ワインとアイルランド

アイルランドに来たことがある方へご質問です。

物価が高いな~と思いましたか?それとも日本より安いやん~と思いましたか?

15年以上住んで思いますが、年々物価が上がってる。ひどい時なんて数ヶ月で数十セント値上がりしてる時もあります。その中でもタバコの次に高いな~T思うのはお酒。その中でも高いな~といつも思うのが、

Tesco 3
ワイン。(テスコの店頭より)

Bさんが好きなフランスワインがあるんです。ダンズストアーにしか売ってないんですが、これが数年前の安売りでは7ユーロ50。そうこうしているうちに8ユーロになり、数ヶ月前は8ユーロ50。9ユーロになる日も近いであろうと思っていたら今日の値段は9ユーロ!それもセール価格として出していた。おい、何がセールや!と思いましたわ。

そんな中、8月31日にThe Irish Wine Association(IWA)がアイリッシュ・ワインマーケット2014年の報告をしました。

アイルランドはワインにかかる税金がヨーロッパで一番高いそうだ。

だからこの国はワインが異常に高いのか!


2012年から比べると62%もワインにかかる税金が高くなっているそうだ。

そのおかげで値段にも反映して売り上げも落ちているそうだ。お蔭でワインを扱う小さいお店は経営難だそうだ。そのため2016年度の国家予算ではワインにかかる税金をかげないように政府に訴えたいとのこと。実は2014年から今年にかけて税金は上がってないんです。でもまた上げる可能性が無きにしも非ずですからねえ。

最近では8ユーロのワインなんて見つけるのが大変。9ユーロから10ユーロなら一杯ある。もちろんもっと高いのもありますよ。5ユーロくらいで売っているのもたま~に見かけますけど、味の保障は無いかもです。昔そういうのを買って失敗しましたから。

イタリア人の友達ANさんいわく、LidlやAldiで買えるワインはお値打ちなのがあるんですが、いい味のものを求めると最低でも10ユーロは出さないとだめだとのこと。たしかに8ユーロほどのを買ったけど、味がいまいちやったわ。


レストランやワインバーに行くとワインが高いのがよ~くわかる。グラスで出している種類が少なくなった気がするし。昔は1グラスで5ユーロちょっとで飲めていたのに最近はそんな値段で出しているところはたぶん少ないであろう。最近見る値段は安いので約6ユーロ50ほど。種類によっては8ユーロはしますもん。だったらボトル買った方がお値打ちやんという気になる。まあレストランで一人で1本飲むのは私の場合つらいけど。

一時イタリア人の友達G君がワインの輸入をやろうとしていたのでうちの会社の不倫セールスディレクターに話したら「やめとけ。」と言う返答が帰ってきた。税金が高いから。それに輸入した後倉庫に保管しますよね。そのそ倉庫代も馬鹿にならないから、結局そんなに儲からないらしい。この話は5年くらい前の話。今なんてもっと儲からないということですよ。そういえば2年位前にたまたまあった60代のアイリッシュのおっちゃんが、ワインを生産販売してたけど儲からなくって辞めたっていってましたわ。

ま~とにかくワインに限らず一般に酒が高いわ、アイルランドは。

余談ですが、報告書によるとアイルランド人は赤より白を好んで飲むし、チリワインが一番売れているそうだ。私はいつもイタリアかフランスを買います。いいのがなければチリへ走るパターンがほとんどだ。フランスは特に当たり外れがあるけど、チリは当たりはずれが少ない。だから一番売れてる!?とは私の勝手予想です。
詳しいことはこちらの報告書をご覧ください。http://www.abfi.ie/Sectors/ABFI/ABFI.nsf/vPagesWine/Home/$File/IWA+Report+2014.pdf


「高いのわかっとるんやったら飲むなよ!買うなよ!」と思っているそこのあなた。言いたいことはわかる。でもこちらでは(と言うか私の周りでは)知り合いの家に夕食をおよばれにいく場合や夜に遊びにお邪魔する場合にはやっぱりボトル一本を持っていくのが常識。手ぶらでなんてとんでもない話。レストランへ行ったらやっぱりワイン飲みながらゆっくり食事したいから一杯は最低でも頼むしね。避けられないことも多いのよ。(言い訳か!?)

ワインがもう少し安くなってくれたら。。。いえ、お酒自体がもう少し安くなってくれたらなあと思いますが、この国はアル中も多いし、14歳くらいから飲むやつもたくさんいるから政府としては税金高く取ってそれを少しでも防ぎたいってのもあるのかもしれないですけどね。まあ16年度国家予算でどうなるか。。。というところです。

それでは今日はこの辺で。来週月曜日お会いしましょう!ちなみに今日はダブリン・カルチャーナイトの日なので、そのご報告を来週する予定でいますhttp://www.culturenight.ie/。それでは皆さん良い週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

そちらのAldiにどんなワインが置いてあるのか分かりませんが、「最低10ユーロ」というのには驚きました。ここドイツはAldiワインに5ユーロも出せませんし、あまり置いてありません。相場は3.5ユーロくらいだと思います。ワインを生産しているからもちろん安いのだと思いますが。ところで、アイルランドでドイツワインはどんな位置づけですか?もし機会があれば白を飲んでみてください。おいしいですよ。(できれば南西ドイツ産のものを!)

直美さんへ

税金の関係でしょうね。それに生産もしてませんからねえ。

Aldiには行かないのでわかりませんけど、Lidlでも3.5ユーロで買えるワインは無いです。それって小瓶の値段ですよ(笑)。Lidlでも5ユーロちょっとするものが一番安いものですね、私の知る限り。

ドイツワインを売っているのをスーパーではほとんど見かけませんねえ。なぜでしょうか。先日たまたま生徒がドイツの白ワインをBさん宅に持ってきてたのでみんなで飲みましたが、私はドイツの白ワインってちょっと甘い感じがして個人的には好きじゃないんですよ。Bさんは悪くないと言ってみえました。

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.