アイルランドでヴィーガンになる?

皆さん週末はいかがでしたか?

私はまたまた忙しかったですよ。土曜日はドロヘダへ。昨日はとあるイベントへ行ってきましたしね。月曜日なのにもうすっかりぐったりですよ。

今日もまた食べ物のネタです。食べるの好きだからどうしてもこうなるんですよ。でも食ブログとしてはやっていませんよ!ということで本題といきましょう。

肉好きアイルランド。(だと思う)

どこのカフェやレストランに行っても肉のメニューがある。友達のお家におよばれしても肉が出てくる。Bさん家でもおよばれすると必ずと言っていいほど肉の食事が出てくる。

日本でもおなじですよね?家の実家もそう。うちは父が肉が食卓に上がっていないのが嫌な人でしたらら、小さい時から必ず何らかの肉が食卓に上っていました。日本に帰ると肉を避けるのはむつかしいなあと思います。牛丼、上手いし、焼き肉美味い。肉じゃがコロッケも美味いし。ラーメンにはチャーシューが乗ってるし。食べろ~うまいぞ~と言ってますもん。

実は最近肉を食べないようにはしているのです。とは言え外食時は食べます。例えばチョイスがない時とか、やっぱりステーキ食べたいなんて時もあるし、落ち込んだ時は歯ごたえのある肉が食べたくなるから食べるとか。でもできる限り魚をチョイスするようにしています。

自宅では肉を使った料理は半年以上してません。たまたま友達が来るからと餃子を一度作ったくらい。肉自体、買わないのです。

急にどうしたん???

と思っている方も多いでしょう。前に書きましたかね?今年の初めでしたか。Netflixでアメリカのドキュメンタリーを見たんです。Aちゃんの弟B君が見たらしくて、見た映画というのでタイトルが上がってたんで、どんなん見たんやろ~と興味本位で見たんです。

VEGAN 11
(dvd.netflix.comより)

内容は言いませんが、かなり興味深かったんです。そして想像通り、この中にAbattoir(Slaughterhouse)の様子がが出てきました。動物の扱いが雑で、足を引っ張られたり、逆さ刷りにされて泣き叫ぶ動物が食用になるために殺される。。。それを見て思ったんです。

私のために死ななくてもいい。

VEGAN.jpg
なんですよね。。。(バス停の広告より)

それから肉を買うのも食べるのも2か月ほどやめたんです。しかしサルディーニャへ行ってそれが見事崩れ去りました。このブログでもご紹介しましたが毎日肉、肉、肉!でしたので。肉を食べないとG君のお母さんに言ってもわかってもらえないと言われたし、実際ベジタリアンの人が来た時に肉を食べないといっているのにそれでも肉を出したそうですから!肉を食べない人がわからないらしい。

肉を食べるのをやめたら少し痩せたんですよ。しかし「あり得ない!」と友達に完全否定されました。もちろんダイエットを変えたからですけど、ほぼ毎日肉を食べてたのをやめるとやっぱり違いますよ。体もちょっと軽くなるし。お通じが良くなりましたしね。お蔭で野菜や魚を使ったレシピのバラエティーが増えましたし。いいことがあったんですよ。


じゃあティファニーはヴィーガンになりたいの???


いいえ。なりたいとは思いません。その前に無理です。卵大好きだし、蜂蜜食べるし、チーズ大好きだし。動物製品も身に付けますから。

ベジタリアン???

いいえ。なってません。マグロの刺身が大好きだし、魚食べますからね。ということで私は、

ペスクタリアン(Pescetarian)


にできればなりたいと思っています。


じゃあアイルランド人はどうなんだ???


実際ヴィーガンのアイルランド人には会ったことがないのですが、ベジタリアンは増えてきているというのは聞いたことがあります。ただ、やはりアイルランドで特にヴィーガンになるのは大変だと思う。

アメリカの大都市、たとえばニュースならたくさんヴィーガンがいらっしゃるようだし、スーパーでヴィーガン商品も簡単に手に入る。値段はわかりませんけど。ダブリンじゃあ最近やっと健康食品を扱うお店が増えてきたし、種類も増えてきたとはいえかなりお値段がする。それにヴィーガン用の靴やカバンなんてダブリンにゃ~売ってない。それにレストランやカフェに行ってももまだまだヴィーガンやベジタリアン用のメニューはは少ないのである。

