オリスターノ(Oristano)で思わぬ発見と出来事

さて、今回の旅行ですが、数か月前からちゃんと予定を立てていたわけではありませんでした。行く2週間前ににAちゃんが、突然、

「16日からサルデーニャに行くわよ!」

と言い出したから。去年から2人で行こうとは言っていたのですが、Aちゃんは仕事がとても忙しい上に、いろんな用事が詰まってるAちゃん。予定聞いてるとめまいしてきますよ。それくらい忙しい人なので、なかなか二人の予定が合わなかったのです。

なぜサルデーニャなのか。それはこのブログでも前に書きましたけど、Aちゃんがアパートを持っているからです。そのアパートの修理を去年頼んであったのですが、どうなっているのか見るため。そしてサルディニアの銀行からレターが来ていためどうしても行かなくては行けなかったのです。

ちょうどイタリア人G君は私たちが行く2週間前にすでに帰っていました。しかし彼は仕事などがあるため、17日昼にはサルディーニャを離れたんで、残念ながらずっといることはできず。結局一緒に過ごせたのは1日だけでした。


とここでAちゃんのアパートのお話を少し。。。

ハウス・ハンティング時に一緒に回り家を探したんです。ぱっと決まりましたよ。小さいですが、とても素敵なんです。ビーチまではちょっと遠いんですがね。購入から11年ほどたちます。夏場はずっと貸してました。しかし去年賃貸業をしていた人が辞めてしまい、家が貸せない状態になってしまっているのと、違う場所に購入したいため、実は現在売りに出しているのです。景気が悪いんで買い手がなかなかいないんですよ。

DSCF0472.jpg
アパート近くの駐車場からの景色。

アパートは一か所を除きちゃんと直してあったんですが、

DSCF0482.jpg
庭は草ボウボウ、生え放題でした。


ここから本題のイタリアの銀行の話。。。


アパートを現金で購入したわけではないので(中にはそういう人もいるでしょうが)銀行でローンを組みました。サルデーニャのとある銀行で口座を開き、その口座から別の銀行で組んだローンを引き落とししてたんです。(何でそうなったのかは知りません)

去年の暮れ、銀行からレターを受け取ったんです。それには90日以内にレターを返送することと書いてあったらしいんですが、本人確認の手紙だったようで、別にこんなのすぐに返送しなくてもいいとG君や他のイタリア人の友人に言われていたので、自分が直接銀行へ行けば本人確認になると思い、手紙を返送しなかったAちゃん。

アパートを確認後銀行へ。今回G君のお母さんのお家のお泊りさせていただいたので、G君の近所にある支店へ行ったんです。いつもならここで事がすべて済むので。しかし、

「口座に問題あり。口座を開いたところへ行って!キャッスカードを作らないとだめ!ここでは何もできない!」

の一点張りだったらしい。ちなみにAちゃんはイタリア語がかなり流暢なので銀行もG君に頼らず一人で行ってました。(素晴らしい!)しかしさすがに銀行と普段の会話とは違います。専門用語が出てきますからむつかしかったらしく、100%わからなかったそうで、銀行の人に紙に大事な要項を書いてもらってました。

G君はその日の午後にダブリンへ帰ることになっていたので頼る人がいない。仕方がないので翌日全く役に立たない私を連れて一緒に口座を開いた銀行へ。場所はOristano(オリスターノ)というところ。

sardinia.jpg
左端の真ん中。人口約3万1千人。(otherworldmap.comより)


銀行で処理をしてもらったのですが、明日また来てくださいと言われてしまい、「またかよ~。」と2人。しかし、銀行のお姉さん、とてもいい人で、ゆっくり話してたし、親切に対応してくれました。アイルランド人が来たのが珍しかったのか「明日一緒にコーヒーに行きましょう!」とAちゃんを誘ってました。まあ横に小さい黄色い肌の太ったおばちゃんがいたから個人的に話を聞きたかったのかもしれません。二人で道を歩いていたらじろじろ見られたし。1人は白人、一人はアジア人で英語で会話してたらすごい不思議だろうね。

そして翌日。

Aちゃんのお友達のイタリア人の女性Tさん。先生なんです。G君と同じ町に住んでおり、Aちゃんとも何度か会ってます。その彼女の家に前日の夜自宅に招待された際、ちょうどストライキだから一緒に銀行へ行ってあげると言ってくれたんです。しかもオリスターノまで車で連れて行ってくれるというんです。Aちゃんの人柄のおかげやと思うわ~。みんなAちゃんには本当に親切だから。

銀行へ行く前にカフェに行こうといわれ、Tさんお勧めのカフェへ。

DSCF0511.jpg

店内の様子を撮るのをやめたので外見だけですみません。フレンチタイプのこじゃれたカフェ。かわいらしいケーキが一杯並んでいました。むちゃくちゃ食べたかったんですよ。でもAちゃんに「あんたまた食べるの?」と言われたのでやめ。もう朝ごはんは済ませていましたのでね。


イタリア語が話せない&理解できない私は銀行へ行っても仕方がないので二人で行ってもらい、私は街の中心を一人ウロウロすることに。銀行問題で困っているAちゃんをよそに私は完全に旅行気分ですわ。

DSCF0506.jpg
Statua di Eleonora d'Arborea

DSCF0509.jpg
Statua di Eleonora d'Arborea

DSCF0510.jpg
イタリアらしい道。好きだなあ~こういうの。

DSCF0507.jpg
Duomo

DSCF0512.jpg
Tower of Saint Cristoforo

イタリア語で書かれた子供用のショートストーリーの本を買おうと思っていたのですが、大きい本屋が無い。G君の街に本屋は無いし。散々うろうろしてたら先ほどのカフェと同じ通りの左手側に小さい本屋があり、無事に本を購入!少しわかりましたよ、お店の人の言うことが。私が言ったイタリア語も通じたしね。その上、店員のお兄さんがかっこよかった~。こっちの人みたいにシャツがはみ出してないしね。

そして同じ通りの先にティールーム発見!

DSCF0515.jpg
Fata Corinelia コーネリアの妖精という訳でよいでしょうか?https://www.facebook.com/bottega.fatacornelia/

お食事中の方には申し訳ないのですが、この時すごくトイレに行きたかったんですよ。なのでカフェを探していたんですが、コーヒーはもう飲みたくない。朝からエスプレッソ2杯も立て続けに飲んでますからね。だから紅茶が飲みたかったのです。

しかし皆さんもご承知の通り、イタリアはコーヒーの国。紅茶はいまいちおいしくないのですよ。しゃあないのでその辺のおっちゃんカフェにでも入って3杯目のエスプレッソを飲まないといかんかな~と思っていたところにこのお店の登場!ティールームなんて本当珍しい!入るしかありませんでした。

これまたかわいいんですよ、お店が!日本人好み。

te 1

te 3

te 2
ケーキやビスケットもおいてありました。お昼近くだったんで食べませんでしたけど。

te 4
量り売りもしてます。

メニューがむちゃくちゃ多くて、何を飲んでいいかわからないくらい。ちなみに煎茶も置いてましたが、あえて違うものに挑戦!

te 5
Frutti di bosco。たまに味がきついお店もあるんですが、ここのはやわらかい味でよろしゅうございました。2ユーロ50セント。安いね!ダブリンなら3ユーロ50はとるでしょう。

客が私以外に二人しかいないお店で一人くつろいでいたらAちゃんからテキストが。

「Don't rush back. They've closed my bank account so now I've to go to the bank where I have my mortgage to open a new one.」

Ah, Jaysus!!!!!

紅茶のおいしさが一気に吹っ飛んでしまいました。

続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.