最低賃金じゃなくて、生活賃金

現在のアイルランドの最低賃金が時給8.65ユーロ。

東京の最低賃金が時給888円。

現在の為替レートが1ユーロ約134.35円。と言うことはアイルランドの最低賃金は日本円で約1162.13円と言うことになる。

高いですね。

アイルランドはヨーロッパではルクセンブルグ、ベルギー、オランダ、ドイツの次に高く5位。ちなみにその後はフランス、UKと続きます。(今年1月現在)

世界ランキングでは税引き前だと7番目に高いらしく、税引き後だと4番目に高いことになるらしい。それだけ税金であまりもっていかれてないと言う話だ。最低賃金だと免除部分もありますからね。

UKより高いと思っていたら、UKでは今年3月に最低賃金の値上げの発表があり、6.50ポンドから6.70ポンドになったそうだ。現在の為替ルートで換算すると約9.64ユーロとなり、アイルランドを超えていますし、日本円で1296.58円ですからね。アイルランドより、そして日本よりもかなり高い。ワーホリしにイギリスに行きたがるのもわかる。ワーホリビザになかなか当たらないらしいですけど。ちなみにオーストラリアはもっといいらしい。ワーホリにいく人多いですもんね。わかりますわ。

前にもブログで取り上げたと思うんですが、アイルランドの場合、年齢やポジションによっても最低賃金が違ってきます。念のため。(ネットより抜粋)

Experienced adult worker €8.65 per hour

Over 19 and in 2nd year of first employment €7.79 per hour

Over 18 and in first year of first employment €6.92 per hour

Aged under 18 €6.06 per hour

Minimum Wage for Trainees:

Employee aged over 18, in structured training during working hours

1st one third of course €6.49 an hour

2nd third of course €6.92 an hour

3rd part of course €7.79 an hour


8.65ユーロの最低賃金が50セント上がり、9.15ユーロになります。実施は来年1月1日から。エンダがおとつい発表していました。実施は選挙前なんで、選挙のために値上げ実施なんじゃないかといわれていますが、50セント上がるだけでもうれしいもの。

しかし、アイルランドの物価から計算すると11.50ユーロでないと言われています。つまり11.50が生活賃金(Living Wage)だといわれており、そちらを基準にして賃金設定をしたほうがいいとも言われています。

そんな中、先日IKEAがUKとアイルランドの従業員に生活賃金(Living Wage)を導入することにしたそうだ。

IKEA.jpg
最近こちらでもコマーシャルはイケヤと発音している。(こちらでは大概アイケヤと発音するから)(thegurdian.comより)

アイルランドの従業員は現在最低賃金より高い時給9.77ユーロをもらっているそうであるが、その国の物価、生活水準などを考慮に入れ計算して算出する、生活賃金制度を来年の4月から導入することにしたそうだ。。いくらとははっきりネットでは伝えられていないのでわかりませんが、もちろん9.77ユーロより高くなるということだ。

実際イギリスのIKEAではすでに導入されており、7.85ポンド(約11.29ユーロ)、ロンドンのIKEAは9.15ポンド(約13.15ユーロ)ということだそうだ。

いや~本当、物価がどさっと上がってるんですよ、この国。あれ!?という間に去年から比べたら1ユーロ以上値上げしてる食品なんて結構あるんです。おかげで買わなくなったものもあります。猫飯もぐっと値上がりした。最近はLidlの猫用パテ24セントがメイン。嫌なら出ていけ状態でえさやってますもん。出て行く気配ないらしく毎朝庭で待ってるし、ねずみ(生死かかわりなく)や小鳥を庭へ持ってくるんですけどね。

そういえばうちの会社もLiving Wageらしく、本社がこの国の給料はこれみたいに算出してるとか。その割には何で給料があまり上がってないんやろう。

計算間違ってないか?

まさか、私だけ給料がほとんど上がってないだけ???

ヤヴァイ。

明日からもう少し集中して間違いを少なく出来るよう、努力します。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.