ボーダーライン

「ボーダーライン(Borderline)」と聞くと、私と同年代の女性はこちらを思い出すかもしれませんね。



と言って、マドンナを語るわけではありません。高血圧の件です。

「ボーダーライン」だと昨日の朝、GPに言われたんです。例の血圧24時間モニターの結果を見せたら。

昨日はベルファストにも行っていましたが、行く前にGPに寄ってからベルファストへ行くという、ちょっぴり強行スケジュールでございました。

薬局で借りられる(お金要ります)血圧24時間モニター。こんなもんです。腕に付けるやつはお馴染みですよね。

BP 1
ちなみに腕は私の腕です。太い腕ですみません。

そしてモニター。付けた状態で撮ったので角度が変ですが。

BP 2

腕に付けたやつから黒いチューブが出ているんです。それをこちらのモニターに繫げる。モニターはポケット付きのベルトに入れて、腰に巻くのだ。30分に一度測ってくれるのである。それが記録され、薬局の人が一日経った後、結果をプリントアウトしてくれるのである。もちろん付けながら寝ないといけない。お風呂は入りたければもちろん外して入らいといけません。

ホーダーラインのことは後で書くとして。。。実はこの血圧24時間モニターを巡っていろいろあったんですよ。

1)借りに行ったら貸してもらえなかった

薬剤師Mさんから連絡があり、2週間前の月曜日に行くことになったんです。でも、翌日は約2年ぶりに会う友達二人と夕食に行く予定になっており、夕食中に測りながらながら食べるの嫌やなあ~と思ったんです。しかも途中で抜け出して返しに行かないといけなくなるのも友達に悪い。なので日にちを変えてほしいとお願いするも先客ありで無理。「なぜ月曜日は無理なんですか!」と半分怒り気味の薬剤師Mさん。仕方なく月曜日に行ったのです。

しかし、その日、薬局のシステムがダウン!借りに行くも、モニターはネットに繫げて結果を取るので無理だとのこと。でもさ、私が行くってわかってるんやったら電話の一本くれてもええやん~。わざわざ来たのにさ!ということで帰されて仕切り直し。翌週になると言われた。

2)Invalid?

連絡が来て先週月曜日に行きました。薬剤師Mさんに薄いシャツの上からやると言われたんで、女性の薬剤師に装着してもらう時にそうしてもらったんです。(この時薬剤師Dさんが代わりにいました)変ですけど。ちゃんと膨らんで、図っている音がしてましたが、その時に誰もモニターを確認せず。私はモニターには時間しか出てこないと思っていたので、見ることもなく1日装着。

翌日薬局へ。すると薬剤師Mさんがおり、データーが取れない、Invalidと出てるというんです。

なんじゃそりゃ!!!

こんなのは今の今まで一度もないと言われ、とにかくモニターを作っているメーカーに電話して聞くと言われ、帰されました。一体何のために一日付けてたんや。

3)3度目の正直

その後電話があり、メーカーにもわからないと言われたのです。ということでやり直し決定。

また付けるん?も~~~~!!!

とF語抜きで薬剤師Mさんに言いましたが、やらないといけないのでやるしかない。結局水曜の午後7時から木曜日の午7時後まで付けました。ちょうど水曜日はヨガが休みだったので良かったのですが、木曜日がいかん。イタリア語。最終クラスの日。

最終クラス=テスト

なのだ。よりによって、テストの時に付けやなあかんって。。。余計血圧上がるやん!!!(実際上がっていました)

しかもモニターが音を立てるので、し~んとしているところでは丸聞こえ。テスト中、謝りながらテストを受ける羽目に。もちろん皆さんにはテスト前に説明いたしましたし、気にするなと言われましたが。

結果、3度目の正直でモニターはちゃんと動き、結果もきちんと取れておりました。51回測り、51回成功だったそうな。普通は10回は読むのに失敗するらしいですけど。そして肝心の結果ですが。。。


薬を飲むほどではない。


この時にいた薬剤師Dさんにそういわれたのですが、GPにも同様のことを言われました。しかし、ティファニーの血圧は現在

ボーダーライン。

やっぱり高めではありました。モニターの結果からどうもWhite-coat effectがあるというのがわかりました。つまり、白衣を着ている医者を見ると血圧が上がることです。装着した時が一番高かったんです。

GP曰く、頭ではわかっていても、心臓が初めてのことだと焦るようですわ。だからバクバクなり、血圧が上がるんだと。父も同じ。すぐ焦ってパニくるんです。父の血をすっかり引いているわ。

