ティアニーのつたないイタリア語・イン・サルディーニャ

Mangia! Mangia!の続きをアップしようと思いましたが、予定変更です。先に私のつたないイタリア語について語り、イースターのお休みに入ることにします。続きは再来週の予定です。

サルディーニャでティファニーのイタリア語はどうだったのか?と思っている方もみえるかもしれませんね。

着いて早々、自分のイタリア語のレベルのあまりの低さに愕然

かなり凹みました。だって。。。私いったい何年勉強してるの?4年はやってるのよ。でもイタリア語の理解度の無さに呆れたし、簡単な単語もわからん。こんなんで試験受けるの?とみんなに思われたはず。自分でも思ったから。

それに授業と実生活のイタリア語はやっぱり違うねえ。。。自分が英語の勉強でダブリンに来た時もそう思った。散々勉強してきたのに、自分の英語が通じないし何を言ってるのかわからなんだし。でもここに15年以上いてそういう感覚をすっかり失ってたから(通じないことはいまでもよくあるが)、国は違うが、15年前の自分にタイムスリップしてました。

とにかく質問がわからん。これは授業でも同じ。Aちゃんに質問を聞いてないと指摘された。勝手に自分の頭の中で相手が聞いていると思い込んで違う答えを返してると。

Cさんの言っていることもさっぱり。発音がちゃんとしてないとかサルディーニャの言語、サルド(Sardo)が混ざっていることも多いから余計だとG君は言っていたが、その前に、簡単なイタリア語も理解できないのはやっぱり私があほだからとしか言いようがない。

質問がわからなければ答えようもない。だから持って行ったイタリア語会話の本も役に立たず。Aちゃんには辞書を持ち歩けと言われましたが、イタリアに来てから言われても遅い。

さすがに二日目で頭が爆発!ぐったりしてました。でも金曜日から慣れてきました。人間、歳をとってても慣れるもんやわ。練習も兼ねて金曜からはCさんが私にイタリア語で命令を下し、それを聞いて私が行動するというルールをAちゃんが作った。

もちろんわからん。なので、Guessして動くと間違えてる。Cさんから「No!」とでかい声で言われる。Aちゃんも「No!」と一緒になって言うから余計落ち込む。でもこのお蔭で単語を少し覚えることができた。

Cさんも私に教えるのが楽しくなったのか、命令するのが楽しかったのか、やたらに命令するようになり、普段お客さんを全く入れたがらないキッチンのシンクのある場所にまで入れてくれて、おまけに掃除までさせられた!(いいのか悪いのか)


土曜日の昼、空港へ向かう前に、Aちゃんは銀行へ一緒に言ってくれたTさんの家へ。私はCさんと家に残ることにしたんです。Aちゃんがいない方がイタリア語の練習になるし、Cさんを一人にしたくないというのもあったんです。

とにかく二人しかいない家。沈黙はいかん。話すしかない。これも練習。

私から質問したんですよ。この私のつたないイタリア語が不思議と通じて、会話が成り立ったんですよ!G君のプライベートなことまで話して、二人で笑ったし!それにしてもよく通じたわ。質問の返事もできたし。

過去3回来た時はイタリア語が全くできず、Cさんに勉強しなさいと言われてダブリンに帰っていたのですが、今回は違いました。

Cさんは英語が全く話せないのでイタリア語で会話するしかない状況で、自分なりにですが頑張ったお蔭で、なんだか二人の距離が縮まった気がして、ものすごく私は嬉しかったんです。それにちょっと自信がついた。

「一か月ここにいれば、イタリア語が分かるようになるわよ。」

とCさんに数回言われました。2週間でもいい。来年そうしようかな。。。と実は思っています。特にいいのが、発音がちょっとでも違うと全く通じない。だから自分の発音が間違えてるのが一発でわかること。文章が間違ってると「わからない」とはっきり言われる。Guessはしてくれないのである。むちゃくちゃ鍛えられると思うんですよ。もうそれくらいしないと、この年では頭に何も入って来ませんからね。


土曜日、一緒に写真を撮ってさよならをしたんですが。。。涙が出てしまいました。


それを見たAちゃんが「あんたをどこにも連れてけない!」と言ってましたけど、Cさんがまた一人ぼっちになってしまうことがものすごく嫌だったんですよ。膝の手術をしたから階段の上がり降りが大変なのに、誰も助ける人もいないし。だから余計泣けてきた。数日間しか一緒にいなかったのですけどね。あかん、最近やたらに感情的になってきてるわ。更年期か?うちの母は兄家族もいるし、父もいる。母は本当にラッキーだと改めて思ったし、そんな母を安心して日本へおいておける私もかなりラッキーである。兄家族に大感謝である。

来年もまた訪ねたいなあ。その時は裏庭でお仕事しますよ。

DSCF0486.jpg 
オレンジが一杯生ってました。レモンも生ってたわ。

そしてCさんが暖炉で靴を温める行為に対しては「No!」と言いますわ。

DSCF0452_20160325064503aaa.jpg
危ない、危ない!サルディーニャ、寒かったんですよ。。。


それでは皆さん良いイースターを!アイルランドは1916年のイースター蜂起100周年でいろいろなイベントがあります。ダブリンではイースターサンデーにはパレ―ドがありますし、月曜日はオコンネル・ストリート周辺でRTEが去年同様イベントをやりますし、いろんなところでイースター蜂起の話が聞けたり、写真の展示なんかもあります。http://www.thejournal.ie/easter-rising-whats-happening-this-weekend-2676540-Mar2016/ http://www.ireland.ie/events

でもルアスはストライキします。イースターサンデーとマンデーに。またですよ、また!もう呆れるわ。。。

来週は火曜日と金曜日にブログアップの予定をしています。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

スペインから戻ったばかりでうなづきながらブログを読みました

私はスペイン語を初めて1年半 この春からようやく中級に進み自分なりに進歩を静かに喜んでいましたが、スペインに行って愕然
駅の案内すらわからない単語続出

話しかけられても全然わからない


素敵な文章で読んでいるこちらもぐっときました
来年は私もイタリアに行きます シチリアを考えていましたが、サルディーニャに行きたくなりました
行くことになった際は相談に乗って下さい

ティファニーさんの夢が叶いますように

こえださんへ

学校で座ってひたすら文法を習って、文章を読んで。。。というのも必要なのですが、喋ろうと思うとやはり現地に行って体当たりするしかないかなと思いますね。

毎日喋ってないし聞いてないから進歩が遅すぎるんですよね、やっぱり。頭に残らないですしね。愕然としたお気持ちわかります。

お互いにがんばって続けるしかないということですね!サルディーニャ、いいですよ。でも車がないとかなり不便なんですよ。しかも運転が恐ろしく荒い!ぶっ飛ばしてますからね。よく事故らないなあと思います。(きっと私が知らないだけで結構事故があると思いますけど)サルディーニャの最後の記事をあげますので、お時間があるときに読んでやってください。ありがとうございます!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.