久々、ライアンエアー(Ryanair)使用したら。。。

皆さん、セントパトリックスデー&週末はいかがでしたか?

私はAちゃんとともに水曜日から昨日までアイルランドを出ておりました。

行った先はイタリアはサルディニア。

私は旅行+イタリア語の練習。Aちゃんはサルディニアにあるコンドミニアムの様子を見に行く+銀行へ行く+旅行でした。

現在ダブリンから(またはイギリスから)サルディニアに行くのにかなりコネクションが悪いんですよ。

イタリア政府がサルディニアに乗り入れる航空会社に高いお金を要求したらしく、払うのが嫌なライアンエアーは便を思い切り減らしたんです。ベルルスコーニ時代はよかったんですよ。彼自身自分の家がサルディニアにあるのでそんなことはしなかったらしいのですが、今の政府はとんでもないらしく。。。サルディニアに来るイギリス人やアイルランド人観光客がこの夏は激減するのではと心配されているんです。でもどこかの航空会社が夏から乗り入れるとかいううわさもあるので、どうなるかというところですが。

そんなライアンエアー。

私が最後に使ったのはいつだったのだろう。。。覚えてません。My least airlineなのですわ。なのでできるだけ使用を避けていたのもあって長い間使ったことが無かったのです。久々使ってみたら。。。

彼らのサイト、予約しやすくなりましたね~。ボーディングパスも小さいから楽ちん。私たちNon EUのスタンプ欄もあって、スタンプをもらうことがきっちり記載されてるし。昔は欄がなかった。でもいまだにスタンプをもらいに行かないといけないのは超面倒くさいけど。

昔は数ヶ月一度?に発行される無料雑誌があったらしんですよ。それが結構いいことが書いてあって良かったとAちゃん。しかし今は免税品の紹介や機内食のメニューが主。水着のフライトアテンダントのおねえちゃんのカレンダーももう発行してないし。

しかしこちらは健在!見てうれしくなりました。総入歯はあかんのよ、はずさないと!(エマージェンシー・ランディングの時は)

RAYAN 2

しかし見たこともないものの使用方法が記載されていました。Infant Flotation Devices。

RYAN 5

煙が怒ってる見たい。これは前からよね。

RYAN 3

この女性の手に注目!なんかヘン。まねてみてみればわかりますよ。普通じゃないのが。

RYAN 4


前にも言いましたけど、総入歯が駄目って書いてるのはここだけのような気がする。見たことが無いんですよね。他社で駄目だと記載してあるところがあったらぜひ教えてください。Infant Flotation Devicesも他社では見たこと無いし。不謹慎だと怒られそうですが、どうしてもこの絵を見て笑ってしまいます。


今回サルディニアに行くのにパリ・ボーヴェ空港を使って、そこからサルディニアはカルアリに行ったのですが、ボーヴェ空港に着陸する時、

バーーーーン!

とえらい音を立てて着陸したんですよ。みんな、ひゃ~~~!と言っていました。着陸ラフすぎ。ああ、ライアンエアー。やっぱり好きじゃない。。。


それでは続きは明日ということで。。。


ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

お帰りなさい

サルディニアから無事のお戻り何よりです。あちらの天気はいかがでしたか?イタリア語は練習できましたか? 以前イタリア人の知り合いから「イタリアにはイタリア語という『共通語』はあっても『標準語』という基準がない」と聞きましたが、やはりサルディニアにも独特のアクセントがあるのでしょうか。

私はまだライアン・エアー未経験なんです。搭乗券にNon EUのスタンプが必要だったり、航空会社の都合で遅延、欠航しても保証がなかったりするのでついつい敬遠してしまいます。LCCになってしまったとはいえ、エア・リンガスのほうが安心感がある気がします。でもライアン・エアーも手荷物の規制が緩くなったりサービスは向上してるようですね。

あくまでも私の推測ですが、総入れ歯は緊急着陸時に衝撃で口から外れてしまったときに、飛行機または他の乗客を傷つけないためではないでしょうか…?

ホリデーの続編、楽しみにしています。

Junksさんへ

ただいま戻りました!

いろいろありましたので、随時ご報告させていただきますね。

総入れ歯、危ないと言えば危ないのかしらねえ。このマークを見るまで考えたことがなかったんですけど。それにしても総入れ歯ダメマークは他では見たことがないんですよ。あります?ライアンエアーに乗るたびに(と言っても最近載ってませんでしたが)どうもこれが気になって仕方がないんですよ。そして見るたびに笑ってしまうんです。絶対絵が面白いと思ってるんです。Aちゃんも笑いまくってましたよ。

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.