GPは血圧が高めの私のような人には必ず運動しているかどうか聞き、していないと、彼らに毎日少しでも走るように言うそうだ。

最初は心臓が慣れないので、バクバクで息も上がる。でも続けると、心臓も鍛えられるし、慣れるのでバクバクしなくなるらしい。心臓もトレーニングできるわけですよ。なので現在ヨガをやっている、1週間に2回通い、家でも時間がるとやっていると話したら、ぜひ続けるようにと言われました。

そしてやはり塩。いろんな食品には塩が入れれていますよね。まさか!と思うようなものにまで。私の個人的意見ですが、その一つは、

ツナ缶。

日本のは知りませんが、いつもLdleのを買ってたんですよ。ツナは体にいいと思い、結構食べてたんです。しかし、ある日表示を見たら、えらい塩が入っていてびっくり!オイル漬けの方がやはり塩が少ないんですよね。(Lidleのやつは)もうとにかうびっくり。まさに、

Hidden Salt

ですよ。GPも言ってたけどこういう食品は一杯ある。今まで私がカロリーばかりに目が行き食塩を気にしてなかっただけ。これに気を付けないといけませんと言われました。要はそれが嫌なら自分で作れってことですよね。ツナ缶で言えば、自分でマグロ釣って解体して食べた方がいいってことと違う?それは無理やけど。

血圧24時間モニター。

めんどくさいです。測る時間を忘れて人と喋っていると話を止めてじ~っとして測らないといけないので。失礼な奴と思われてしまうのですよ。道を歩いているときは歩くのをやめるようにも言われましたし。

しかしだ。

このモニターのお蔭で自分の血圧の動きがよ~くわかった。夜には血圧がかなり下がるのも確認できた。下がってないとあかんらしいんです。下がってない=心臓が休まってないからだとか。(薬剤師が言うには)お蔭でかなり今回のことで勉強になった。

と、ここで終わってしまっては意味がありません。

人の付き合いもあれば、ブログの取材と題して、塩分が高い物や甘いもの、食べ過ぎなどはします。皆さんはわかりませんが、たまには欲望に負けて食べることもある。人生短いから!という言い訳で。しかし今後もヨガをやり、体を動かすようにして、塩分を控えめにすることは当分続けたいと思います。

目指せ低血圧!(低血圧もいかんのですけど、それくらいの気持ちでということです)

ちなみに3度も薬局へ足を運んだので、借りるのに45ユーロのところを25ユーロのまけてもらいました。


明日はブログのお休みを返上してベルファストのネタを書きますので、よろしくお願いいたします。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

本当にお疲れ様でした。
私は、塩分を摂る派(海から摂れた本物)ですが、いろんな説がありますね。外国で健康に気を使っていくのはとても大変そうで、ティファニーさん尊敬します。ヨガ頑張ってくださいね。
アイルランドから羊と塩の塊のようなソーセージとブラックプディング・ベーコン奪ったら私の大好きな懐かしい食べ物の臭い香り(笑。大概の日本人学生が羊を好まなかったので)ティファニーさんのブログから香りがしなくなる~~と心配しておりますが、健康第一。ご自愛してくださいね。

シャムロックさんへ

ありがとうございます。

こちらに住む日本人の友達が食に詳しいんですよ。彼女曰く、日本人は食塩を取ったほうがかえって心臓にいいと言っていましたけどね。もちろん取りすぎは厳禁!

一人暮らしでつい作るのがめんどくさくなって出来合いのものとか買うことが多かったんですけど、えらい塩分なんですよ。赤い表示で。これを平気で買って食べてたら、それも16年もやってたら高血圧になるのは目に見えてると思いましたね。

日本人の男友達も高血圧らしくて、二人でアイルランドに長く住むと高血圧になる可能性が高いことで納得しました。日本にいる時より、人付き合いの機会がものすごく多いのもありますね。若い時は飲みすぎたりもしましたし。45過ぎるといろんな問題が出てきますわ。

こちらの人は確かに塩の塊のようなソーセージとかよく食べます!肉肉塩塩してるかもです。美味いんですけどね~。私もラムはいまだに苦手ですね。ほとんど食べません。羊ちゃんが走ってる姿が頭に浮かんで余計食べれなくなっちゃいます。

大丈夫ですよ。取材のためとして、いかにも体に悪いものを食べることはありますので。いっぱいこれからも、一部の人の言うことは気にせず(大半の人の意見だったりして!笑!)食べ物ネタは載せますのでご安心を。

ヨガ、頑張ります。励ましてくださって、ありがとうございます!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.