Umi Falafelへ行って健康気分に浸る

今日は本来ブログお休みの日ですが、イタリア語がありませんのでアップします!
それでは久々食べ物ネタに行きましょう。

去年の2月の話ですが。。。話が古くてすみません。

郊外に住む日本人のお友達と飲むだけということでダブリンの街で会いました。私の仕事のせいで待ち合わせ時間にかなり遅れてしまい、そのおかげで彼女はあまり本数がないバスを遅らせなければならなくなったんです。

私のせいで夜ご飯を食べることになる始末。彼女は食べる予定がなかったので、私が街に出る前にすでにケーキを食べてたのです。本当に悪かったです。

ということでここへ二人で行きました。ここならごはんがそう重くはないので。ダブリンにお住いの人には知られたお店です。もうほかのブロガーさんたちがこぞってアップした後でしょうが、気にせずにアップします。

umi 1
Umi Falafel。13 Dame St, Dublin 2。http://umifalafel.ie/

ダブリン南、デーム・ストリートにあります。ファラフェルのお店。サラダもありますよ。現在、こちらの若者に人気なんですよ。いつも人でいっぱい。去年は2号店をラスマインズにオープンしましたしね。儲かってるな!

この日も店内は人で賑わっていました。店内はこういう感じです。写真は私が去年のとある土曜日のお昼、開店とほぼ同時にお店に入った時に撮影したものです。(だから人がいないんです)

umi 2

umi 4

かなりカジュアルですよ。ファラフェルを出しているお店もちょこちょこある最近のダブリン。ファラフェル、美味しいですよね。

この日お友達がオーダーしたのはこちら。

umi 7
Falafel Salad。キャベツ一杯!5ユーロ50セント。なかなかのボリューム!

私はこちら。

umi 8
Moroccan Quinoa Salad。5ユーロ50セント。

お友達はやはり先に食べたケーキがお腹の中を占めていたようで、残った分をお持ち帰りにしていました。レストランで食べきれなかった場合、お店の人に言えばちゃんと入れ物に詰めてテークアウェーのようにしてくれるので、恥ずかしがらずにお願いするといいですよ。私の場合、大概全部食べるのでまずありませんが!

とにかく、私のキヌアサラダ、っちゃ美味い!

結構量があるんですよ、こう見えても。でもペロッと完食してしまいました。ね?言ったでしょ?あまり残す機会がないって。彼女のサラダも美味しかったようですよ。

そうなんですよ。ここはサラダも種類がいくつかあって、肉はないんです。特にヴィーガンやベジタリアンにはもってこいのお店です。しかも美味しいから言うことなし。だから流行るわけです。

その上、値段もお手頃なのも魅力。ダブリンの街中でこの値段はあんまりない。良心的と言えよう。私が去年の夏に初めて入った時はこちらのランチセット、7ユーロ50セントを頂きました。
 
umi 5
この時のサラダはTahini salad。トマトときゅうりが一杯!これにドリンクが付いてくる。

そしてここのミントティーが素敵なんですよね。この日はミントティーをドリンクとして付けてもらいました。現在は普通の紅茶やコーヒー、またはソフトドリンクでないとダメみたいですけどね。

umi 6
ちゃんと本物ミントの葉が入ってる!珍しいわ~。


健康ララダを食べ、この日は健康気分に浸っておりました。それにしてもこういうサラダ、私大好きです。こういうサラダが作りたいのよね~家で。なかなか自宅で私が作るやつはこんな味が出ないのよ。むつかしいわ。ちなみにフレッシュなしぼりたてジュースもあります。ニンジンジュースもあるのよね、ここ。う~~~。

とにかく美味しくてお手頃値段なUmi Falafel。一度お試しあれ。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.