あらあら、一週間で2度も!Brexit No.2

アイルランド、Euro2016の思い出話をアップする予定でしたが、変更します。

昨日のEuro2016のイギリス対アイスランド試合。いったいどれだけの人がアイスランドを応援していたであろうか。

アイスランドが見事勝利を収め、クウォーターファイナル進出決定!

euro 10
がっかりのイングランド。(www.the42.ieより)

イギリスに2ゴール決めて勝つなんて、すごすぎる。アイルランドより小さい国がこんなにすばらしいプレーがきる!プレミアリーグでプレーしてる選手は一人もいないでしょ?選手の一人は週末ガソリンスタンドで働いてるとか聞きましたよ。

イギリスなんて億単位の給料もらってるような一流プレーヤーといわれる選手たちが何人も出場。イギリスは人口も多いから選手をよりどりみどりですよ。なのにあのプレーはないと会社でも同僚が言っていましたが、まさにその通り。

ロイ・ホドソンは約4.6ミリオンポンドの給料もらってるっていう話。アイスランドのマネージャーってパートタイムの歯医者らしいですよ。っていうか、ロイはお金もらいすぎ!それであんな仕事でしょ?まあ辞めたのはわかるわ。

ということで、こんなのがFBにアップされてました。(ジョークですよ)

EURO 11 (FBより抜粋)


誰もがイギリスが勝つと思ってたんじゃないでしょうか?イギリスのメディアはすでに勝ったという前提で次の試合の話をしていたらしいですからね。

いつも思うけど、イギリスって自分たちはすばらしいとか人より優れてるって思ってるふしがある。自意識過剰だといつも思うんですよ。人の話も聞かないし、壁に向かって喋ってるのと同じだもん。だから今回負けて私はかなりうれしかった。(あくまで個人的意見ですので。イギリスファンの方には申し訳ないですが。)

それにしても一週間に2度もイギリスがEuroを出るとはねえ~。本当にEuroにいるのが嫌なんだ~なんてジョーク・コメントをネットニュースにしている人がいましたが、そう書かれても仕方ないわなあ。もう嫌なら一切Euroにかかわらんでもええよ~なんていいたくなる。(この件に関しては後日)

負けた後、FBには一杯イギリスをからかうジョークコメントやら写真やらが一杯アップされてました。まあされても仕方ないでしょう。あんなに一流選手そろえても勝てなかったんだから。何より選手は金のもらいすぎやと思うわ。だから負けてかわいそうという気は全くしません。

アイスランドって大人の人口がキルデアより少し多いくらいとかネットにかかれてましたが、本当に人口少ない中からの選抜だったわけですね。それにしてもよく勝ったと思う!応援していた人にとってはその甲斐がありましたね。もうこのままアイスランドには突っ走ってもらって優勝してもらいたいです。大国に負けるな!次回は私も彼らのようにこちらを着てパブで応援しようかしら。

euro 12
(Dublin's Q 102の FBより抜粋。Icelandという、イギリスの会社で、冷凍食品を扱うスーパーマーケットがあるんです。そこのプラスチックバックではないかと思われます)


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

イギリスボロボロですね、色んな意味で・・・。アイスランドって破たんした国でしたっけ?(と温泉の国という知識しかありませんが)イギリスの高い鼻もこれで折れて少し謙虚にならない・・・かなあ(笑)。確かに根拠のない自信がありますよね、Leave派の政治家も適当なこと言って票集めて、今訂正しまくってるらしいですねー、情けない。
今後ユーロ圏に移る会社多くなりそうですね、ニュースではフランス、ドイツ、アイルランドあたりが棚ぼた的に恩恵を得るのではとありました。

わ、ほんとだもう2018年の対戦相手が!2018年なんて気づけば来てるんでしょうね、そのころは4x歳か…生きてるかな(笑)

先駆者さんへ

おっしゃる通り、いろんな意味でボロボロ!勝手にボロボロになってくれるのはいいんですが、ヨーロッパや世界の経済を巻き込んでますからねえ。。。人種差別までしてるし!私的には本性現したな、って感じですけど!それにしても計画性なしですよねえ。

こちらでは棚ぼた的に利益があるとはあまり言ってないですねえ。(私が知らないだけかも!)ボーダーどうするんや、とかの心配のが多いです。トレード国No.1ですからね。ビジネスがやりにくくなる方の方が話題になってます。特に農産業が心配してます。

アイルランドは英語圏だし、法人税12.5%だから今後もっとこちらに海外の企業が投資するかもしれません。でも来てもらっても住むところないんですよ。住宅問題が。。。家賃高いし、家不足!それをクリアーしないと海外から来てもらっても長く居てもらえないです。そこを政府に何とか頑張ってもらわないとと私は思います。

2018年なんてあっという間に来ますよ!大丈夫、お互い生きてますよ。笑!!!

No title

Welcome Back !
ブログ再開されていたのですね。うっかりしていました。これからまた遊びに来させてもらいますね〜。アイスランドの対イギリス勝利、嬉しいですね〜!

私も思いますよ、イギリス人って他国より自分たちの方が偉いと思ってる雰囲気プンプンですよね。今回EUから出て、スコットランドも独立したら、ちっちゃ〜い国になっていい気味。今回の件では世界中に恥を晒しましたね。「自分の票が独立票とカウントされるとは思わなかった」とか何言ってるのか分かりませんよね。EU側も「早く出て行け」とか言ってるのも笑えます。

ファニーさんへ

コメントありがとうございます!復活しました!復活したとたんいろんなことがあって、書くことがあるのはいいんですが。。。

イギリス人。。。やはりそう思います?日本にいる時、某英会話学校でいやな先生(イギリス人)に出会ってからやっぱりあまり言いイメージがないんです。仕事でもたまに絡むんですが、彼らが絡んでくるとろくなこと無いんですよ。あ~またか~と思います。

メルケル首相はイギリスが離脱してからもいい関係を築きたいとソフトな態度でしたけど、フランスとスペインは早く出てけって言ってると昨日のニュースで言ってましたが、どうなるでしょうね。私が首相なら早く出てけと言ってますね。そしていいディールは絶対に与えません!与えてしまったら、他国も後を追ってしまい、最終的にEU崩壊しますからね。

アイルランド(エンダ)はイギリスのことも考慮には入れてるけど、アイルランド自身の利益もかなり考えているとニュースで言っていましたね。それでいいと個人的に思います。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.