ダブリン・ライジング 1916-2016

今日はもう一つアップします。たぶんダブリンのブロガーさんたちがすでに紹介していらっしゃるでしょうが。。。(なんでも見つけるのが遅いもんですから。すみません)

腐るほどこのブログで紹介しているイースター蜂起。

今年が100周年記念であることは周知の通り。そんな中、現在こんなバーチャルツアーがあります。グーグルが協力しています。

https://dublinrising.withgoogle.com/welcome/

ナレーションは。。。コリン・ファレルです。

https://dublinrising.withgoogle.com/about/

イースター蜂起時、GPOだけでイースター蜂起が起こったわけではありません。他のダブリンの場所でも銃撃戦がありました。そんな場所がグーグルのバーチャルマップを通じて紹介され、当時の写真や、軍のインタビューに答えた人の話が聴けます。(声自体は現在の俳優さんたち)

インタビューの内容が英文で紹介されると同時に、音声と共に英文を追ってくれるので、ネーティブスピーカー出なくても内容をフォローできるところがありがたいです。場所の説明も出ていますし、似たようなことをコリン・ファレルがナレーションしていますので、わかりやすいと思います。

全部で22か所紹介されていますので、すべてを見るのは大変かもしれませんが、これならダブリンに来てイースター蜂起のツアーに参加できなくても、自宅でバーチャルツアーができます。イースター蜂起に興味がなくとも、ダブリンの街の様子が見れますので面白いと思います。興味のある方、ぜひ見てみてください。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ティファニーさん
イースター蜂起の話は会社でもよく聞きます。でも、その時は東京に出張。こちらの様子がわかりません。また教えてくださいね。
今、出張でロンドンに来ています。おそらく来々週はボストン。まあ、使い走りにようなものです。今週の木曜上司を連れて、少しましな日本料理店、トモハチに行く予定です。声はかけられないかもしれませんが、よろしかったらぜひ来て見てください。おじさん5人の集団です。ではでは。
万が一お姿を垣間見れるの話楽しみにしてまっせ。

No title

ご案内は大変参考になりました。
有難うございました。
そこそこ訪ねている割に知らなかった所もまだまだあるなあ、と言う感じです。
中でParkgate St.はたぶんダブリンマラソンに出た時に
通っている筈ですが確信はありません。
今度のイースターマンデイには、偶々ダブリンに居るので
行ける所には行って見たいものです。

少し前のお話でCDショップの事が出ていましたがCD派の私には
困った状況ですね。トラッド派でもある私は
アイリッシュ女性ヴォーカルを睡眠導入剤代わりに聴くのが好きで
例えば若手の注目株イーマー・クイン('72年生まれ)
やMouireann Nic Amhlaoibh('78年生まれ=難しくて
発音が分からない。)などの歌を聴いているのですが、
とにかくCDが少ないのが悩みです。
本当に美しい声なんですが。
つまらない話ですみません。

日曜日の6Nationウェールズ戦は
勝ちに等しい引き分けでしたね。
はらはらしましたが。

ではまたいつか、どうかお元気でお過ごし下さい。


Hiro Tanakaさんへ

Hiroさん、出張だらけですね!ご苦労様です。

実は私もイースターサンデー&マンデーと出かける予定があるので、レポートができない可能性大!なのですよ。でもネットから拾ってでもお伝えできればと思っています。

木曜日トモハチですか!いや~是非お伺いしたいのですが、木曜日はイタリア語の日なので無理です。せっかく誘っていただいたのに申し訳ありません。おじさん5人、いいじゃないですか!楽しんでくださいね。

KKioさんへ

いえいえ、こちらこそ。私自身も場所は知ってるけどそういう歴史があったところとは知らない場所がいくつかあって面白かったので載せたというのもあるのですよ。お時間があったら訪れてみてくださいね。

CD店、経営が厳しいので店舗が閉まったりして。。。でも街に小さなレコート店があって生き残っていたりしますよ。DJがレコードを使うようになったから需要があるためでしょう。若い人が結構たかってたりしてうれしくなります。そういうお店特集も近いうちにしますね。私はトラッドはだめなんですよ。すみません。ぜんぜんわからないんです。CDが少なくとも意外とネットでダウンロードができる場合がありますので、Spotifyで検索かけてみるとよいと思います。

6Nations,これでアイルランドとウェエールズはトリプルクラウンもグランドスラムもなしですわ。がっかりです。

またお時間があればコメントしてくださいね。お待ちしております。

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.