デーティング・エージェンシー(Dating Agency)ってどうなん?な話

金曜日はセント・パトリックスデーですねえ。

イベントが各地でいろいろ行われますよ。田舎のパレード、見に行きたいなあ~。トラクターパレードが見たいのよ。コミュニティー間溢れてるのがいいのよねえ。
http://www.stpatricksfestival.ie/
http://www.irishmirror.ie/whats-on/family-kids-news/heres-your-guide-best-st-9983479

一昨年はAちゃんの同僚のゲイの男の人を連れて、Panti Barへ行ったな~。むっちゃ楽しかったわ。去年は何したっけ?今年はどうしよう。。。肝心の17日だけ、予定がまったく決まってないわ。テンプルバーだけには行きたないというのはあるけど。Messyだもの、あそこは。ドリンクも馬鹿みたいに高いしさ。

とにかく、年が過ぎるのが早すぎる。。。あっという間に私も来月には47歳ですしね。ぼさ~っとしてたら50歳よ。50歳になったら、47歳の時の自分がうらやましくなるんだろうな。。。だから今やれることは今やって、楽しもうと思っています。もちろん50歳までには結婚するわ!

と、私は一人で意気込んでいるのですが、なかなかいい相手が。。。というか、いい相手がいないというのではなく、私がその人に気が付いてないのだと思う。「あんたは全く気が付いてない。」と友達によく言われるし。好意を持ってくれてる人が傍にいても、私にはそうは見えないし感じないのですよ。ようは鈍感。だからたぶんそっけなく対処してしまって、何もないのであろう。

私の周りのアイリッシュの友達のほとんどは、現在41歳だ。去年は40歳の誕生日パーティーの嵐でえらいことでした。プレゼント代に食事代に飲み代に。。。でも楽しいことだからいいわよ。私の時も祝ってもらったしね。

その中でもシングルはかなりの数いるのである。ちなみにこちらに住んでいる日本人の友達のほとんどは結婚しているか、相方がいる。女で完全にシングルなのは私だけなのだ。

シングルのアイリッシュの友達はまだ41歳なので焦るという感じはない。仕事にプライベートに忙しいため、彼氏を作るとか、結婚するとかいうことに焦点は絞ってない感じだ。ちなみにみな綺麗なんですよ。なぜ綺麗なのに相手がいないのか?といつも不思議でならないのだ。

そんな中の一人、CMちゃん。

土曜日、アイリッシュのお友達Lちゃん(彼氏あり)の誕生日をあるところで祝ったんです。Aちゃん、とCMちゃんと私の4人だけで。こじんまりしたものをやりました。祝った場所は来週アップしますね。その時のお話を今日は一つ。本人に了解取ってませんけど、こっそり書きます。

CMちゃんは、本当に綺麗なんですよ。だから飲みに行くと必ずと言っていいほど男が寄ってくるのである。Totally man magnet。なので、彼女と二人では飲みには行きたくないのだ。男とどこかへ消えてしまったことが過去に何度もありましたし。一人置き去りになりますからね。

そんなCMちゃんですが、特定の彼氏はいないんです。それも長い間。。。しょっちゅうデートしてた時期もあったけど、最近は勉強していたので、外に出てないからまったくなしだったらしい。それに彼女の場合、付き合っても長続きしないんですよ。

最近、彼女は元カレの親友に病院の待合室でばったり会ったらしい。ちなみに元カレとは家を一緒に買ったのに、大喧嘩の末、別れてしまいました。その元カレの親友に、

「君はもう結婚して、子供もいるんだよね?」

と聞かれ、とっさに、

「Yes.」

と答えてしまったらしい!でもさすがに子供は。。。なので子供はいないと後で焦って付け加えたそうな。でも結婚していると言った部分は訂正せず。幸せなのか、と何度も聞かれてヤバかったらしいですが、「幸せだ。」と返事をして、その場を立ち去ろうとしたけど、なかなか立ち去れなかったらしい。

それにしても、男でそんなことズバリと聞く人って珍しくない?子供がいることが普通みたいな言い方だけど、世の中にはいらないから作らない人もいっぱいいるし、病気で欲しくてもできないとか、経済的に無理だから作らないとか、そういう人がたくさんいるわよ。普通じゃないんだから。

それにしても、結婚してることにした彼女の気持ち、むっちゃわかるわ~。私でも同じこと言ってるわよ。なんか悔しいやん、自分はシングルっていうのがさ。それこそ、この年だから結婚してて当たり前って前提の質問よね?まあ失礼しちゃうわ~。

この件が引き金となったかどうかは定かではありませんが、彼女は最近デーティング・エージェンシーに登録したそうな。

ダブリンにもあるんですよ、いくつか。CMちゃんは、どこの会社のに登録して、いくら払ったのか聞いても言わないんです。グーグルってみたら、値段を言わないサイトがいくつかあるので、何とも言えませんが、あるサイトは3回デートで550ユーロ取ってました。回数が増えるとお金も増える形式。高っ!日本でもそんなもんかしら?もっと高い?

