戦うぞ!ティファニーバージョンのイースター蜂起

みなさん週末はいかがでしたか?

私は相変わらずイタリア語の勉強をする時間もなく、ブログ関係で頼まれていたお仕事をし、1916年の話を聞きに行き、知り合いに会ってお昼食べに行き。。。週末はあまり予定を入れないでおこうと思っているといつも予定が入る。ありがたいことですけどね。

仕事も忙しかったんで、金曜日は少し残業してたんです。と言っても30分ほどですけど。その30分で今までの同僚との人間関係が崩壊する出来事がありました。今日は愚痴です。月曜日からすみませんが聞いてください。アイルランドの職場であるのよ~嫌なことは。

ポーランド人のMとスペイン人のMが土曜日の夜はどこで食べようかとでかい声で話しだしたんです。二人で食べにいくんだ~と思いながら彼女たちの会話をバックグラウンドで聞きながら仕事をしていた私。

すると、スペイン人Mちゃんがポーランド人生贄で私に失礼なことを言っていたポーランド人Aに「あなたも来るわよね~」と言い出した。ちなみにAは明日会社を退社し、代わりに55歳のアイリッシュ男性が来ます。

Aは「私が行ってもいいの?」と言う。するとスペイン人Mが「メールで言ったじゃない!」とでかい声で言った。その瞬間彼女は私がまだ仕事をしていることに気が付き、そのあとはひそひそ話!

出た!ティファニ-、完全仲間はずれ!

もちろん私はそんな話もメールももらってませんわよ。その後、ポーランド人Mが自分の席の前に座っている南アフリカに住んでいた同僚Aさんに「明日、来るわよね!」と確認。彼女はもちろんだという。その後Mの後ろに座っているポーランド人で、とてもいい子なKちゃんを誘うも、「わからないわ。」とあいまいな返事をもらったのである。しかし何とか来てもらおうとものすごく説得してるんですよ。それもでっかい声で。

これ、私に対する当てつけよね。超わざとやん!

はらわたが煮えくりかえりました。

久々です、こんなに腹の底からムカつくの。腹の底からって書いたけど本当。お腹がぷくぷく動いてるのが分かったもの。お湯が沸騰してる感じね。そして思い出したんです。ああ、あの時と同じ状況だ~と。

あの時とは昔にブログにも書きましたけど、語学学校時代(たしか2000年)、日本人の子ともめて私はその子が所属する大きな日本人グループから総スカンを食ったんです。まあその中にもスイスのような中立の立場のお友達がおり、その子は仲良くしてくれたけど。

学校の食堂で日本人の子がお好み焼きパーティーをするというんですよ。それも私の目の前で話してる。そして、一人ずつに「あなたは来るわよね?」「来るわよね?」「来るわよね?」

ティファニー完全スキップ


隣にいた中立の立場のお友達には「あなたは来るわよね?」でしたから。さすがに友達もあれはひどい!と言ってましたけど、あの時とほぼ同じ状況ですよ。超わざとらしい。


同僚のAさんにテキストで後に聞いたら彼女は誘われてたんですよ。どうも前に働いていたゲイのブラジル人の子と逢うためにオーガナイズしたらしいですけど。との各たぶん誘われてないのは一部の男子、社長とマネージャーたち、数か月契約で入ったパキスタン人男性と私くらいと予想できる。パキスタン人男性もその時オフィスにいましたが、誘われてなかったので私と同じ立場。彼の目の前でもはしゃいでたんで超失礼だと思ったんですよ。本当、礼儀がないやつら!

とにかく、私にそんな楽しい食事の場にいてほしくないと思っているということですよね、誘われなかったということは。むっちゃ実はみんな普通のでいつも私と喋るけど、内心むちゃくちゃ嫌ってるってことがよくわかったんです。


で思った。原因があるはずだと。で、思い当たる点がある。


1)ある朝スペイン人の方にポーランド人生贄Aが失礼なことを言うから嫌いだとはっきり言ったこと

その後、ポーランド人の良い子Kちゃんが二人はとても仲が良くて週末も会っていることを教えてくれた。時すでに遅し。でも私が嫌がっていることは本当なので本人に知られてもええわ~と思っているが、もちろんスペイン人はみんなに言いふらしているはず。

2)去年の私の誕生日、お昼を食べに行くときに一部のアイリッシュ女性しか誘わなかった
ポーランド人Mともう一人のポーランド人KAはものすごいケチで、人より1ユーロ余分に払ったから金返せというようなやつら。それが原因で今までやっていた同僚の誕生日にはお昼を一緒に食べに行くという企画を終了せざるを得なかったんです。そんなめんどくさい人たちと行きたくないから誘わなかったのである。ちなみにアイリッシュ同僚Aさんも私と同じく彼女たちを誘ってないけど彼女は誘われてる。どうよ?

