またトレンドになるか!?南から北へ、ショッピング・トリップ

Rip off Ireland.

先日、同僚が朝8時半からこんなことを社内で言っておりました。

まさに。

物の値段がどんどん上がってるんですよ。ダブリンの家賃と同様に。

ルアスやバスの運賃も12月1日から値上げしちゃった。毎年値上げしてますよ、毎年!会社で買ってもらっている(と言っても給料からちゃんと毎月天引き!)の年間チケットは据え置き。ちょっとほっとしたけど、来年は値上げしそうやわ。本当、給料上がってないのにいろんなものの値段が上がってきついわ。

ご参考にどうぞ。https://www.numbeo.com/cost-of-living/compare_cities.jsp?country1=United+Kingdom&city1=Belfast&country2=Ireland&city2=Dublin&displayCurrency=EUR

先日のブログで友達が北の方が安いからって大量にお酒を買いに行ったことを書きましたが、2009年くらいでしたか?一時アイルランドから北アイルランドへ大量に人が流れ、買い物していた時期がありました。またそういう時期が来ているようです。どれくらいの人が今年は南から北へ買いに行っているのか不明ですけど。

余談ですが、南は何でもお金が必要だ。言い換えればお金があれば何とでもなる。無料って聞いたらかえって疑うもん。北は違うらしいんですよ。南から北へ嫁に行ったアイルランド人の友達MAちゃんは北はいいよ~と言うんです。イギリス本土と同じシステムの部分もあれば、彼ら独自のシステムで住民をサポートしている部分もあるんです。

住民であれば、例えばNHS(National Health Service)。所得に関係なく全部無料!私がよく行くGPですが、これも無料。病院も無料。カウンセリングも無料。処方箋も無料!ホームヘルプも無料。家庭で使用するメディカル機器が無料だし、病院のベッドを家に置くのも無料。

彼女の子供は小学生ですが、すべての教科書は無料!例えばポストイットが無くなったら先生に言えば無料でもらえると言っていました。南なら自分で買え!と言われますよ。というか誰も聞かないでしょう。低所得の家庭の子供たちには学校からディナーが無料で配られるそうです。それは南でもボランティアでそれをやっているところがあるかもですけどね。

それにしてもGPと処方箋が無料っていうのは凄いわ。南でそれだったら私は一体いくらお金をセーブできる?羨ましいわ~。いい仕事があったら北に住んでもええわ~と思うもん。

それでも北の住民は文句言ってるらしいんですよ。南から嫁に行った彼女にしてみれば、何を贅沢言ってるの!南に一度住んでみなよ!という気持ちになるそうだ。北のどこかの街の駐車場が今まで無料だったのに50セント取るという話になったら、住民が大反対で大モメしたという話をしてたんです。

「ダブリンの街の駐車場なんて一時間で3ユーロ以上取るところあるわよ!」


と教えてあげたいと言ってました。そうなんですよ。南の人たちはそれを皆払っているんです。本当に高いんですよ。Aちゃんも車で街に行くときは長居しないように気を付けています。気が付いたら駐車料金20ユーロ!なんてことになりかねませんから。20ユーロで映画が2回見ておつりくるっていうの。(すべての映画館でというわけではありません)

外に出てみないと、自分のいるとこの良さが見えない事は多いけど、その典型的なお話ですわ。

さて、そんな北アイルランド。

南よりお値打ちなんでバス代払って行っても安いと思ってるんです。なのでヨガで着るスポーツウェア―とか買おうと思い、実は土曜日一人でベルファストに行こうと思っていたんですよ。同僚にダブリンにはない店、Hotel Chocolatでチョコを買うよう頼まれていたし。それにちょうどクリスマス・マーケットもシティーホールでやってるし、週末はセント・ジョージマーケットもやってる。あそこで買いたいフレイバーティーがあるもんですから、ちょうどいいなあと。

BELFAST 1
2014年の様子。

さあバスのチケット予約しなきゃ~と思ってはいました。約3週間前から。しかしいろいろと忙しくてすっかり忘れてしまい、先週金曜日の午後6時半に予約をしようとしたんです。(残業だったのよ)そしたら予約は出発前日の午後5時までしか受け付けないとなっており、予約できず。

