DOGGと名前が付いていても犬じゃ~ありません

昨日はダブリンにある劇場、The Olympia Theaterで行われたこの人のコンサートへ行ってきました。Beeyatch(Bitchのスラング、ビーヤッチと読みます) という単語の生みの親でもあろうと思われるこの方。

Snoop Dogg snoop-dogg.jpg 犬ではありません。

ご存知、アメリカのラッパー(Rapper)でございます!ご存じない方へ。。。Rap界では知らない人はいない超有名人。最近では曲を作ると言うより、MTVのリアリティー番組に出たりして、そっちの方が有名かもしれません(番組は超つまらない)。 Rap好きならこの人の曲を必ず聞いてるはずです。登竜門といっても過言ではありません。(彼の曲はF語がいっぱいよ~)

実は何ヶ月も前からSnoop Doggがダブリンに来るのを知ってましたが、大体アイルランドでRap好きはやばい地域出身の人が多いんです。そのため観客のがらが悪い。それがいやでAちゃんにも聞かず、ほおっておいたのですが、日曜日にAちゃんが突然、

「Snoop Dogg行こうよ。会場が小さいしから絶対いいって~!」

何年か前に来たときには見に行かなかったので今回はやっぱり行っておこうかと。。。しかもチケットが48ユーロ。お手ごろ価格!やばい地域の人たちはあまりいないことを願って。。。二人で行くことにしました。

9時少し前に着くと、DJがRAPの曲を何曲もかけて観客の雰囲気をあおっておりました。これまた昔(といっても2001年くらいから)の名曲をかけてくれたので観客大喜び~私も大喜び~!

観客はあまりやばい地域の人がいませんでした~!年齢層高かったですね。若い子ってのがぜんぜんいませんでした。大体30代半ばって感じの人ばっかり。よかった~。

9時5分過ぎにSnoop Dogg登場!
IMG_1364.jpg サングラスかけてるんですが。。。

IMG_1366.jpg マイクにゴールドがいっぱい付いてます。

IMG_1369.jpg マイクにごーるどですよ~(爆)

昔のヒット曲やら最近のやらたくさん歌ってくれました。舞台には右端と左端の舞台のそでに二人ずつ警備の人が付いている(爆)こんなコンサートは初めて。そして歌と歌の間にはやたらに 「This song is for ladies」と言ってました。男は半分無視ですわ(爆) 1時間15分ほどのステージでした。結構短い。でもコンサートは

AWESOME!!!

じつはSnoop Dogg,ダブリンに来る前にロンドンにいたらしい。新聞によると、ロンドンでのコンサートの後、パーティをとあるナイトクラブで開いたそうな。バンドメンバーや関係者だけでなく、80人のGOOD LOOKING WOMENをも連れてのパーティィー!このパーティーで35000ユーロ分のシャンパンを振舞ったらしい!(本人は飲んでない) きれいなおねえちゃんをはべらかせて、大金を惜しげもなく使い、まさに

Rapper人生送ってます、この人。

コンサートの後、舞台にはお付きの人らしいでかい男が、会場にいる女の子を指差して、「こっちへこい」とやってました。つまり、会場からきれいな女の子だけを選んでパーティーへ連れて行くため!!!男は完全に

無視。(爆)


むかついた男は中指立ててました(爆) それにしてもなんだか彼らしくてAちゃんと爆笑!!!さすがはSnoop Doggだ、と思った瞬間でした。

そしてトイレの横に張っていたこの張り紙。。。ちょっと読んでみてくださいな!!!

Snoop Dogg 2

本当かよ~(爆)

これまたさすがはSnoop Doggだ、と思った瞬間でした。

ポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.