今年こそは!大晦日&新年の過ごし方計画

皆様、明けましておめでとうございます。

大晦日、そして元旦はいかがでしたか?まだお休みの人も多いでしょうねえ。私は今日から仕事です。9時-5時です。やる気ありません。

今日はちょっと寒いダブリン。冬だな~という感じです。じと~っとした、こちら独特の冬です。最近少し暖かかったので、これが本当の冬だということを忘れていました。そして今日はヨガに行くのに、タイツを持ってくるのを忘れてしまいました。しゃあないので、近くのスポーツ用品店で買いました。一昨日アマゾンで買ったばっかりやのに。2017年しょっぱなからこんなんですわ。どうなるんやろ、今年。。。

さて、みなさんはどのように年末年始をお過ごしになられましたでしょうか?世界の大都市では新年に花火を打ち上げますよね。ほかの都市のは見てませんが、ロンドンのはテレビで見ました。ものすごく豪華で綺麗でした。

fireworks 2
ビッグベンをバックに。

fireworks 1
ロンドン・アイをバックに。

fireworks 3
ロンドン・アイからも打ち上げられていました。

テレビから撮った写真ではいまいちですよね。こちらからどうぞ。


この花火を見て、さすがイギリス!さすがロンドン!お金がある国&都市は違うね~と思いました。花火のバックグラウンドに流れていた音楽も良かった。プリンスの1999が最初に流れて、「え?イギリス人と違うけど?」と思ったけど、2016年に亡くなった方のトリビュートでもあったのではと思います。音楽はイギリス人の物ではない、流行った曲もかかってました。とにかくやることがお洒落ででかい。12,000の花火が上がったとネットニュースに出てました。

テロが心配されていましたけど大丈夫でしたね。午前3時までに33人逮捕されたらしいけど、テロでではなかったそうで。見に行ったことがあるAちゃんのおじさんは花火は素敵だけど、人が多いし、喧嘩があちこちで勃発して嫌だったと言っていたらしい。

でもこれ見たらロンドンに行って見たくなりません?たぶんたくさんの人がそう思ったと思う。いい観光宣伝になってるわ。さすがに1.8ミリオン・ポンドもかかってるだけある。(と、ネットで見ました)来年見に行こうかとAちゃんとBさんと3人でテレビで花火を見ながら話しておりました。だって、あまりにダブリンが退屈なんですもの。

毎年思うけど、ダブリンってNo New Year Spirit。

同僚もおもろないと言っていたので私だけではないのは確かだ。

ダブリンではここ何年か新年に花火が上がっていません。ミレニアムのときには上がってましたけどね。そのとき病気やったから見に行けなんだのよね。

花火が上がらないのはお金がないというのがあると思う。その上、大金出すスポンサーがいないんでしょう。でもロンドンのように大規模じゃなくてもリフィー川、カスタムハウスのあたりで小さいのが上げられるはず。昔はあの辺りで花火を上げていたことが何度もありましたし。それくらいのお金はありそうなもの。

上げない理由はたぶん花火に何千万と使うと、ホームレスの人がいっぱいいるのになぜ彼らのために使わない?とか、そんなお金があったら犯罪防止に使えなどなど住民から言われ、政府が批判されるからだと思うとBさん。なるほど。お金がないだけではないんだ。でも新年くらい花火を上げて新年の雰囲気を盛り上げてほしいものだ。

ダブリンで何があったかというと、大晦日のお昼頃から街の各所で音楽の演奏がありました。そして各ナイトクラブはニューイヤーズパーティーを開いていました。パブも普段はナイトクラブのようにお金を取らないのに取っているところもありました。お酒も値上げしているはず。(これは他の都市でも同じでしょう)そしてセントスティーブンスグリーンではNYEコンサートが行われました。

ロンドンは雨が降っていませんでしたが、花火が上がっていたころはこちらは雨。雨の中をコンサート見てた人が大勢いたわけです。ご苦労様やわ~。

ちなみに馬鹿リビア人も友人とこのコンサートに行っていたらしいが、翌日Bさんに公園で花火が上がるはずだったのに上がらなかったと言っていたらしい。誰が花火が上がると馬鹿に言ったのであろう?ロンドンと間違えてたんじゃないか?どう考えても公園で花火は上がらんでしょう。そんなことしたら公園が大火事になる可能性大よ。

たいして特別なことがないので、特別感がゼロの退屈なダブリンの大晦日&新年。私にとっては気分的には普通の週末とあまり変わりがない。しかも今年のテレビ番組もしょぼくて見るものがまったくなかった。Bさん宅でBさん、Aちゃんそして私の女3人がつまらない年末年始を過ごしてしまいました。しかもAちゃんと私は風邪引き女。

日本の正月がやっぱりええわ~!!!