2)ブラジル人同僚Pちゃんと一緒のバスに乗らないように避けているから

彼女と普通の話をするのは楽しいけど、会社の話をよくするんですよ。その上泣いたりするんです。前なんか朝の7時半からバスで泣かれてどうしよう状態!私は泣かせていませんよ。暗くなるのが嫌なんで避けてるのがバレバレだからでしょう。彼女のポーランド人とスペイン人グル―プ所属だ。


まあきっとほかにもたくさん理由はあるんだろう。私の顔が嫌とか、太ってるのが嫌とかもあるだろうし、性格がいやとか、でかい声でうるさいから嫌とか(耳が遠いから仕方ないのよ)。。。うざいんでしょう、私のことが。

仕事をしながら思ったんです。完全にこれはいじめであると。彼女たちはさすがにアイリッシュには逆らわない。住ませてもらっている立場だから。でもアジア人の私になんて彼女たちは何の義理もないわけですよ。いじめやすいわな。そして自分たちのエンパイアを築いて楽しんでる。

まるで何もなかったようにByeとポーランド人Mに言い会社を去った私。しかし私の心はすでに決まっていた。

宣戦布告や、くそ外人女たち!!!
(自分も外人女だけど)

気分はイギリス帝国に反発するイースター蜂起の中心人物、ジェームス・コノリーくらいきてましたよ。ポーランド&スペイン帝国に反発や!

1916 13
Irish Citizen Armeyのユニフォーム、着やなあかんか!?

ティファニーバージョンのイースター蜂起だ!イースター終わったけど。まあそれくらい戦う気合いが入っているということだ。

どれだけでもイヤミをやつらに言ってやれますよ。でも言いません。仕事がありますから、その辺は大人にならないと。ただこれからは特にこの二人には仕事以外には話さないことにしましたし、自分がもし聞かれてもほとんど答えないことに決めました。

とにかくこの件ではっきりして良かったのが、誰を信じていいか良くないかがはっきりしたということだ。向こうも私を信じてないし、嫌っていることが100%わかった。はっきりわからせてくれてよかったと思います。このまま過ごしてたら何も知らない私があほですからね。

そして思ったんです。彼女たち外国人グループの中にアイリッシュの友達がたくさんいる人が一人もいないことを。友達自体が少ないんです。それにもしかしたら私が週末人に会って忙しくしていることをねたんでいる可能性もある。だったらねたませておけばいい。

このことをたまたま道で会った近所のおっちゃんに話したんです。彼も昔会社でいじめに遭い、裁判に持って行ったことがあるので。それは完全にいじめだね、という彼。そして彼にから質問が飛んできた。

「人生に彼女たちが必要なの?友達として必要なの?」

全然必要じゃないよ。要らない、はっきり言って。どうでもいい人たち。他にいい友達たっぷりいるから。と答えた。だったらどうでもいいじゃん、気にすることないよ。こっちは普段通りの態度で接すればいいんだよ。そのほうが大人だと言われました。まさにである。でも宣戦布告ですけどね。すると、

「じゃあ後で家に請求書送るから。コンサルタント料ね。5000ユーロ。」

誰が払うか!!!

払わないとはっきり言ってお礼だけを言って去りました。

とにかくだ。私のことは嫌いで結構。好きになってなんて誰も頼んでない。だけどわざと私の目の前で誘ってないのを承知のうえででかい声で話し、はしゃぐのは失礼きわまりないし大人げない。でもいじめってこういう些細なことから始まって、取り返しがつかないくらいでかくなって、全く関係ない人まで巻き込んで、グループでいじめるんだよな。追い詰められた方は逃げ場もないから死ぬことしか思いつかなくなる。。。

このいじめに私は表面的には笑顔で、心の中ではC語で奴らを罵りながら戦います。負けませんよ!負けてられるか、こんなことで!もうすぐ46歳やもん!(年齢は関係ないか?)


皆さん、愚痴を読んでくださってありがとうございました。大感謝です。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

いやいや、変な人はどこにでもいるし、というか子供っぽいです、その同僚さんたち。相手にするだけ無駄ですよ、同じレベルになってしまいますよ~(笑。
一緒につるみたいですか?そんな人たちと。うつりますよ、同じ菌が(笑!
多分嫉妬はあるでしょうね、「ティファニーなにさ、アイリッシュといつもつるんじゃってさ」とか。
私がアイルランドにいた時もそういうのはいましたよ、アイリッシュでしたけどね。
表でにこにこフレンドリーでいなくなったら私の悪口言ってたり。私は「どうでもええわ」というタイプなので、相手にしませんでしたし、そんな人たちのために腹を立てるのももったいないと思って、Furniture扱いしてました。

そういうおかしな人とからむと、性格ほころんでしまいます、できるだけ距離を取った方が良いと思います(精神的にも良くないですし)!お気になさらず!(気にする価値もない人たちだと思うし)

先駆者さんへ

コメントありがとうございます!

昨日イタリア人のお友達とレッスンのために会ったんですが、何とかこの出来事をイタリア語で間違えながらも説明しましたよ。説明しきれない時は英語でしたが!彼女は過去にもたくさんの外国人と働いてきているので、ポーランド人女はやたらに競争心が高いし(負けず嫌い)、スペイン人女は裏でこそこそ人の悪口をいうやつが多いから好きじゃないといっていました。もちろん全員がではありませんが、そういう人が多いと言い、私も思わずうなずいてしまいました。

いつも笑顔で話してきてたけど実際裏では散々私の悪口を言ってきたんだろうな~この人たちと思ったけど、私も言っているので同じですわ!(笑)

おっしゃる通り相手にせず、家具扱いするのが一番ですね!仕事上の付き合いだけで十分ですからね、こういう人たちとは。他にもポーランド人の、すごく呆れてしまう話があるんでまたアップします!

