博多駅前陥没、一週間で復旧に何を思う、アイルランド人

ちょっとネタが古いですが。。。

博多駅前の陥没。映像を見てびっくりしました。とにかく怪我人がいなくて本当によかった。不幸中の幸いでしたね。

今週火曜日でしたか。FBを見てたらRTE Newsが復旧に1週間!という驚きの速さであったという記事を載せているのを見て、またまたびっくり!

こちらのリンクからRTE Newsの記事と映像が見れます。https://www.rte.ie/news/2016/1115/831871-japan-sinkhole/

こちらはYoutubeの映像。もう皆さん見てらっしゃるから今更ですけど。


日本人の私ですら復旧の速さにびっくり!中にはそんなの想定内だ!なんて言っている人をネットで見ましたけど、私はそうは思わなかったわ。とにかくあれだけの陥没を1週間でさっさと復旧なんてやっぱり日本人はただものではないと思いました。日本は国がすごいという人もいるけど、実は人がすごいんだということを言っている人をネットで見ました。まさに。120%同感です。


このニュースにアイルランド人は何を思ったのだろうか。。。同僚やAちゃんに聞きました。


やはりあまりの速さに驚いていましたわ。ついでにネットも拝見。いろんなコメントが載っていました。大体予想はつくでしょう。例えば。。。

1)彼らに来てもらってLuasの工事をしてもらう

2017年に完成するはずなんです。でも私の予想ではもう一年先になると思いますね。いまだに二人で作業してるのを4、5人でしゃべりながら見つめてる場面を見ますしね。相変わらずですわ。のんび~りやってる感じ。

この工事のおかげで北も南も交通渋滞ですよ。バスに乗って通勤してる者(私)にとってはたまったもんじゃないのである。やっぱり彼らに来てもらって工事してもらおうよ。ちゃっちゃと完璧なものを作りますって。

それにしても最初から南と北をつなげるようにLuasラインを作ればいいものを。。。予算不足だったのか?ようわからんわ。

luas 1

いつまでこんな状態なのか。ドーソンストリートの様子。昨日の夜、この道路は現在一車線しかないのに、タクシーが思い切り道の真ん中で停まり、お年寄りの乗客を降ろしていたため、大渋滞していました。現在のダブリンの街はバスに乗るより、

歩いた方が早い。


2)プラン立てるだけで半年かかるんとちがう?

だろうね。ああでもない、こうでもないとなり。。。でしょう。業者同士がもめるかもしれないしね。

3)もしこんな穴ができても、埋めるのに一年以上かかる

だろうね。田舎のほうに行くと道路ががたがたなところがいまだにいっぱいあるしね。修理せんのかい?と思うもの。

4)工事は遅れ、予算オーバー


国は「膨大な費用が掛かる=税金上げて、賄おうとする」であろう。ちなみに予算オーバーはしょっちゅうみたいですしね。

5)何もしない

可能性はある。実際、去年の冬でしたか、洪水でむちゃくちゃになった地域があるんですが、国はまだ全く何の対策もとってないらしく、また大雨が降れば同じ目に遭うだろうと住民が不安がっていました。もうどこから手を付けていいのかわからない状態なんだろうな。お金もかかるし。かけるお金もないのかもしれない。

はっきり言って、アイルランドに限らず、大半の国では一週間で直してしまうほどの勢いはないであろう。

ステレオタイプかもだけど、やっぱり日本人はすごいというところを世界が目の当たりにした出来事だったと思います。

それでは皆さん、良い週末を!月曜日にお会いしましょう。それにしてもダブリン、さっむいわ~。

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.