16年以上アイルランドに住んでいても、やっぱり私は日本人。年越しうどんを食べ(そばが好きじゃないので)、紅白を見て、翌日はおせち食べて、お雑煮たべて、神社へ行き、屋台で馬鹿高いクレープを食べ、くだらないと思いつつもお笑い番組を見て初笑いしたいのである。でも仕事上の理由と飛行機のチケットがばか高いという理由で日本には帰れません。

ということで今年は早い段階から大晦日&新年の過ごし方を計画しようとAちゃんとBさんと3人で決めました。ロンドンに行くかもですよ。1999年以来行っていないロンドン。入国審査がいややな~。長蛇の列だもんね。ヒースローからは入らないようにしないと。

それか食事に出るとかでもいいわ。ちょっと高いレストランでこじゃれたディナーね。家にいてくだらなすぎる番組を見るよりはずっといい。そして今年の年末年始は風邪を引いてしまわないように気を付けないと。

パリは面白くなかったし、お酒がえらい高くて二度と行きたくないとAちゃんが言うのでパス。ほかにどこがいいかなあ?いい案がありましたら是非アドバイスお願いします。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

明けましておめでとうございます。。。そうなんですよね、退屈ですよね日本のお正月に比べるとアイルランドや他の国は。
日本はやることがたくさんあるけど、アイルランドは飲むしかないし、TVはいつも同じクリスマス映画だし(苦笑)。首都で花火上がらない国は珍しいですよね(笑)。
スキーとかスノースポーツが好きな友人はオーストリアとかスイスとかでアプレスキーしながら年越しするって言っていました(豪勢な)。NYで年越しとかする子もいて、みんなお金あるんだなあ。
正月に日本へ帰ったこともあるんですけど、親せきからデリカシーのない質問攻めにされたり会ったことがない親せきからお年玉やお土産催促されたりする上、時差ボケで疲れているのに夜通しカラオケや飲み会やらに付き合わされるので、日本も嫌だな。。。で行くところがありません(笑)

明けましておめでとうございます。

ロンドンで年越しいいですね〜。ちなみにアイルランドからロンドンに飛行機で行く場合はヒースロー、ガトウィックともに入国審査はありません。国内旅行扱いになるのかしら。イージージェットやライアンエアーを使ったことがないのでスタンステッドやルートンは分かりませんが… ロンドンに住んでいる友達曰く、ロンドンシティー空港が使いやすいとのことです。あとヒースローは空港使用料が高く、ヒースロー発はガトウィック発よりも施設使用料として35ユーロ程高くなります。せこい私は行きはダブリンからヒースロー、戻りはガトウィック発にしています。クリスマス明けにセールも始まるのでロンドンは買物にはいいと思いますよ〜。

アムステルダムもコンパクトで美術館などが沢山ありお勧めですが、ヨーロッパは元旦はこれらの施設が休みなので、元旦をどう過ごすかですね…

先駆者さんへ

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

本当に退屈ですよね。。。セールもクリスマス後からすぐやってるから、新年だからセールっていう感じが無くて、残り物しかないし。

テレビが死ぬほどつまらないのはどうしてでしょうかね?クリスマスも同じような映画流してますけど、クリスマスは許せる。でも新年は。。。ETが放送されていたんで見て泣いてましたけど、放送された番組で良かったのはそれくらいですよ。

友人の皆さんはえらく豪勢ですねえ~。うらやましいですよ。NYの方はマライヤ・キャリーのとんでもないステージを見たのかしら???

家は親戚と集まらないので家族だけで正月は過ごすんですよ。お蔭でデリカシーのない質問をする人がいないのでお気楽極楽なのですよ。夜通しカラオケはかなりつらいですね。先駆者さんの場合は日本行きは絶対だめですね。どうしましょう!!!!

Junksさんへ

明けましておめでとうございます!

そうか、入国審査がないんですね、アイルランドから入ると。あるとばかり思っていました。そういえば1999年に行ったときはアイルランドからでしょうか、なかったですねえ。言われて見れば。日本から行った時と間違えてましたね。ご指摘ありがとうございます!

