嵐が去って、クリスマスが到着

昨日、ストーム・アビゲイルが来ました。アイルランドとイギリスを駆け抜けました。

DUB 2
ダブリン、ドックランドの昨日の様子。(www.irishtimes.comより)

雨同様、風もかなり強かったんです。 120km/h.あったとか。アイリッシュの友達Cちゃんはお姉さんが住むマンチェスターに遊びに行っていて、昨日が帰国日だったんです。しかしダブリン空港が強風のため飛行機を着陸させられないため、ベルファストに迂回、着陸すると言われていたそうな。しかしマンチェスターを発つ寸前でダブリン空港着陸許可が出たらしく、めでたくダブリンへ到着。

彼女はラッキーだったんです。昨日はかなりたくさんの飛行機がベルファストに迂回させられたらしいですから。エアポートのレーダーでは飛行機がダブリン上空で何機も旋回してる映像が出ていたらしいです。キャンセルになった便も多かったそうですし。


そんな嵐で天候が悪い中、ダブリンのショッピング街ではクリスマスのライトアップが昨日から始まりました。今年初のクリスマスライトアップはダブリン北にあるショッピング通り、ヘンリーストリートで行われました。

DUB 3
たくさんの人が訪れたようですなあ。(www.herald.ieより)

Zena Donnelly (ゼーナ・ドナリー)ちゃんが来てたそうな。彼女は9歳の時にホイットニー・ヒューストンの横で歌ったことがあるそうです。ダブリン・ブラックロックの出身のアイルランド人の13歳。今度映画にも出てるそうな。A Christmas Starという映画だそうで。



映画のトレーラーはこちらから。



他にもThe High Kingsと言うバンドも演奏したそうな。って、誰?と思いましたが、これを見て「ああ~。」でした。



私が通りかかった時はもうイベントがすっかり終わった後でしたが、通りにはえらく人がいました。いや~クリスマスが本当に近づいてるわ。そのうちこの通りにも毎年恒例のクリスマス・ストールが並びますねえ。「Two for fiver!」というお店の人の声がもうすぐ聞けますよ。

今週日曜日はグラフトンストリートのクリスマスライトアップ。スミスフィールドは26日。29日はオコンネルストリートと立て続けにライトアップします。詳しくはこちらからどうぞ。http://www.dublinatchristmas.ie/whats-on/

クリスマスマーケットは???

とお思いのあなた。去年はセントスティーブンスグリーンの公演の周りで行われていました。その模様は去年このブログでもお伝えしましたね。ダブリン初クリスマス・マーケットだったんですよ。ちゃっちかったといえばちゃっちかった。

では今年は?

ここではやりません。現在ルアス路線延長工事をこのあたりはバンバンやってるんで無理。今年は北、カスタム・ハウスを通り越したすぐにある、chqの建物の横あたり(Custom House Quarter)で、今月26日から12月23日まで行われます。

chq 1
きれいなビルディングだけど、あまり人が入ってないのよね。
chq 3
お店が入ってるんですが、人があまり入っていないのよね。だから閉まってしまったお店も多い。

chq 2
たぶんここでマーケットをやるんだと思います。

オコン寝るストリートにもお店があったほうがいいなんていう意見があって、閉店しちゃったクレリースの建物の中にお店を入れたらどうだと言う案が出てましたが、どうなったんでしょうか。何のニュースも無いんでやらないってことかしら。やったらいいのに。


とまあダブリンもクリスマス一色に染まりつつあります。これから人も多くなるから街が渋滞!会社帰りが困るのよ。。。

ともあれ、ダブリン初体験の方で今年のクリスマスはこちらで過ごす方、いろんなイベントがやってますから是非参加してみてくださいね。楽しいと思います、それなりに。。。!!!ダブリン・クリスマスマーケットの情報はこちらから。http://www.ibelieveinchristmas.ie/i-believe

それでは皆さん、良い週末を!来週月曜日お会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

High Kings

昨日、パリは大変でしたね。
アイルランドは、空爆に参加していないので、
とりあえずは大丈夫なんでしょうけれど
世の中が良い方向に向かっているとは思えないですね。

こんな時になんですが、と言う話。
ハイキングスをその辺で見られるなんて、羨ましいですね。
女性のフィドラーが(お名前は存じませんが)かっこいいですね。
ケルテイックウーマンのネスビットさんや、コアーズの
お姉さんに負けないくらいだと思います。
音楽性やスキルの専門的なことは、分かりませんが。
トラディショナルは好きです。
ロック、ポップス、クラシックも嫌いではありませんが。

先日教えて頂いた、英文の書籍は私の英語力では
ちょっと無理なので諦めましたが、せっかくの機会なので
ちょっと探してディ・ルイス氏の対訳の古書を見つけて
入手しました。きっかけを作って頂き有難うございました。

ついでですが、9月の旅行は特に「文学の」というものでもなく
今まで一度も行ってなかった南東部を訪ねたついでということです。
でも、この映画が契機になってトービンさんの別の作品が
翻訳されたりすると嬉しいですね。

では、寒さに向かって、お元気でお過ごしください。
ボスニアとの次戦、0-0でいい訳ですが、気が揉めますね。
またいつか、コメントさせて下さい。

Re: KKioさんへ

> コメントありがとうございます!
>
> 日本人の方はトラディショナルミュージックが好きな人が多いですね。エンヤ系なんて特にじゃないでしょうか?私はだめなんですよ。。。好きになれないんです。飽きるんですよ、3曲目くらいから。
>
> コア―ズですが、復活しました!来年1月にツアーに出ます。ギターのお兄ちゃんジムがちょっとやばかったんですが、今じゃ写真に兄弟4人でニコニコで写ってます。
>
> アイルランド人は文才ありますよ。だからこんなに小さい国でもたくさんの文才を輩出しているのだと思います。アイルランド人がばかと言い切る日本人に何人も会いましたけど、そういう人に限って実はあまりアイルランド人と交流がない人で、知らないんだと私は思います。または日本人は頭がいいと信じ込んでる人か。。。どこの国にもバカはいますよね。
>
> アイルランド人の友達からのテキストが長いことが多いんですが、それにうまいことジョークで切り返したりして、ユーモアのセンスも抜群ですよ。
>
> 日本のサッカーも。。。勝たないと意味がないですよね、やっぱり。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.