予約出来なくても当日お金を払えばバスには乗れる。ただし満員じゃない限り。ネット予約した人がもちろん優先ですから。となると、朝早く起きて早いバスで行き、早いバスで帰らないとまずいかなと思ったんですよ。ちょうど現在はクリスマス・ショッピング真っ只中ですからね。特に週末は。

と、その話をたまたま私同様に残業していた、私の大好きなポーランド人のKちゃんに言ったんです。すると彼女が、

「Tiffany, DON'T GO THERE!」


なんで?人が多いのはわかるけど。ダブリンだってそうだし。詳しく話を聞いてみると、家族でベルファストに12月1週目の週末に行っていたそうなんです。しかしあまりの人で、店に入れない、またはレジで大行列だったらしく、並ぶのも嫌で結局何も買わずぐったりしてダブリンに帰ってきたそうなのだ。Hot Chocolatでは店の中に全く入れなかったと言ってました。

そんなに人で溢れてるの?ベルファストって???

あんまりイメージないなあ。

その上、物はそんなに安くないというんですよ。ダブリンと変わらなかったと。ええ!?と思いましたがねえ。ホテルは確かに最近高い。あほみたいに。朝食が付かないホテルが多くなったしね。でも上のリンクでも違いは明らかやし、他の人はみんな北は安いって言ってるし。同じ頭痛薬買うにも北の方が明らかに安いと同僚が言っていましたしね。掃除のおばちゃんまで話の仲間入りをして、「北に行っても大して安くないわよ~。週末言っちゃだめよ~。」と私に言うんですよ。

半信半疑やわ。なので来週月曜日に行って自分の目で確かめることにしました。その模様はまたブログでお伝えしたいと思います。ということで、月曜日のブログは急遽お休みさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

それでは皆さん、良い週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

北のの方のことは、来年行けたら訪ねたいと考えていますので、興味深々ですが、前に頂いたご返事で、小さな誤解がありましたので、また(しつこく)コメントさせて頂きました。

映画に詳しいとお褒め頂いたのですが、実際に映画を観るのは
念に数回で、他に時折DVDや古いVHSを見る位なのです。
某国とその国出身の人が出演する者しか興味が無いのです。だから、たいして知らないのです。
どうでもいいようなことですので、気に留めないで下さいね。

その映画の事で、ついでの話ですが、ルース・ネッガの別の
出演作のDVDが無いかチェックした所、その中に「Jimi」というのがあり、ジミ^・ヘンドリックスの伝記映画でした。
ロックに無縁な私が見るのは、ちょっとおこがましいかな、と
思って思案中ですが。ご覧になりましたか?
ネッガは来年のアカデミー賞もノミネートされるかも知れないですね。今年、アフリカ系が一人もいないと、問題視されましたし。

ついでにもう一つ嬉しい話。
来年6月にラグビーアイルランド代表が12年ぶりに来日してくれることが発表されました。
同時期に、British & Irish LionsのNZ遠征があり、主力選手は、そちらに行ってしまいますが、それでも先日テイファニーさんが観戦されたカナダ戦のメンバー中心の強いチームに
なるでしょう。今からわくわくしています。
2005年の時は、所用でTV観戦になってしまいました。
実は2009年にU20の大会が日本で開催され、その時のメンバー
のうちの数人(オマーニー、マリーなど)が今代表で活躍中です。その試合は、名古屋まで観に行きました。
オマーニーがキャプテンでしたが、彼はこちらに回るかも知れませんね。すみません。あんまり嬉しくてつい、だらだらと。

では、よいクリスマスと新年をお迎えください。
(ベルファスト便りも楽しみにしています。)

KKioさんへ

いえいえ。私から言わせていただくとKKioさんは詳しいですよ。アイリッシュが出演している作品は特に!私はかなり知りませんのでいい情報だなと思っているのです。いつでもぜひぜひたくさんコメントに書いてください。お待ちしております。

来年6月にアイルランドラグビーチームが来日ですか!!!!素晴らしい!それは楽しみですね。アイルランドチームが日本で韓S年出来るなんてあまりない機会ですから。ぜひその際にもまた感想などお待ちしておりますよ。だらだら書いていただいてもかまいませんので!楽しみにしています。

明日ベルファスト行ってきます!その前にGPに行かないといけないのですが。明日はむちゃくちゃ忙しくなりそうです。またブログにアップしますね。KKioさんも楽しいクリスマスと新年をお迎えください。



Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.