そういえばガトウィックもないから、友達はいつもここから出入りするって言ってたのを思い出しました。ロンドンシティー空港か。なるほど!ヒースローがどうしても好きになれないんですよ。私にはでかすぎる。35ユーロも違うのならやっぱりヒースローは使いたくないですよね。私も避けるわ!

1999年以来行ってないのですよ。。。あれからすっかり街の様子が変わってるんだろうな~。アムステルダムも乗り継ぎでしか行ったことがないんですよ。意外とヨーロッパの都市には訪れてないんです。いつも行くところが一緒か行かないのですよ。日本に帰るばっかりにお金と有給が消化されているので特に。今年はやっぱりちょっと変わったところに行きたいですわ~。

いろんな情報ありがとうございます!

No title

ティファニーさん

明けましておめでとうございます!今年も楽しいブログ楽しみにしていますね。

私も思いましたよーダブリンの地味な年越し!しかも雨もしとしと降ってましたものねー。私も来年はどこか違う国で年越ししたいいなあと思いました。私もロンドンの花火をYoutubeで見ました。豪華で良かったですよね。私としては、暖かい国(ハワイとか)でまったり過ごしたいなあと笑 日本のお正月も懐かしいですよね。こっちでおせちっぽいもの作ろうにも材料がないので挑戦すらしませんでした苦笑
来年はお雑煮くらいは作ってみようかな・・・

クリスマスの飾り付けもぼちぼち片付けないと・・・クリスチャンではないのですが、クリスマスの雰囲気は好きなんですよ。あと生のモミの木の香り!去年は2mほどの大きなの買ったのですよ。まあ捨てるのも大変ですが笑 今夜は寒いですよー 体調早く良くなるといいですね。
今年もよろしくお願いします。

てんとう虫さんへ

明けましておめでとうございます。こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

確かに、ハワイとか暖かい国D絵まったり過ごすのがいいですよね~。

私もさすがにおせちは作りませんが、お雑煮は作りますよ。日本からおもちを持ち帰ってくるんです、毎年。餅菜がないのでほうれん草で代用しています。実家のお雑煮はプラスかしわを入れて終わりの簡単なやつなのですよ。超簡単です!毎年一人元旦しています。

クリスマスツリーは本物の木を使っていらっしゃるのですね。あの匂いはやっぱりいいですよね~。確かに捨てるの大変。うちのは組み立てて終わりの偽ツリーです。しかもライトもすでについているので後は飾りを少しつけて終わりの超簡単なやつですよ。会社なんて誰も飾りたがらずだったので飾らなかったんです!数回本物の木で飾ってたのに。。。

No title

初めまして、いつも楽しくブログを拝見しています。
連れ合いがアイリッシュで、ダブリンもたまに行くのでこちらの情報、とても助かっています。
テムズ川での年越し花火ですが、2年前から有料になっています。
確か昨年末は一人10ポンド程度だったかと、、、
しかも競争率が高くてかなり高嶺の花(高値の花や~と私は文句言ってますけど)なんですよ。
(資金の問題とあとはテロ防止などの安全上の問題もあってチケット制になったようです)
大昔行った友人の話では見学の立ち位置が悪いと煙がすごくて花火がよく見えないとか(苦笑)
そんな訳で年越しの花火はTVで見るのが一番よく見えるようです。
それでもまあダブリンの年越しよりはロンドンの方が賑やかでしょうし、クリスマスセールも充実していると思いますので、良かったらロンドンでの年越しも経験なさってみてくださいませ。またそんなレポート記事を読ませてもらうのも楽しみです。
2017年も健康にお気をつけて楽しい記事がたくさんアップされるのを期待しております。

ロンドン在住ですさんへ

こちらこそ、初めまして。ブログを読んでくださり、大変感謝しています。ありがとうございます!そして今年もよろしくお願いいたします。

チケット制で10ポンドというのはネットで見たので知っていましたが、2年前からなんですね。知りませんでした。しかもチケット制になった理由も!いい情報、ありがとうございます。確かにチケットの競争率は高そう。U2のダブリンコンサート並かしら!

立ち位置が悪いと煙で見えないというのは。。。苦笑。あれだけ上がれば煙もすごいでしょうねえ。風の向きでも見え方が変わりますしね。そうですか、テレビで見る方がいいのですね。アドバイス、ありがとうございます。

それにしても、ロンドンはご無沙汰なんで一度行かないとと思っています。随分変わっているんでしょうね。ロンドンで100%迷子になります、私!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.