R.I.P 天才、プリンス

2016年という年はいったい何なんだろう。

今年に入っていきなりでデビッド・ボウイが亡くなったと思ったら、次から次へと有名人が亡くなっている。シンガーだったり、俳優だったり、コメディアンだったり。。。毎月訃報を聞いている感じがする。昨日までに37人も亡くなってることになるらしい。http://m.heraldscotland.com/news/14440272.37_famous_people_we_ve_said_goodbye_to_in_2016/

昨日午後6時。アイリッシュの友達がWhatsappで「I think Prince is dead?」とメッセージを載せてたんですよ。うそやん!と思ったら本当でした。

昨日の朝、57歳という若さで天才プリンスはこの世を去りました。

PRINCE 1
今朝の新聞より。もちろん購入。特集はたったの4ページでしたが。。。


最近では病院へ緊急入院したり、亡くなる数時間前には薬局へ行く姿がTMZ(アメリカのゴシップサイト。かなり情報早いです。間違ってることもあるけど)のサイトに写真付きで載ってた。(この時点で週に4回も薬局に行ってたとか?)だから健康状態はここ数週間あまりよくなかったらしく、コンサートもキャンセルしてたらしい。

一か月前には50ページに及ぶ彼の思い出を執筆し完成させていたそうですね。昔は書くのを渋っていたそうですが。。。しかも4月16日のコンサートでは“Wait a few days before you waste any prayers.”とファンに言っていたそうですから、ひょっとしたら自分自身で死をわかっていたのかもと言われていますね。だったかもしれません。


余りに寝耳に水でショックだった私。デビッド・ボウイの時と同様ショックを受けましたが、彼が若かったせいもあってもっとびっくりしました。80年代アーティスト。。。また一人逝ってしまいました。このころに活躍した人ってやっぱり私の心にずっしりと深く刻まれているのですよ。中学生の頃、喜んで洋楽を聞いていたころ。青春時代を彼らの曲と共に過ごしたものですから。だからそんな彼らが亡くなったとなるとものすごく悲しい。人は誰でも死ぬんですけどね。


プリンス。。。私のプリンスに関した小さい思い出を書きたいと思います。プリンスと言えばやはり私はこちらのアルバム。

prince 1
昔はレコードかカセットしか売ってなかったなあ。。。懐かしい。(www.liveauctioneers.comより)

前にも言いましたかね?中学生の時、洋楽を教えてくれた友達がこのアルバムを買ったんですよ。でも電車の荷物棚に置き忘れ!ちなみに彼女は地元のお金持ちお嬢様。私は普通のお家の子。彼女からしたら私は貧乏人。彼女の家は土足で入れる居間がありましたからね。当時感動したもんです。

それはともかくそんな貧乏人の私を不憫に思ったのか、彼女がこのレコード全曲をカセットにダビングしてくれるっていうんですよ。だからレコードを電車に置き忘れたと言われて超がっかりしたのを覚えてます。しかし、彼女はお金持ちのお嬢様。数日後、ちゃんと買ってましたよ、プリンスの「パープル・レイン」アルバムを!カセットにダビングしてくれたお蔭で私は無料で何度も腐るほど聞けました。嬉しかったな~。ちなみに2011年にアルバムをCDで買いなおしましたけど。

そしてもう一つはやっぱりこちらですよ。彼を見たのがこれが最初で最後となってしまいました。最後まで行こうかどうしようか迷った末に行ったコンサート。行って本当に良かった。http://inutomchan0105.blog127.fc2.com/category8-5.html

当時撮った写真もまだPCに残してあるんです。月曜日の夜、ある仕事のために写真を探してた時についでに見てたんですよ、この写真が入ったファイルを。虫の知らせだったのかな。

IMG_1909.jpg

IMG_1919.jpg

IMG_1922_20160422075249ebf.jpg

こちらからコンサートの様子が少し見れます。懐かしいな~。2011年やったんか。。。http://www.joe.ie/music/video-wonderful-footage-of-prince-performing-at-his-last-gig-in-ireland/541369

私がギターに興味を持ったのも洋楽を知ってから。実はPrince and The Revolution時代、要はパープル・レインが出た頃、バンドでギターを担当していたウェンディー(Wendy Melvoin)がいました。いつもプリンスの横でギターを弾いていたんですが、超かっこよかったんですよ~。彼女を見て自分もギター弾きたい!となったわけです。(もう一人影響を与えてくれた人がいますが)そして中学3年生卒業間じかからギターを始めたのである。超へたくそでしたけど。

prince 2
青春時代を思い出す。。。(www.printerest.comより)


プリンス。。。ファンに怒られるかもだけど、Ugly/Sexyと言えばやっぱりプリンスだと思う。Aちゃんもよく言うし。この人には不思議な魅力があります。何なんでしょう?引き込まれる。

才能は飛びぬけてある。でもそれを超自慢するわけでもなく(だから天才なのよ)、好きな音楽に没頭し、特に80年代から90年代初めは大ヒット曲をたくさん飛ばしてました。人に曲を提供したり、自分でレコーディングをしたのを誰かがカバーして売れるなんて事もよくありましたしね。

特に有名なのはバングルスのマニック・マンデー、チャカカーンのフィール・フォー・ユー、シネードオコナーのノッシング・コンぺアー・ツー・ユーあたりでしょうか。シーラ・Eのこちらの曲も実はプリンスが書いていて有名。プリンスが彼女の師匠でしたしね。私は当時こちらの曲が大好きで腐るほど聞いてました。彼女も綺麗でかっこいいのよ~。今聞いてもすばらしい曲やわ~。



曲も書くし歌えるし、歌はうまいし、楽器もたくさん弾ける。ギターもうまい。ダンスもうまいし。何でもマルチにこなせる人でしたね。今そんな人いないでしょ?思いつかないもの。やっぱり天才でしたね、彼は。One of a kind. 業績もすごいし。

prince 3
(www.joe.ieより抜粋)

コンサートの報告記事でも書きましたけど、どうしても人間の匂いがしなかったなあ。。。宇宙人って感じ。人間の体では亡くなったけど、中身の宇宙人は実は健在で、違う体に乗り移っただけ。また20年後に天才ミュージシャンとして活躍するんじゃないかしら?とひそかに思っています。というか、そうなってほしい。

RIP、プリンス。安らかにお眠りください。そしていい曲をたくさんありがとう。これからも楽しませてもらいます。さようなら。

IMG_1930_201604220752505d2.jpg
(マラハイドのコンサートの最後の様子。ティファニー撮影。)



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

Nothing compare 2 uは本当に素晴らしい曲です。

と言ってもご本人が歌うのを聞いたことは一度もありませんが。ロックを知らない私ですが、某女性シンガーのDVDに収録されたものを時々視聴しています。

本当に美しい曲をありがとう。
心よりご冥福をお祈りします。

KKioさんへ

Nothing compare 2 は名曲の一つですよね。私も大好きですが、プリンスが歌うより、シネードが歌った方が全然味がありますよ。あの顔がドアップのビデオもシンプル出、彼女の感情移入がすごい。(お母様が亡くなった跡だったからだとか)だから歌自身の良さがものすごく引き立ったと思います。

こちらのとあるナイトクラブでも亡くなった当日の夜はダンスフロアーを紫一色にしていたそうです。それにしても次々と有名人が先立ってしまう不思議な年ですね、今年は。



Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.