微妙だった?日本滞在 2015・秋-前編

皆様、ご無沙汰しておりました。お元気でしたでしょうか?

日本へ2週間帰国しました。そして今日から仕事。アイルランドは寒いですわ。今日も昨日も雨ですしね。風もきついから荒れてる。仕事始めの日にこれだと本当に気落ちします。

さて、日本ですが。。。暑かった。

私にとっては暑かった。毎日23度から25度ほどありましたからね。アイルランドじゃこの気温は真夏。こちらの気候にすっかり慣れた体の私にとってはこの気温が暑くて仕方がありませんでした。

家族はカーディガンなど長袖のものを着ているのに、私一人半袖姿。兄嫁Uさんから「寒くないの?」と言われる始末。「8月に日本に帰ってきたらティファニーは死ぬ。」と友達。まんざら嘘ではないかもしれない。

2週間、雨が一日も降らず。お蔭で日焼けしました。日・焼・け。10月で日焼けですわ。

血液検査をこちらでここ数年、年に2、3回やっているのですが、去年からビタミンD不足と言われているんです。

「ビタミンD不足」

アイルランドは日照不足の国。そのためアイルランド人に多いんですよ。

ビタミンD不足=アイルランド人

と言えなくもない。しかし日本人である私がビタミンD不足!?思考や言動意外に血液までアイルランド人に染まりつつあるという事実に笑ってしまいました。お蔭でサプリメントを飲むように言われている。そんな私が日本で日焼け。日本の天候のお蔭でビタミンD不足を(一時的に)解消したのではないでしょうか。ありがたや、日本!

今回の帰国で初めてフィンエアー(Finnair,フィンランド空港)にお世話になりました。ヘルシンキ経由で。今日はそのことについてちょっと書かせていただきます。

FINNAIR.jpg

もう何年もルフトハンザ(フランクフルト経由)にお世話になっていたんです。しかし今回友達がフィンエアーのほうが乗り継ぎが良いというので選んだのです。しかもルフトハンザは朝超早い便でダブリンを発たないといけないのですが、こちらは朝10時ちょっと前。とても楽である。値段はさほど違いはありませんでした。少しフィンエアーのほうがお値打ち程度。飛行時間も少し短いだけ。

ルフトハンザはやはりドイツ。何年もお世話になっていますが、遅れることはほとんどなし。予定より早く到着することもざら。さすがであった。

しかしフィンエアー。。。超遅れ。ダブリン発が1時間ほどの遅れ。ヘルシンキに到着したのはいいけど、ゲートに到着しないので、いったん降りてバスで移動してゲート到着だったんですが、そのバスが来ない。なかなか来ない。その後日本行の便も30分ほど遅れた。慌てる様子もなし。

何かいきなり微妙やなあ、このエアライン。。。

ダブリン-ヘルシンキで飲み物、食べ物が有料だと言っていた。しかしヘルシンキ-ダブリンではコーヒーと紅茶、ブルーベリージュースは無料だったのです。私の英語の聞き取りに問題があったのであろうか?この日フィンランドでサッカーの試合のため、北アイルランド人がどっさり乗っていましたが、隣に座った来たアイルランド人のおっちゃんも何も飲んでなかったし、周りの人も飲んでいなかったので、ひょっとしたらエアーホステスさんが言い忘れた可能性もありだ。

ヘルシンキ-日本でも飲み物は同様。お蔭でルフトハンザで無料でいただくウォッカとコーク割りが飲めませんでした。値段的にはダブリンで飲むのと変わらなくなりますからね。そしてスナックは一切出ず。有料だと言われましたが、日本-ヘルシンキではアイスクリームが出ました。ルフトハンザはいつもおにぎりかケーキでしたが。とにかくスナックが食べたい人は購入可能です。

出されたミールにも違いがあった。ルフトハンザはサラダやフルーツ、ケーキが夕食に出て来るんですがフィンエアーでは一切なし。その分品数が少ないということだ。だから少しお値打ち?日本-ヘルシンキでは焼きおにぎりが出てきました。最後に日本を味わえてうれしかったです。ヘルシンキ-日本ではラム・ミートボールが出てきました。なかなか美味かったですよ。