ただ、聞けばちゃんと対応してくれるところはあるんです。海外からの観光客や仕事で来ている方でヴィーガンやベジタリアンの人が結構いるからでしょうね。実際Aちゃんの海外支店の同僚のヴィーガンの女性がダブリンに来た時、Aちゃんはかなり焦ったそうですが、実際レストランで聞くと特別に料理を出してくれるところがあり、全然大丈夫だったそうですから。ただ、ここはヴィーガンレストランですよ~とうたっているところが少ないんです。

しかし!最近数件新しくオープンしてるんです。明日はそのうちの一つをご紹介します。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

私もそんなかんじてす。 でも たまに肉食べるのでじぶんにその名前はなのれませんね。😀

rainさんへ

ヴィーガンになるほど気合は入ってないんですよね。読者の方から怒られそうですが。

ヴィーガンの人ってこれもだめ、あれもだめとなるのでかなり狭いところしか見れない人になるか。らダメよと友達が言っていましたが。。。その前に制限ばかりしてるから友達が減ると思います。

Bさんに肉は食べないようにしていると散々言っているんですが、昨日の午後、「今日はポークチョップよ。食べるでしょ?」と言われ、「食べないんですよ、ポークチョップは。」と言ったら「じゃあミートボールね、Ikeaの!」と言われ。。。魚がいいとは言えなかったんですよ。Bさんは魚が好きじゃないし、生徒には高すぎて出せないんで置いてないんです。なのでIkeaミートボールを食べてしまいました。意外と美味くてびっくりでした。

私もまだまだ名は名乗れません!でも努力します。

初めまして。在ダブリンです。いろいろ探して辿り着きました。面白く読ませていただきました(^ ^
Happy foodかな?ヨガにしばらく行ってましたがヨガだけのクラスは高いですよね。

さてさて、このNetflix の番組、映画かな?興味あるんですがかなりハードコアな感じですか?私はビーガンではないけど肉はなるべく控えています。

ぼうさんへ

こちらこそ初めまして。コメントありがとうございます!
ブログを読んでいただいて、とても光栄です。
ダブリンはいかがですか?

Happy Foodですが、前は夜もやっていたのですが、最近はランチしかやってないようです。

確かに、あそこ(Yoga Hub)のヨガはちょっとお値段しますね。スペイン人のMちゃんはあそこはクールだと言っていましたが、やっぱりクールでした?

番組ですが、そんなにハードコアではないですよ。見たくない場面も出てきますが、全部見せませんでしたし。大丈夫だと思います。なかなか面白いドキュメンタリーだと思いますよ。一度見てみてください!



返信ありがとうございます😊
では楽しみに観てみます〜
私は肉食べないようにしてるのは動物愛護の観点からではないのですが、最近はそんな気持ちもあります。特に豚に。夏前にfood coopの並びにある、もう一つマーケットみたいなとこありますよね、週末の。あそこでethical porkかな?
少数飼いで森みたいなとこで育てている豚を売ってる女性がいて(オランダ人だったかな…ゴメンなさい忘れました)割高だけど豚の写真も見せていて、食べたら美味しく臭くなく、また見かけたらサポートの意味で買おうかなと思ってます。なかなか小さい農家は経営が大変ですよね。
昨今の肉は、大量生産で安すぎと思います。

カムデン奥のヨガは確かに、先生も生徒もクールな、ヒップスター又はちょいヒッピーでした^ ^

ぼうさんへ

すみません、お返事が遅れました。

実はFood Coop,行ったことがないんですよ。日本人の友達の女性がよく行っていて、とても良いと言っています。隣のフードマーケットはThe Green Door Marketと言うんですね。あること自体知りませんでした。情報ありがとうございます!家からだとかなり行くだけでも遠いのが残念ですが。そこにポークのお店があるのですね。

臭くないっていうのはなかなか珍しいですよね。餌も相当他とは違うんでしょう。土曜日にしかいらっしゃらないようですね。http://www.thegreendoor.ie/ethical-pork

昔Bさん家にお世話になっていたアイリッシュの男子の実家がファーマーで、羊を飼っていたんです。彼がたまに実家に帰るとラムを持ち帰って来てたんですよ。ラムは臭いんで昔から嫌いでしたが、食べたら全然臭くなくてびっくりしました。

やっぱりファーマーとFace to Faceで買うっていうのは安心だし、何より美味しいですもんね。ファーマーズマーケット、大好きです。

Yoga Hubはちょいヒッピーですか。そうかなとは思っていましたので予想通りでした!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.