No title

こんにちは。お久しぶりです!マレーシアからです!うちの会社でもあるよ。女性多いから。同僚の日本人の子が標的になってた。結局は、ローカルの子からのジェラシーなのかなぁって思った。とライバル意識。話を聞いてる側だけど、「無視」が一番と答えてたよ。私はいつもお弁当だし、暇なしなので、中立でかなり楽だよ。私の場合は、ライバル的立場にならないようなところにいるからかなぁと。標的になった日本人の女子は、気にする子ですごく悩んでたけど、彼女も強かったから負けなかったよ。倍がえしやぁっていってたこでした。

こちらでは、アジア圏で働くよりヨーロッパ圏で働くのがいいなぁってあるけど、いやなことはどこでもあるよね。

でも、外国人女子の中にアイリッシュが入ってないっていうのが、、確かに、変な外国人のジェラシーだと思う。

ではね!

マレーシアからさんへ

むちゃくちゃ久しぶり!コメントありがとう!お子ちゃま達も元気そうでなによりだよ。それにしても大きくなったね~。

やっぱり女性が多いとどうしてもあるね、仲間はずれにしたりさ。そうなのよ、根本には絶対じぇらし~があるんだと思うわ。私の場合最近アイリッシュの同僚との方がよくしゃべるから余計だったかも。「あの人は外人じゃない=仲間じゃない」と思われてるのかも!本当にそれが理由だったらこんな褒め言葉もないよ。笑!

同僚の日本人の子、つらかっただろうけど、じぇらし~もたれてるくらい彼女はすばらしいんだと思う!いじめにあったらいい方に考えないと、本当に落ち込んで這い上がれなくなるからね。私も小さい時いじめたことがあるからなあ。やっぱり人に嫌なことするといつかかえって来るんだよ。でもこんな年齢でまたされるとはね~。前にも会社ではいろいろあったから始めてではないけど、まさか外人からやられるとはね!笑!国が違ってもみんなやることは同じだってつくづく思うよ。

またね!!!

No title

本当、お久しぶり!その日本人の子も、同じことされたのよ、彼女の目の前でほかの人には夕飯たべにいくでしょ、ねぇ、あなたもいくでしょ、いきましょうよぉーって。同じやり方すぎて笑ってしまったわ!

マレーシアからさんへ

笑!!!全く同じやん!!!同じすぎて笑える!

幼稚な人はそれからまず入って人をいじめるのかな?「あなたは私のグループじゃないのよ!」とはっきり言いたいのだろうけど、同僚だからそれは言えないからこういう姑息なことで差を付けようとしてる感じ。なんか、これが学生ならともかく、45のおばちゃん相手よ?情けないって思わんのかな?

同僚の子はどうしてたのかわかんないけど、私はもう彼女たちとは個人的に口聞いてないのよ。目も合わせない。こんな奴に割く時間はないと思ってるから。その代り他の子たちとは彼女たちが見えるところでバンバン喋ってるよ。私も大人げないけど!

No title

1週間もたって遅レスですみません(なんか最近ボーッとしていて)。。。逆に誘われなくてラッキーですよ(もちろん、目の前で”あんたは誘わないジェスチャー”は超ムカつきますけどね)。だって、結局、誘われて断ったら(だってそんな連中と付き合うのは時間の無駄でしょう?)、結局は、仲間じゃない=いじめ、になると思う。だったら、同じ行かないでも、誘われなかったからという方がすっきりするし。

とにかく、「お前ら精神年齢3歳かよ!私は、大人だから相手にしないの」と心の中で上から目線で仕事した方がいいと思います。全面戦争に入ると面倒になりそう。。。まあ、たまにキツイ嫌味ぐらいは言ってやってもいいと思いますが。

とにかく、気にしない!気にしない!バカは世の中どこにでもうじゃうじゃと生息しているので相手にしているとキリがないですよ。

Kさんへ

いえいえ、お気になさらず!励ましコメントありがとうございます!

2人のあほは相手にしたくないので目も合わせてません。スペイン人は私がコピーを取っていたら横に来て取り忘れコピーを探しに来たので渡してあげましたが、無言で渡しましたよ。目も合わさず。いつもの私なら話しかけるんですけどね。他の人には笑顔でわざとらしく二人の前で話しかけたりしているので、話しかけられてないことくらいもう自覚していると思います。朝の挨拶もしてませんから。って、どっちが子供やって感じですけど!

人生なんていつも裏切りと裏腹だと思うんですよ。だからこれからの人生またあるでしょう。おっしゃる通りあほは相手にしてられないし、私自身忙しいので、こいつらに怒ってエネルギーを使っている暇はないし、堂々としてますよ、オフィスでは!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.