アイルランド一古い!マッチメーキング・フェスティバル・イン・リスドゥーンバーナー第3章

午後11時からTちゃんが知っているある歌手が来て、このホテルで歌うというので、The Matchmaker Barを出てこちらに移動。

DSCF2088.jpg
The Hydro Hotel. Marcus White, Lisdoonvarna, Co. Clare。(日曜の朝撮影)

こちらには大きなパブがあり、そこではカントリーミュージックが流れ。。。

DSCF2061.jpg
踊る。

DSCF2062.jpg
そして踊る。

みんなくるくると踊るんで、なかなかいい写真が撮れませんでした。ここはやはり年齢層が高い。若者がほとんどいない。70代と思われる男性も、同じ年代の女性も誘うし、若い女性も誘って踊る。

年齢なんて関係なし

なのである。誘われたほうもよほどのことがないと断らないから、すごいおじいちゃんと若いおねえちゃん(30代くらい)が踊っている姿を見ることは珍しくない。日本ではまずありえない光景と言っていいだろう。

ではダブリンではどうか?

ダブリンでもないですよ。まずおじいちゃんたちは踊りに出るというより、自宅近くのパブで男友達とサッカーや競馬を見て賭けてお酒を飲むのが普通。女性を誘って踊ることはないと言っていい。それにダブリンはこれでも立派な首都ですから、たくさんバーやならナイトクラブがある。小さな町なら数件しかパブがないから、そこに行くしかない。となると、そこで踊るしかないということになる。その点の違いは大きいと思う。それに田舎は娯楽が少ないからダンスを踊るのが娯楽というのもあると思う。

話が脱線しましたが、このパブには若者が行くナイトクラブと、歌手などが特別に歌える部屋があります。どの年齢にも対応しているこのホテルは素晴らしい!

私たちはTちゃんが知っている歌手の演奏が始まる午前12時までほとんどの時間をカントリーミュージックが流れる大きなパブで過ごしました。ここでも何人かの男性(50代~60代後半くらい)に声をかけられ、仕方なく踊りましたけど。やっぱり一度踊ると、その後次々ダンスに誘ってくる。そしてちょっとでも目が合おうものなら、さ~っと目の前に来ますから。

ちなみに今回誘ってきた人の中にはゴールウェーやコークの人がいました。毎年来てるらしいですよ。一人で来ている男性も何人かいました。男性はいいよね、一人で行っても。女性の一人はちょっと勇気がいる。(と私は思う)

ちなみにナイトクラブは本当に若い子ばっかり!曲も流行りものばかりで、ちょっと私にはチャラい。というか、自分が本当に年を取ったと改めて思わせてくれた。だって、自分の子と言ってもおかしくない年齢の子が踊ってるんだもん~。それも超ミニスカートやら、胸が半分出るくらいの服着てるおねえちゃんがいっぱいいるし。さすがに勝てないから身を引くしかないですよ。(勝とうと思うほうがおかしい)

午前12時、Tちゃんが知っている歌手の演奏が始まりました!

DSCF2072.jpg

誰かわかりませんね。Buck Taylor(バック・テイラー)という人です。



アメリカ人ですけど、現在アイルランド人の奥さんと4人の子供とアイルランドに住み、アイルランド中を回って歌っている人です。この日はトランペットの人も一緒で、彼も歌ってました。むっちゃ歌美うまい!カントリーミュージックに飽きた私には新鮮!盛り上がりました。詳しくはこちらでどうぞ。http://www.bucktaylor.ie/

残念ながらバック・テイラーの演奏が1時間ちょっとで終わってしまったのですが、その後もまだまだパブではカントリーミュージックが流れ、みな踊りまくっていました。

みんな体力あるわ~。

感心するばかりでした。この後もTちゃんは夕方一緒にい踊ったおじいちゃんとその友達とも踊り。。。すっかり午前2時を過ぎてきました。

次はやっと(!)最終章です。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.