フランクフルトの空港は大きいので乗り継ぎにちと時間がかかる場合があるんです。それに人も多いので、セキュリティーチェックが異常に混んでいることもある。乗り継ぎの時間があまりない人はFast laneに行けますけど、そこを通れる便は決められているのでそれ以外の人はみんなと同様、並ばないといけないんですよ。でもこれが時間がかかることがあってハラハラするときがありました。

しかしヘルシンキの空港はかなり小さいので乗り継ぎに時間を取られない。セキュリティー検査も人が並んではいますが、さっさとやっていましたのでかなり良かったです。乗り継ぎに約35分ほどだとうたっていましたが、15分ほどで完了しました。

今回このセキュリティーでちょっとしたことがありました。

セキュリティーのお兄さんが英語で私の前にいた日本人男性にiPadやLaptopがカバンの中に入っているか、入っていたら出してくださいと言っていたのです。しかし日本人男性が英語がわからなかったらしく、Yesと言ったり、NOと言ったりしていたので、お兄さん困り顔に。私は乗り継ぎまでの時間があまりなかったので、急いでいたため、日本語で彼に説明したのです。するとセキュリティーのお兄さんが私にThank youといった上に、Have a nice tripとまで言ってくれてかなり好感度高かったです。フランクフルトでも同じことがあったけど、セキュリティーのおっちゃんが英語で文句いってただけだったもんなあ。

フィンランド人ってのんびりしてる。だからフィンエアーものんびりエアライン???だけど、感じは良かったです。それにしても空港で売っていた小さいサーモンのサンドイッチ、10ユーロしてた。さすがスカンジナビア。高いわ~。ぼったくりダブリンがお値打ちな街に思えたもんね。

フィンエアー、ちょっと微妙なこともありましたが、乗り継ぎ楽だし、これからはお世話になろうかなと思っています。お気づきでしょうがタイトルと今日のネタ内容がちょっと違っていますが、明日は本心に迫ります。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

MMです。(^^;

ティファニ~さん日本に戻ってきてたんですねっ。
2週間はアッと言う間でしたか???
病院の先生の記事を読んで、私も同じような経験があるのでイララしてしまいました。私も涙が出てきましたもん。悲しくて悔しくて。
診察にきた人に「何しに来た」て、ひどすぎですよね。(i~i

こちらの記事のコメントを...(^^;
"ぼったくりダブリンがお値打ち"に目が留まってしまいました。
ダブリンは高いのですか???

ダブリンかロンドンに行く予定なので...www
エア~のお話も参考にさせて頂きます。^^

また色々聞いてしまいそうですが、大丈夫でしょうか。

MMさんへ

2週間アッと言う間もいいところでした。忙しかったんですよ。2週間じゃあ足らないんです。でも休みが無いので3週間帰国は無理なんで仕方がないんですが。。。

私と同じような経験があるのですか。泣きたくなくても涙がでてきますよね。
失礼な医師はやっぱり存在しますね。まああたりまえでしょうか!?そしてそれは日本だけでなくこちらも同様ですから。

ただ、言葉って本当に難しいじゃないですか。人を喜ばせることも出来るし、悲しませることも出来る。だから言う前に言葉を選んで話すと言うのは医師に限らず誰にでも必要なことだと私は思います。その言葉で人間レベルがわかるし、下品さもわかる。やっぱり心遣いはどこにすんでいても、どんな職業でも必要だと改めて思います。

ダブリンは高いですよ、物価が。ロンドンも似てると思いますよ。

またわからないことがあればどうぞコメント欄に書いてください。かまいませんよ。わかる範囲内でですがお答えいたします!

No title

むか~し、フィンランドに行ったとき一度だけのったことがありますが、結構よかったイメージがあります。
私は先日北欧より戻り久しぶりのアエロフロートでしたが、あれよりはかなりましかと思います。
それにしても、アイパッドやコンピュータを出すくらいは飛行機乗って外国行くからには理解聞き取れるようにしておいてほしいなんていっちゃだめかしら・・・?ご苦労さまでした

こえださんへ

なるほど!フィンエアー、悪くないです。また利用する予定です。一度ちゃんとフィンランドを観光してみたいです。高いけど!

やっぱりいきなり英語で聞かれて焦ったのかもですよ。どこかのサラリーマンで出張ですって感じでしたけど、初めての海外出張かもしれませんしね。訳してくれて助かりましたの一言あっても良かったかなと思いますけどね。「誰も訳してくれなんて頼んでない!」とかえって思われたかも。。。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.