ついでにモハーの断崖(The Cliffes of Moher)に行ってきたんです

皆さん、週末はいかがでしたか?

天気はまずまずでしたが、ぐっと寒くなりましたよ。一昨日初めてヒーター入れたしね。

寒かった週末でしたが、私はアイリッシュの友達のTちゃんの誘いで、国内旅行に行ってきたんです。

その場所のことは後で書きますが、そこから近いところにモハーの断崖(The Cliffs of Moher)があるんで、昨日ダブリンに帰る前に車でさっとTちゃんに連れてってもらったんです。

たぶん最後にここへ来たのは1999年だったんじゃないかな?あれ、一度Aちゃんと来てるかな???ということ自体覚えてないくらい昔に来たんです。

相変わらず綺麗でしたわ~。天気よかったから余計!初めて来たときは雨だったんですよ。だからあんまりいい思い出がなかった私。やっぱり天気のいい日に来るのが一番!昨日来た人はラッキーだったと思う。

DSCF2112.jpg
草入りで一枚。

DSCF2113.jpg
草抜きで一枚。

DSCF2131.jpg
本当、断崖。

DSCF2123.jpg
クリフと反対側の景色もきれいなのよね~。

牛もいっぱいいたわ。こんなにいた覚えなかったけど。雨だったからね、前回来た時は。

DSCF2129.jpg
幸せそうに草をついばむ牛さんたち。

実は最近モハーの断崖はちょっと変わったんですよ。って皆さんなら周知の事実でしょうが。

昔のビジターセンターがどんなだったかすら覚えてないけど、現在こんな風になりました。

DSCF2110.jpg
なかなかいいねえ、デザインが。

中もこんな風にこじゃれてたし。映像の部屋もあるし、ちょっと時間をかけて見るといいと思います。私たちは時間がなかったのでちゃんと見ませんでしたけど。カフェもあるし、お土産屋もあるし、いい感じでしたよ。

DSCF2106.jpg

入場料が6ユーロでした。まあまあしますね。駐車場が前にあった場所が現在はバスの駐車場になり、反対側に新しく乗用車用の駐車場ができてましたけど。

でもちゃんとすべてを舗装してないんですよね。6ユーロも払ってるのに、こんな中途半端にしか舗装してない駐車場に停めなあかんのか!と言いたくなるくらい。なぜ最初からすべてやってしまわない???これじゃあルアスの路線と一緒。最初からつなげるつもりで工事しろよ、と言いたくなる。そこがアイルランドらしいといえばらしいんですけどね。

しかも断崖には近づけないように石の壁ができてましたわ。

DSCF2119.jpg
石の壁の前で演奏するアイリッシュのおっちゃん。演奏上手でしたよ。雰囲気づくりに一躍かってたしね。

昔はなかったんですよ。だから近くまで簡単に行けたので、すごいアングルで写真が撮れたんですよ。

もちろん壁ができたのは落ちる人を防ぐためですけど、人の話によると、やっぱり自殺しに来る人がいるからというのも理由らしい。日本のどこかと同じですよ。ただニュースにはならないので(私の知る限り)、その人の話が本当かどうか定かではありませんがね。

だからか、ビジターセンターのトイレの戸(中側)にストレスを感じている人や、死を考えている人のためのヘルプラインのステッカーが貼られていました。こういうステッカー見るとちょっとドキッとして、旅行気分から現実に戻りますね。素敵な景色のところに来たのは間違いないけど、中にはそんな思いでは来ていない人が少なからずいるかもってことだし。

とにかく久々のモハーの断崖はきれいなところでした。天気がいいのと悪いのではえらい違いですわ。

この国が毎日こんな天気だったら。。。アイルランドの西側って本当に天気がいいと景色がきれい!ここからゴールウェーまでTちゃんに車で乗せて行ってもらい、私だけがダブリンに戻ったのですが、その途中の景色も素晴らしかった。(来月インスタ・アカウント開けたら載せますわ)

ダブリンファンの方に激怒されそうだけど。。。ダブリンが澱んで見えるわ。空気もおいしないし、街は汚いし、街のカモメはInner-City Birdでちょっと怖いから目を合わさないようにしてるわよ、私。上から落ちてくるフンにも気を付けなあかんしさ。とにかくダブリンって名前の由来は、

Dublin = Dubh linn = Black pool

やもんな。昔から澱んでたってことやんねえ?お金ためて西側の田舎に小さい家を買って、週末だけ住みたいわ~と思いました。

明日も国内旅行ネタです。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

私もモハーに行ったの大昔です・・・今のビジターセンターができた時に行ったのが最後、ということは2007年ですね(ビジターセンターができたのも)。

確かに昔は駐車場もただで掘っ立て小屋みたいなお土産屋さんが並んでました。その後ちょっとグレードアップしたビジターセンターが仮店舗でできて、それで今のができたと思います。

モハーは自殺の名所でもあるので(風が強いのであおられて落ちて命を落とす観光客もけっこういますが)、いのちの電話に関する情報が書かれたプレートとか崖のところにもあったと思います。ニュースにはほとんどならないです、自殺なんてカトリックの教えに反しますし、誤って落ちるのも外国人ですし(知り合いのアイリッシュ談)。
でもたまに地元紙とかに載ってますけどね。若い日本人女性もそこで一人亡くなっていると聞きました。

西部、南西部は本当にピクチャレスクなので、ここに一度住むと、ダブリンへ仕事で越しても、またすぐ西部が恋しくなって戻って来る人たくさんいるそうですよ、分かるかも!(笑)

先駆者さんへ

2007年にビジターセンターができたのも知らなかったですからね。当時は興味もなかったというのが本音です。

確かに強風ですもんね、あそこは。

崖から落ちた時はニュースになってるけれど、さすがに自殺はならないですよね。観光名所ですしね。そうそう、カトリックですから余計です。落ちるの外国人っていう部分には笑いました!!!絶対アイリッシュもいますよねえ。この間落ちた女性はアイリッシュだった気がするんですけど!

ああ、気持ちわかる。西は本当にいいですよ。人もいいし。ダブリンの殺伐さはないですから!

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.