

驚きました

パオロさん、亡くなったんですね。まだ65歳という若さだったのに…
以前RTEで放送していた有名人二人が一日シェフになり競うという番組にも出演していらっしゃいましたよね。そのとき、この方は他の料理評論家と比べて口調が穏やかで人柄もいいんだろうな、と感じました。
重ね重ね残念です…

Junksさんへ

そうなんですよ。65歳なんてまだまだ若いですよ。

そうですね、彼は口調が穏やかですよね。会ったことがないので何とも言えませんけど、いい人だったんだろうなと私も思いました。残念です。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.