A sort of homecoming -U2アイルランドツアー始まる!-その1

いや~、とうとうこの日が来てしまいましたよ~。

u2 4
(musicscene.ieより)

先週の水曜と木曜日はベルファストで行われたU2コンサート。ベルファストでコンサートを開いたのがなんと1997年以来!そんなに長い間コンサートを開いてなかったのね。。。

U2 5
(www.giggingni.comより)

アイリッシュの友達Cちゃん。ダブリンでのコンサートのチケットが取れず、ベルファストのに行くことにしたんです。

先週の水曜日。

私はポール・ウェラーでしたが、彼女はU2。ポール・ウェラーを見ている間にWhatsappにメッセージやら写真やら載せてたんですよ。Pics、please!とお願いしてあったからなんですがね。そしたら。。。

U2 4
おお!

結構近いとこにいるんやん、Cちゃん!

U2 5
あれ!

U2 3
うひょ!

カメラのズームを使って撮ってはいますが、こんなに大きく、綺麗に取れてるのはやはりステージ近くにいたからだ。Cちゃんに確認したらやっぱりそうでした。会場が狭いのでものすごくよく見えたし、

Intimate.


しまった!こんなことならベルファストのコンサートのチケットも買うべきだったと大後悔。とにかくベルファストのコンサートはとても良かったとCちゃん。そして翌日のタブロイド紙、Irish Daily Starには。。。

U2 7
キングたちのお帰りか。

U2 8
でしょうよ。

そして昨日はダブリン。火曜日、金曜日と土曜日はダブリン、3Arenaで。12月6日と7日はパリ。テロでキャンセルになったため、スケジュールの組み直しになりました。パリにいるファンも大喜びでしょう。

そして私。

金曜日に行きます。昨日月曜日はAちゃんが行きましたし、同僚のブラジル人Pちゃんが旦那と行っていました。Pちゃんなんて昨日の午後1時半早退。このコンサートのために美容院へ行くからだとか。コンサートが6時半からと思い込んで早く会場に行ったらしいが、実際はドアが開くのが6時半。コンサートに行きなれている人ならわかることなんですけどねえ。おかげで雨の中2時間外で待ったらしい。しかもピンヒール履いて。

最近入った同僚のアイリッシュ男子S君は友達の会社から無料のチケットもらったらしく、昨日行っていたのはいいんですが、コンサート終了後も飲み続け、帰宅午前2時半。今朝2時間半も会社に遅れてきた。社長怒ってると思う。

実は私、月曜日の座席のチケットが買えたんですよ。でも191ユーロ!手数料やらなんやら取られると198ユーロ。カードで買えるけど、余りにも高い。高いので友達を数人誘うも誰も行かず。Aちゃんは違うお友達と行くから会場では一人ではないけど、一人で座って見なあかん。席が良いわけではない。ステージの端から見ると言う感じ。でも見たいしなあ。散々迷った挙句、結局買うのをやめたんです。でも、

チケット買えばよかった!!!!


無理して買えばよかった。やっぱり初日は行くべきだよな。いつも行ってるのに。ケチった私が行けなかったのよ。何がファンや!とファンに怒られるようなことしたわ。超大後悔。大馬鹿もいいところ。もう罵声浴びせられても何も言い返せんわ。

とにかくだ。現在3Arenaは昔The Point Theatreと言われていたんです。地元民はThe Pointと呼んでいました。私がここに来た時もまだThe Pointでした。ここで彼らがコンサートを行ったのが1989年の12月31日。そのコンサートがものすごく良かったと言われています。昨日アダムがこの曜日が入ったTシャツを着ていたそうだ。(今回のツアーでアダムはコンサートごとに違うTシャツ着てる。Tシャツの絵柄に意味があったりするので注目されている)それは彼らがその日から昨日までここでは一度もコンサートを開いていないからだ。最近は野外だったのよね。


とにかくだ。コンサートに行ったAちゃんの感想はAmazingではなかったとのことだ。そしてホームカミングなのにそんな感じがしなかったという。モット昔の歌も歌ってほしかったという。そして会場もそんな雰囲気じゃなかったらしい。そして一言最後に付け加えていた。

「ボノの髪型何とかしてほしい。あれじゃホビット(Hobbit)の鬘被ってるみたいだから。」

同僚D君にまで昨日の朝、ボノの髪型を何とかしろと言われたところであるが私にはどうすることもできない。


何はともあれ取りあえず初日が終わったU2のDublinコンサート。今日の新聞の一面いっときましょう。

U2 6
この新聞がちゃんと大きく写真を載せてました。でも同じ写真やん。あれ?この2社、同じ系列会社やったっけ?


ボノが昨日コンサート中にこんなことを言っていたそうだ。(U2gigsのツイッターより抜粋)

"We've travelled the world for 9 months trying to explain what the north side of Dublin is, but we don't have to do that tonight!"

うん、説明はいらん。


前回のコンサートから6年経ってしまっていた。6年ぶりのダブリンでのコンサート。そんな彼らを金曜日見てきます。私は背が低いのでスタンディングだとU2がまったく見れないと同僚Pちゃんが先ほど忠告されましたが、それでもいいんです。雰囲気は絶対スタンディングの方がいいから。人に押しつぶされながら見てきます。


それでは今日はこのビデオでお別れです。木曜日にU2ネタでまたお会いしましょう。載せたビデオも今日のタイトルもベタでしたね。すみません。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.