RIP, George Michael (ジョージ・マイケル)

皆さん、楽しいクリスマスをお過ごしでしたでしょうか?

今年のクリスマスは人生の中でも忘れがたい日となってしまいました。

「ジョージ・マイケル、突然の死」がクリスマスの日に訪れたからです。誰が一体予想していたでしょうか?ノストラダムスやババ・ヴァンガですら予想できなかった彼の死。

IMG_0093.jpg

午後11時6分、Whatsappにアイリッシュの友達のANちゃんが、

"Mad News.. George Michael has died!"


私はちょうど携帯を手元に持っておらず、このニュースを知らず。リビングでテレビを見ていたんです。チャンネルを変えたら、ジョージの死のニュースをやっていてびっくり。友達がWhatsappしたかなり後に知ったのです。

みんなAちゃんを心配していました。彼女がジョージの大ファンというのは周知の事実。彼女の理想の彼はジョージ。Whatsappに"I'm devastated. Just heard"と書いてから、こんなこと書いてました。

"Well I was slightly obsessed with him and was convinced he'd be mine one day. How wrong was I!? I was thinking of the night we were all watching him on Parkinson coming out when we were in Edinburgh. What a singer though."

Aちゃんの思い出ですね。。。

ジョージは私の青春の思い出でもあります。Wham!は私が中学生のころ、むちゃくちゃ人気がありましたから。でも私はDuran Duran派でした。とは言え、彼らの音楽は好きでした。彼らの2枚目のアルバムはカセットで持ってますしね。アルバム、The Finalも持ってるわ。実家にしかないけど。

GEORGE 3
これこれ!これのカセット版持ってたのよ。(eil.comより) 

日本ではWhamのコンサートに行ったことはないし、ジョージがソロになってからも見たことがありませんでした。しかしアイルランドに来てくれたのでその時に3度見ました。

1度目はRSDで。2007年6月。25 Live Tour。この時は確かAちゃんと見に行ったんですが、コンサートは二日間あったので、Aちゃんは2回見てます。この時、日本人の友達と旦那さんも来てたんですよ。会場で会ったんですが、旦那さんがジョージ嫌いで、ゲイやとか友達の横でぶつぶつ言っていたのを思い出しました。友達が可哀想やな、と思った記憶があります。まさか、ジョージにやきもち焼いてたのかしら!?

2度目はThe Pointで。(現在の3 Arena)この時も25 Live Tour。2007年8月。この時は確かAちゃんとTちゃんと3人で行ったんですよ。

Tちゃんの横のアイリッシュ女がTちゃんにぶつかって踊っていたらしく、Tちゃんが突然、彼女の後ろで見ていた私の腕を掴み、
「場所変わって!」というんです。理由も言わずに。そしたら私にぶつかりまくってくるんでなぜ私に場所を変わってほしかったのか理由がわかりました。でもTちゃんが失礼やとその時思いましたわ。一言言ってくれりゃあええのにさ。

結局私も隣の女にムカついてきたんでわざと大袈裟に踊り、隣の女が地面に置いていたバックを思い切り何度も踏んづけてやりました。やめてよ!とその女が言ってきたけど、英語がわからない振りしました。外国人カード使っちゃったわ。ふふふっ。

そして最後。2011年11月。The O2で。(現在の3 Arena)その時の記事はこちらです。http://inutomchan0105.blog127.fc2.com/blog-date-201111-8.html

その後ジョージがアイルランドに来てコンサートをすることはありませんでした。2012年10月17日を最後にコンサートでは歌っていなかったジョージ。

ヘロインやってるって言われてるし、お酒もかなりやってたっていう話。プライベートでいろいろ問題を抱えていたと言われていますね。亡くなる前に撮られた写真ではかなり体重が増えて、オーラが無くなった上に健康そうに見えないジョージが写っていて。。。悲しくなりました。Aちゃんも「どうせヘロインのせいで死んじゃったのよ。」と昨日ポツンと言っていました。まだ死因が発表になってないので何とも言えませんが、ドラッグのせいでとかお酒のせいでなんて言う死因じゃないことを願っています。

とにかく彼はやっぱり素晴らしいシンガーだったと思う。音域が広いね~。いい声してるし。VH1やMTV Classicでは彼のミュージックビデオが流れていました。26日から。昨日も一日中流れてたしね。さすがに見すぎて飽きたわ、ファンのみなさんテレビ局の人には悪いけど。

皆さんは彼のどの曲が好きですか?

