日本語は独学で!?Leaving Cert (リービング・サート)2015結果発表

昨日アイルランドではLeaving Cert (Leaving Certificate Examinations )の成績結果発表がありました。

アイルランドのティーンエージャー(大概18歳が受ける)が一斉に6月に受けたテスト。これが無いと大学にも進めませんし、プライベートカレッジで私のように例えば会計の勉強をするのにもこれを受けてないと受けれないというとても大事なテスト。イギリスも同様に行われています。

もし結果が悪くて納得いかず、行きたい大学に進めなかった場合や落ちた場合は翌年試験をやり直しできます。そういう子たちのための学校もあり、かなり授業料が高いらしいです。

アイルランドのティーンエージャーにとっては人生最大の大試験。

今年は約58,000人の子達が試験を受けたそうだ。大概7科目取るのが普通。ちなみにアイルランド語は必須。それ以外にも外国語を一つ受けます。ポイント制。グレードがポイントにより付けられます。A1が最高グレード。

LC 2
(Wikipediaより抜粋)

今年は数学と物理を受ける生徒が多かったらしいです。私なら絶対に取らないし取れない科目だ。

私は子供がいないんで良くわかりませんが、2年ほど前からどの科目を受けるか決めるらしいです。将来進みたい道がはっきりしている人は生きたい大学と課が絞れる。絞ったらそれにあわせて科目を選ぶわけだ。Aちゃんいわく、当時は将来何になりたいかなんてわからなかったから、とりあえず満遍なく科目を選んだらしい。そういう子が大半じゃないのかしらねえ。私が18歳の時なんて「とりあえず経済学科かねえ~。」くらいしか頭になかったしさあ。ぼさ~っとしてる子だったんですよ。今もですけどねえ。

そんな大試験で毎年すごい結果を出す生徒がいて話題になります。今年はこの人でした。

LC.jpg
(www,irishindependent.ieより)

メーヨ州、Castlebar(キャッスルバー)にお住まいのDavid Glynn (デービッド・グリン)君。なんと彼は、

9 A1

つまり9科目受けてすべてA1、最高グレードを獲得したんです!去年もダブリンで一人そういう人がいましたわ。

彼は語学に日本語を選び、もちろん日本語でもA1獲得!実は日本語の勉強はSelf-taught、つまり独学。会話の練習は手伝ってもらったって言ってたのを聞きましたけど。日本語を選んだのはゲームが好きだからとかも言ってましたわ。

それにしても日本語を独学。そしてA1取るんですよ!天才!!!持って生まれた脳みそがすでに私なんかとは違うわけよ。絶対勉強の仕方がうまいんだろうな~。記憶力もずば抜けてるんだろう。彼はトリニティーで数学を勉強したいと言っていました。余裕で入れます、余裕で。

Aちゃんにリービング・サート当時の話を聞いた。すると、隣の奥さんが自分の娘とAちゃんを一週間毎朝教会に連れて行っていっていたらしい。子供たちだけでなく親も心配&緊張なのよ。しかしAちゃんは、

「代わりに家で勉強させて。」

と思っていたらしい。


とにかく昨日は結果発表で結果が良くも悪くも祝っていたティーンエージャーがたくさんいたことでしょう。とはいえ、これから自分のポイントと大学の指定したポイントと照らし合わせて進路を決めるわけでこれがまた大変らしい。人気がある課だとポイントが高いくて入れなかったり、人気が無い課だと大学側がポイントを下げるので入れたりするらしいし。。。

大学決まっても、親元から離れて通学する子は住むところも探さないといかん。ダブリンは高いし家不足。アイルランドのティーンエージャー、これからもいろんな意味で大変ですわ。

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.