素敵!だけど。。。Cabra Castle Hotel(カブラ・キャッスル・ホテル)-中編

今日はカブラ・キャッスルで頂いたごはんをご紹介します。

レストランはこちら。

DSCF0738.jpg
右手側も大きな部屋があり、レストランになっています。窓からはガーデンが見えてとても素敵ですよ。

たくさんのウェイトレスさんたちが手際よく働いていました。まずディナーから。5コースセットメニューしかなかったんですよ。実はこのホテル、ディスカウントバウチャーで泊まったんです。25ユーロ分は食事に使えると書いてあったのですが、アラカルトメニューのみだったんです。

この日はコースメニューしかなく25ユーロは使えず。5コースで46ユーロ。ワインはボトルで26ユーロが一番安かったと思います。後は一気に40ユーロとかだったはず。カブラ・キャッスルは4つ星ホテルですからね。それにワインが高いのはアイルランドの特徴でもありますしね。特にレストランやホテルのワインは高いですわ。

CABRA 1
私オーダーのトゥールーズ(Toulouse)ソーセージ&マッシュ。肉々しいソーセージでした。マッシュポテトが美味い!実は最近肉を食べないようにしているんですが、ついオーダーしちゃいました。

CABRA 2
友達オーダーのスモークサーモン。

CABRA 4
私オーダーのラズベリーシャーベット。お口直しによろしゅうございますな。

CABRA 3
友達オーダーのスイートポテトのスパイシースープ。(だったと思う)

CABRA 6
私オーダーのサーモン。結構大きかったんですよ。アーモンドスライスが乗ってました。こういう作り方もいいねえ。今後の参考にします。

CABRA 5
友達オーダーのビーフ。

これに付け合わせの野菜とマッシュポテト、特別にマッシュルームも頼んだんですが。。。

食べきれない。

写真で見ると量が多そうじゃないんですけど多いんですよ。田舎(失礼!)はダブリンと違うんでお皿に乗ってくる食事の量が多いんです。実はパブで飲んでいた際、泊り客じゃなさそうな人たちがバーガーやらを食べてましたけど、えらい量がありましたから、レストランもそうかなあとは思っていたらやっぱりそうでした。

食べきれずたくさん残しちゃったんですよ。最初にパンなんか思い切り食べるんじゃなかったわ~。とにかく残しちゃって申し訳なかった。周りの人はデザートまでちゃんと食べてましたけど、デザートなんてとんでもない!普段はデザートは別腹ですが、この日は別腹にもサーモンが入ってて無理。この後紅茶を飲んでお終いとしました。ちなみに美味しかったですよ!私は特にマッシュポテトが気に入ったけど!!!


翌朝。。。朝食が確か朝7時から10時まででした。朝10時までってちょっと早い。せめて10時半までにしてほしいなあ~。ホリデーの時はゆっくり寝ていたいじゃない?

それはともかく、ここはメニューの種類が結構多いと思いました。

CABRA 8

メニューを見て気が付いた方が見えるかもですが、Grilled Kippersがありますね。燻製のニシンでよろしいかしら?これが朝食にあるところってあまりないはず。特に最近のホテルではないんじゃないかな?でもこういう昔ながらのところってメニューにあるところが多いらしいです。

頼もうかと思いつつ、結局こちらをオーダー。こちらはちょっと小さいのでお腹が一杯にならず。

CABRA 10

ここはチーズやハム、フルーツ、ヨーグルト、ペーストリーやシリアルはAll you can eatでしたので、私はこちらを持ってきました。サーモンが小さかったんでちょうどよかったですわ。

CABRA 7
写真では大きく見えますが小さいクロワッサンです。これが絶品でした。

ちなみにアイリッシュブレックファーストはこんな感じで出されていました。相変わらず肉々しい。

CABRA 9

食べ物は美味しいし、楽しく過ごしたキャッスル。また来たいわ~!であったのですが、実は思い切り忘れていたことがありました。

実はここ。。。Haunted castle。つまりお化けが出るんですよ。それで有名でもあるらしいんです。

金曜日はカブラ・キャッスルにいるというお化けについて語りたいと思います。。。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.