私はWham!時代はやっぱりこれ。ジョージの白のスピード(Speedo)が目に焼き付いて。。。これがなかなか似合う人はいないのよね。



ソロになってからはこの曲。Freedom '90。オリジナルのミュージックビデオは有名モデルたちが出てくるだけのやつです。



でも一番好きなのは実はこの曲。Mary J Brigeとコラボのこの曲、AS。実はクリスマスの日までこの曲のオリジナルがスティービー・ワンダーだとは全く知りませんでした!本当、何も知らんなあ~私。情けない。



ネットにはたくさんジョージのニュースが載っています。かなりジェネラスな方で、テレビのクイズ番組でもらった賞金などを寄付しているのは周知の事実だったようですが、クイズ番組に出ていた人に寄付したり、バーの女の子にお金をあげたって話もあるし、曲の売り上げ(確かDon't let the sun go down on me。2ミリオンパウンドとか?)が寄付されていたそう。そういうのは公表しないように周りに言っていたそうで。。。

私、そういう人って品があると思う。寄付を自慢する人や、してやったりの顔の人は好きではありません。品がないと思うもの。ジョージ、さすがやと思うし、人間性が出てると思う。

今年のデビッド・ボウイやジョージの死で特に思ったんです。

これはあくまで個人的意見ですし、負け惜しみでも何でもありませんが。。。結婚しているかしてないか、子供がいるかいないか、金持ちかどうか、いい仕事をしているかどうか、いい家に住んでるかどうかで勝ち組・負け組なんて分けている世の中の人がたくさんいると思う。いい大学出てるとか良い就職先かどうかなんてことでも勝ち組・負け組って分ける人がいますよね。そして自慢する。私もそういう目にあったことがたくさんある。

私は本当の勝ち組っていうのはそういうことではなく、亡くなった時に「あの人いい人だったね。」と言って家族や多くの友人に(有名人の場合はファンにも)惜しまれて送り出してもらえる。こんなに幸せなことは人としてないと思うし、そういう人が本当の勝ち組なんじゃないかと思うのです。そして自分もそういう生き方がしたいと思う。デビッド・ボウイやジョージのような才能はないけどね。

RIP, ジョージ・マイケル。素敵な音楽をありがとう。安らかにお眠りください。

GEORGE 4
さて、久々CD聞こうかね。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごいおひさしぶりです。私も突然のことで、涙涙でした。本当に、たくさんのいい音楽を作ってくれたジョージに感謝です。

コンサート楽しかったね。うちの旦那にブログの話をしたら、よくそんなこと覚えてると、ブログの内容に爆笑してました。でも、もちろん彼も悲しんでます。

それでは、よいお年をお迎えください。また、ブログ楽しみにしてます。

アンちゃんへ

ものすごくお久しぶり!コメントありがとう。

あまりに突然だったから余計だったと思う。

うん、あの時のことはむちゃくちゃ覚えてるよ。すごいぐちゃぐちゃ言ってたから、ファンのアンちゃんが可哀想だって思ったのよ。私も実はあまりいい気がしなかったからよく覚えてるってのはあるよ。笑。それも今となってはいい思い出だよね。

アンちゃんも良いお年を!来年もブログ共々よろしくお願いします。



No title

本当に突然でしたね。何気に同級生で、若くして世界にブレイクされたシンガーだったのかとも驚きました。
確か20歳前後でした。たった1か月のアイルランド滞在から帰ってきてせつなくて英語に飢えていて、DURAN DURANやWAM!U2を聴いていました。
あの素晴らしい声。まだまだ現役でいて欲しかったですね。
素敵な青春の思い出をありがとうと世界の方が思っておられることでしょう。
RIP...

シャムロックさんへ

同級生だったのですね。まだまだ若いですよ。なのに。。。ショックですよ。そうですね、若くしてブレーク思いきりした人です。そうすると青春時代っていうのを体験しないんで、心を病んでしまう人も多いですよね。

80年代ってバカにする人も多いけど、あの時代の曲が一番いいと思うし、今の基礎を完全に作ってると思います。今はダンス曲調が中心で、歌詞も繰り返しで意味がないものが多いからかる~い感じじゃないですか?(それを悪いとは言いません!)飽きちゃうんですよね。やっぱり古い人間なんで80年代が大好きです。

本当に才能豊かなシンガーソングライターを亡くしましたね。。。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.