R.I.P, David Bowie (デビッド・ボウイ)

虫の知らせだったのでしょうか。。。

昨日、Bさん宅での夕食の席での会話。

Bさん:「私小さい時、エルビス・プレスリーが大好きだったのよ。部屋にものすごく(値段が)高いポスターを貼っていたのよ。高すぎて誰にも値段は言えなかったわ。」

ティ:「そういえばエルビスとデビッド・ボウイって同じ誕生日なんだよ。1月8日生まれ。」

Bさん:「へ~知らなかったわ。そういえばデビッド・ボウイ、最近出てこないわね。どうしてるのかしら?」

ティ:「最近新しいアルバム出したよ。」



そして今朝。。。

朝見事にバスに乗り遅れた私。仕方がないので少しの間いつも見ている朝のニュース、GMB(Good Morning Britain)をそのまま見ていたんです。するといきなり緊急でニュースが入り、デビッド・ボウイが昨夜癌のため69歳で亡くなったというテロップが。18ヶ月癌と戦ったそうです。そしてロスにいる芸能リポーターがその件について話し出したのである。

あのデビッド・ボウイが!?

昨日話してたばかりだったのに。。。


DAVID 2
(www.uncut.co.ukより)

DAVID 3
(www.bjournal.coより)

もしバスに乗り遅れていなければこのニュースを知るのがもう少し遅かったでしょう。ちょうど家を出る時間に起きてきたAちゃんに話すと、寝ぼけていてボウイ?は?誰?でしたが、やっと話を把握。ショックを受けていました。


前にブログに書きましたけど、私が始めて買った洋楽のアルバムはLet's Dance。腐るほど聴いた。

DAVID 2
(www.youtube.comより)

前に書いたことと重なりますけど、当時大ファンで彼と結婚したいと思っていたんです。タイプでした。友達に結婚の確立を占ってもらったなあ。恐ろしい結果になってたな、そういえば。写真集や切抜きを一杯持ってたし。映画「戦場のメリークリスマス」を何度見たことか。。。

そしてやっぱり一番の思い出がコンサート。2003年の11月に来たんですよね。リアリティーツアーで。23日と25日にThe point(今の3 Arena)やったということがネットに載っていましたが、どっちにいったのかな。25日だったような気がする。チケットがあっというまに完売してたのは覚えてる。Bさんと日本人の男友達Sくんと3人で行ったのよ。それにしてもよくチケット取れたわ。http://www.setlist.fm/search?page=9&query=David+bowie+Reality+tour

この時のコンサートが3時間に及び、ヒット曲や新しい曲や満載ですばらしかったんです。たぶん昔大好きだったという思い入れもあったのであろう。この時のコンサートが私の人生の中で一番良かったコンサート。これを抜くコンサートはいまだかつてありません。知らない若い男と踊りまくったな~コンサート会場で。Bさん心配してくれてる横でS君笑ってたな。懐かしい。

やはり彼は歌もうまければ、才能もある。BBCで前に彼の特集をやってたんですが、作曲する時に普通は例えばある音にいくけど、ぜんぜん違う音にいき、曲を作ってしまうらしい。だからちょっと感じが変わった曲が多いのでしょう。天才やな、と思いました。

長く音楽活動してても、あんまり名曲って持ってない人多いけど、彼にはたくさんある。それに彼はアーティストでもあった。小さい頃からやっぱり才能があって飛びぬけてたらしいですしね。そして常に変わる人でもありました。

変わることを恐れない。そしてその彼の変化にみんなが吸い寄せられてたと思う。目を離せないアーティストであったと思う。だから今でも世界中に熱心なファンがいるんだと思う。こちらの記事は興味深いです。興味のある方はどうぞ。http://www.thejournal.ie/david-bowie-2536881-Jan2016/

そして最後のアルバムBlackstarのLazarusという曲の歌詞の最初が"Look up here. I'm in heaven"なため、ネットで話題になっていました。もしかしてもうわかっていたのかもしれませんね。




現在、前の奥さん、アンジー・ボウイがイギリスの番組Big Brothersに出てるんですけど(1つの家で大勢の芸能人が生活を共にする)、現在(11日お昼1時前)まだボウイの死を告げられていないそうです。何故なのかしら。そういうことは早く教えるべきだと思うけど。
DAVID 1
(www.metro.co.ukより)

私が一番大好きなStarmanでお別れです。R.I.P,デビッド・ボウイ。彼のようなアーティストは私が生きている間、二度と現れることはないでしょう。




ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.