まだまだやる予定!?ダブリンバス・ストライキ

ダブリンにお住まいでない方で、ダブリンに用事がない方には全く関係ないことですが、今日もダブリンバスのストライキは行われています。明日から通常通り運行です。

bus 2
UTV Irelandのニュースより。

とはいえ、なんの合意もないので、このままだと来週か再来週にはまたストライキをやるらしんです。まあ再来週はやると聞いていましたが、来週は聞いてませんよ!

しかも来週木曜日はカルチャーナイトだから絶対に運行しないとだめです。だって、無料のシャトルバスを出すんじゃないの?彼らが。(今年は最初からバスは出さないことになってたの?もしかして)それなのにストライキをなんてあかんです。http://www.culturenight.ie/

とにかく、ダブリンバス利用者で一番影響を受けているのはこの私!と言いたいくらいな気持ちよ。会社で影響をたっぷり受けているのは私一人です。なので会社で数人からしか心配してもらえませんでした。)というか、私のことなんてどうでもいい人ばっかりなのよ、きっと)

昨日は結局Aちゃんに車で彼女の会社まで乗せてもらい、そこから歩いてルアスの駅へという形になったんです。しかし午前7時半前には絶対に家を出ない!と前置きされたので仕方なくOK。その時間に出たら絶対に会社に9時に着かないことは目に見えてましたけどしゃーないですわ。私のために車で会社に行くって言ってくれたしね。ありがたいじゃない?

しかしやはりそんな時間に出ては道路が混んでる。混み混みでしたよ。結局会社に着いたのは午前10時10分前。

超大遅刻。


Thank you for nothing, Dublin bus!!!!と言いたい気持ちでした。400,000人以上毎日使ってるらしいから、その人たちの大半が車を使用すれば道路が混むのは当たり前ですわ。

昨日超大遅刻だったためかわいそうに思ってくれたのか、遅刻は困ると思ったのかわかりませんが、会計士が会社に来るときにはタクシーを使って来てもいい、お金は出すと言ってくれたのです。おかげで今日はタクシー通勤でございました。ありがたい。

昨日の帰りはタクシーで帰宅。自腹です。イタリア語に行っていたおかげで道路はガラガラでございました。これが午後6時ごろだったら大渋滞に引っかかって、えらく料金がかかっていたことでしょう。今日は残業するんでまたタクシー帰宅ですわ。これまた自腹よ。お金かかってしゃあない。当分毎日ふりかけごはんランチですわ。

そんなダブリンバスのストライキ。

3月でしたか、ルアスのストライキがあってえらいもめてたのは。ルアスのドライバーには同情のかけらもなかったといえるくらい、一般住民からのサポートが少なかった。今回はどうだろう?Coyne researchという会社がこんな調査をしたそうな。(彼らのサイトから抜粋)

bus 3

やっぱりダブリンバスのほうがサポートする人が多い!でももっと多いと思ってたんですけどね。思ってたより少ない気が私はしましたが。そして内訳です。

bus 4

男性で55歳以上はサポートをあまりしてない人が多いのね。きっと「ごちゃごちゃ言ってないで働け!俺らのときはもっとひどい条件で働いたんやぞ!」と言いたいんじゃないだろうかと思ってしまいましたがどうでしょうか。


ちなみに私のような年間やマンスリーパスを持っている人はストライキが完全に終わった後、彼らのヘッドオフィス(オコンネルストリート)で返金してもらえるらしいです。どれだけとか詳しいことは知りませんけど。

水曜日までは彼らをサポートしたいと思っていたけれど、これだけ影響を受けるともうサポートしたくなくなる。ちなみに賃上げはドライバーだけでなく、オフィスで働いている人も入っているらしいですわ。

気持ちはわかるよ。でもね、世の中にはもっと悲惨な条件で働いている人がいるわけですから。安月給なのは私も同じだし。私だって給料全然上がってないんだから。ボーナスもないしね。残業代もゼロよ。残業は無料奉仕だから。14年働いてるけど、いまだに有給は20日しかないしね。あれ?私のほうが悲惨なんちゃう?


ストライキの日々がまた来るのかと思うと気が重いです。こんなんやったらとっとと休みを取って、サルディーニャ島でも旅行に行けばよかったわ。


それでは皆さん、良い週末を!月曜日にお会いしましょう。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.