ありがたや~、クッキー&ボトル入りウォーターよ!

皆さん、週末はいかがでしたか?

今週は晴天ではなかったのですが、(霧雨が降ったりして)そう寒くはなかったです。2月も下旬。春が一歩ずつ近づいているのがわかるのがうれしいです。

今日は久々会社ネタです。誰かの悪口ではありませんのでご安心を!

うちの会社のMDが6月始めに定年を迎えます。

そのため先週の金曜日、本社からお偉いさん方、3人がオフィスにいらっしゃいました。

実はMDの後任がまだ決まってないんです。クリスマスパーティーの時にうちの同僚がMDに聞いたのですが、「誰になるか全く知らない。」と言ったそうなんです。絶対そんなはずはないわ!と同僚と話していましたが、本当でした。

お偉いさん方3人は前日からダブリン入りしており、候補者数人にインタビューを行ったそうです。というのも、うちのセールスディレクターがインタビューを受けたからそれがわかってるんですが。

彼は先週突然本社から言われ、二日間でCVを送らなくてはならず、大慌てでCVを作ってメールで送付したらしい。彼はもう30年ほどうちの会社で働いているので、CVなんて作ったのはいつ!?みたいな状態なのですよ。CV作り、大変だったらしい。

インタビューは木曜日に1時間半にわたり行われたそうだ。結構むつかしい質問が飛んだらしいんですが、そこはセールスディレクター。しょっちゅう客にあったり、他国にミーティングに行っているので、どんな質問が飛んできても臨機応変。それが身についているので、何とかなったというのである。しかし、最期の最後でちょっと困った質問が飛んだそうな。

「What inspires you?」

おお。。。ちょっと困るね、これ。。。「朝日」とか、いろいろ言ったそうですが、最後にこう言ったと言うんです。

「My staff inspire me.」

ええこと言ったやん~と言ってあげましたよ。でもほかの同僚は、彼は口だけだからたぶん作り話だから信用できないと言ってましたけどね。確かに彼は5の話を10にする癖がありますから!

実はもう一つ噂があったんです。後任を入れないで、UKオフィスと合併という噂が!

UKオフィスは500人ほど働いています。彼らの管轄になれば、給料も上がる!と、ちょっと喜んだんですが、Brexitがやってくる。。。となると、念のため合併させない方向に持っていくのでは???合併にはリダンダンシーがつきもの。いいお金が出るのなら辞めようかな、と思っておりました。でも合併はやっぱりなさそうです。


お偉いさん方がいらっしゃる。。。同僚Aさんは客人を招くときにいつも手伝わされる人だ。彼女はとても上手で、テーブルのセッティングやらとても気が利いて、きちんとするからである。私にはもちろん(!)命令は飛んできません。

しかし私はAさんから木曜日、缶入りのビスケットの詰め合わせをM&Sで買ってくるようにお願いされたのだ。ここには缶入りのビスケットがいつも売っているからだ。

ダンズ・ストアーやテスコで買えるやん~と思っているそこのあなた!確かに二つのスーパーにはたくさんビスケットは売っているのであるが、お客さまに出すような缶入りのビスケットは売っていないのだ。売っているのはクリスマスの時期くらい。

木曜日の夜は友達が訪ねに来るので、買いに行けないからというAさん。それが私に頼んだ理由だ。私はどうしても街にいったん出ないと家に帰れないので、街にあるM&Sに行けるからである。

しかしその日に限って街行きのバスが乗用車の衝突事故後に出会ってしまったために遅れ、その日に限って私は日本人の友達と食事の約束があったため、街に着くやいなや、大急ぎで走ってM&Sへ行き、買ったのがこちらの缶入りビスケット。

こちらにはいろいろな種類のビスケットが入っていました。
MS 1

こちらはショートブレッドだけ。
MS 2

写真がいまいちで申し訳ないのですが、缶が綺麗!こういうお洒落なのがあるのですよ、M&Sには。ちょっとお値段するけど、高すぎないし。とは言え、ラグジャリ―なビスケットの部類に入る。見栄えするから人にあげるのにはちょうどいいのだ。

Aさんと会計士と一緒にテーブルをセットしたんです。もちろんビスケットもテーブルに置いて。(蓋を開けて)そしたら社長がそれを見て、Aさんに「ボードルームが見違えるようだ。ありがとう!」というので、私は即座に、

「私も手伝ったんですけど。ビスケット買ったの、私です。」

と自己主張!「おお、それは悪かった。」とえらい冗談気味に言われてしまいました。誰からも言われず、さっさとボードルームを拭いたし、整理整頓しだしたのは私なのよ~、全く!


結局お偉いさん方はビスケットを全く食べておらず。最終的に同僚のおやつとなることに。

みんなにキッチンに置いてあるビスケットと、冷蔵庫に入れてある、ボトル入りの水(たくさん残った)を持ってってもいいよ~とメールでみんなに知らせたとたん、多くの人が急ぎ足でキッチンに行くので笑ってしましました!

30分後にキッチンに行ってビスケットを確認したら。。。

MS 3

売れたね~。

ボトル入りの水もどんどん持っていく同僚たち。

キッチンに来た同僚たちは、口々に、

「わ~~~~ビスケットだ!!!」

とよろめき立ったのである!

それもそのはず。実は最近キッチンにビスケットがほとんど置かれてないのです。Aさんが、みんなダイエットしてるし、誰もビスケットを食べたがらないからという理由で買わないのです。(彼女がいつも買う人)

誰もビスケットを食べたがらないのではない。

食べたいけど、それをAさんに言えないだけなんと違うか?

ちなみにAさんは私同様この会社が設立してから働いているベテラン。日本でいうお局(今でもそう言いますか?もう死語?)だから逆らえないというのがみんなの意識にあるのであろう。

ビスケットとボトル入りの水でよろめき立つうちの同僚たち。そんな私も実は心の中はビスケットとボトルの水のおかげで踊り狂っていたのである。ビスケットはM&Sだったから余計だった。久々食べたショートブレッド、むっちゃ美味かった~。


帰宅後、Aちゃんにこの話をすると、

「そんなことで喜ぶあんたの会社の人って、何なの?」


普段から社員に対して何の得もない、安月給の会社だからよ。

私もそろそろCVアップデート、しなあかんなあ。念のために。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.