CMちゃん曰く、彼女のところは5回のデートが約束されているらしい。ということは、1000ユーロ近く払っているのではと思われる。ちなみに日本なら、登録料は女性は男性より少し安くなってますよね?こちらは登録料に男女差がないことのほうが普通です。

彼女が登録してるところは、2か月に1度エージェンシーの人が電話をしてきて、相手を紹介してくれるんだそうです。それもむっちゃハイパーで電話してくるので、こっちが引くくらいらしい。まあ、暗い声で電話かかってきても嫌やけどね。デートはディナーデート。レストランで食事。そのセッティングはエージェンシーがしてくれるそうだ。支払いは自分たち持ち。

そのエージェンシーの場合、登録者とまず30~40分くらい面談をして、登録者の趣味や好みなど、いろいろ聞くらしい。その後エージェンシーから電話で相手を紹介されるという仕組み。ちなみに最大7歳差(上下)までしか紹介してくれないそうな。もしあなたが年より狙いのゴールドディガーなら、このエージェンシーには登録しても無駄だということです。

相手の写真は見せてもらえないので、どんな人と会うかわからないらしい。名前(フルネーム)とどんな仕事をしていて、どこに住んでいて、どんな感じの人で、どんな趣味の人か教えられ、こちらが了承するとデートの日、場所と時間を教えられるそうだ。

でも、これってブラインド・デートっちゃう???RTEのFirst Dateとちゃうんやで。。。でもこんな感じってことよね。ディナーデートだから。



でも、大金払っておいて、写真見せてくれないのはちょっとな~と思うわ。見た目はかなり大事だと私は思うよ。相手も同じでしょうに。

彼女曰く、1回目のデートの相手は43歳の男性で、背も高くて、ルックスも悪くない人だったらしい。話もそれなりに弾んだらしいんですが、その人とはそこまで。この人と付き合いたい!というのはなかったらしい。

2度目は医師を紹介されたらしいんですが、話の時点で合わないと思ったので、断ったそうな。すると係りの人が、「あなた、断るんですか?本当に?断るんですか?」と怒り気味に言ったそうな。断ったらあかんのか?と思ったそうな。大金払ってるんだから、断る権利はあるだろう。え???

3度目(実質2度目のデート)。。。今回は了承。事前にグーグルって相手の写真を探したら。。。出てきたんですって。でも写真を見てショックだったらしい。写真を見せてもらったんですけど、43歳なはずなのに、私には彼が63歳にしか見えず。かなり老けてたんですよ。男性には悪いが、CMちゃんがショックだったのも頷ける。

とは言え、会ってみないとわかりませんよね?なので気を取り直してデートに。しかし、背は低いわ(彼女の基準からすると)、話はつまらないわで、2度目のデートはないと思ったそうな。しかも最大級に嫌だったことが一つあったそうな。それは、

彼(男)の手が小さいこと。

これを理由に嫌がる日本人女性ってほとんどいないんと違います?聞いたことないわ。でもこちらには多いんですよ、こういう女性。お友達にアイルランド人女性がいたら、ちょっと聞いてみてください。手の小さい男をどう思うか。70%の確率で嫌やというんじゃないかなと思いますね。

手が小さい男がなぜ嫌なのか???もうおわかりですよね?一応書いておきます。

手が小さい=男性の大事なところも小さい

そういう定説があるんです。だからですよ。小さいのを嫌がる人が多いんですわ、こちらでは!私はサイズじゃなくて、機能やと思うけど。まあ、嫌なもんはしゃあないですよね。レストランから出て、2度目のデートを誘われたそうですが、

「No.」

と一言言って、去ったらしい!CMちゃん、言い方あるやろ~。それはちょっとダイレクト過ぎて、相手に失礼な断り方と違う?Thank you for asking but I don't think we had a connection. Best of luck!!とか, Thank you for today but I don't think we had a chemistryとかどう?その場にいたAちゃんもLちゃんも苦笑いよ。

このデートがかなりいまいちだったらしく、CMちゃんはエージェンシーに電話を入れて文句を言ったらしい。もっとまともな人はいないのか、希望の相手とは全然違う人ばかり紹介してくる!大金はらってるのよ!がっかりだわ!とかいろいろ。。。

CMちゃん、もしかして、クレーマー?

でも気持ちはわかるよ。

どうも登録してる人は女性が多くて、男性は少ないんじゃないかとCMちゃん。だから2か月に一回しか連絡が来ないし、マッチしてなくても紹介してくるのはそれが理由だと言っていた。

だろうね。

知り合いが、ディナー・スピードデーティングに行ったら、参加者のほとんどが女性で、男性がほとんど来なかったからスピードデーティングにならなかったと言ってたもの。昔に行ったシングルナイトも女性の方が断然多かったしね。


ということで、ティファニー・カイリーはデーティング・エージェンシーには手を出さないことにしました。


ふとこの記事を書いていて思ったけど。。。CMちゃん、手が小さい男は嫌だと面談でちゃんと言ったほうが良かったんと違うかな?


それでは皆さん、良い週末を!の前に、金曜日のセント・パトリックスデー、全身緑色になって、楽しんでくださいね。こちらは雨になるって天気予報では言ってます。予報が当たらないことを願います。それでは来週月曜日にお会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.