セント・パトリックスデー・ウィークエンド-2017

皆さん、今年のセント・パトリックスデーはいかがでしたか?

パレードを見に行かれた人、参加された人、私のように、ぼさ~っとテレビでパレードをいた人、いろいろだったと思います。

今年は(も?!)天気が悪くて。。。ダブリンでパレードを見ていた人は、最後の方で雨に降られてしまったことでしょう。しかも寒いわ、風がきついわで、残念な天気でした。

IMG_0573.jpg
プレジデントの髪の毛も~~~という、強風でございました。

それでもたくさんの人がパレードを見に、オコンネルストリート周辺に集まりましたね。大概の人は海外からの観光客という感じでしたね、テレビのインタビューを見ていた限りでは。小さい子供ちゃんがいるご家庭は、家族連れで見に行かれたことでしょう。

IMG_0574.jpg

私は今年も家で見ることにしました。どうする!?とAちゃんとは言っていたのですが、夜に3 Arenaで行われた、コメディーのイベントに行く予定だったので(このことは明日書きます)、午後までゆっくりすることにしたんです。

セント・パトリックスデーのパレードはニューヨークは一番大きくて、歴史も一番古いパレードだと聞きました。今でも大きなパレードだそうですが、アメリカのパレードは大概マーチングバンドばかりがパレードに出てるのが普通だそうで。アメリカ式らしいですねえ。マーチングバンド、好きだけど、ず~っと出られると飽きるな、私的には。

アイルランドは、ダブリンのようにマーチングバンドも出ますけど、フロートがたくさん出るのが普通。ダブリンの場合、テーマが毎年決まってて、それに沿ってフロートを出しているはず。アイルランドの神話からヒントを得たりするわけです。だから神話がわからないと、フロートの意味も分からない。でも意味が分からなくても、見ているだけで楽しいです。

田舎に行くと、地元の子供が踊ってたり、トラクターがフロートの代わり(?)に出てるんで、とても地元感が出ていて面白いから好きです。パレードは短いですけどね。

それにしても、毎年思いますけど、パレードが年々良くなってる。フロートが素晴らしいですわ。お金かかってる!(テレビの映像を映した写真で失礼いたします)

IMG_0578.jpg

IMG_0598.jpg

IMG_0591.jpg

IMG_0608.jpg

IMG_0610.jpg

来年はテレビで見ずに、オコンネルストリート周辺へ繰り出して見ようかなあ。

というのも。。。

毎年同じこと言ってると思いますが、テレビで見ていても、すべてのパレードが見れないのですよ。ちなみに放送しているのはRTE One。実はRTEはパレードの途中で放送を必ず切るんです。といういい方は誤解を招きますね、すみません。つまり放送時間が1時間10分くらいしかないので、すべてのパレードを放送しないわけ。インタビューとかもあるので、パレード自体をちゃんと放送していないこともある。

Absolutely crap!

と、放送を見終わったAちゃんが言っていましたが、なぜRTEはパレードが終わるまで放送しないのだろう。毎年ですよ、毎年。

こちらは毎年テレビ代払っているのよ。RTEはそのお金で放送しているわけですわ。だったら、こういう、世界も注目するお祝いの時のパレードは、最後まで放送するべきやと思いますね。きっとパレードに参加している人たちの中には、

「テレビの放送録画して!私が映るかも!」

と、ワクワクしていた人が絶対何人かいたはず。しかし、放送見たら全然自分のパレードは放送されてなかったなんてことがあり得るわけですよ。毎年、RTEには文句のメールや電話が入ってると私は思っている。

これを読みながら、「最後までパレード見たかったら、外に出て、みんなと同じように見に行け!」という返事を頭の中で用意した人がたくさんいることでしょう。

でも、よく考えてみてくださいよ。病気で入院中の人は、病院からしか見れない。家の事情で外に出ていけない人とか(子供が小さすぎて連れて行けないとか)いう人が絶対たくさんいるはずですよ。だから、そういう人の為にも、ちゃんと最後まで放送すべきやと思うんですよね。例えば、病気で入院してる子供たちなんて、絶対パレード楽しみにしてるはずだもの。RTE的には、番組枠やお金の問題もあるんだろうけどね。

とは言え、きっと来年も最後まで放送しないであろうセント・パトリックスデーのパレード。来年はダブリンでより、アイルランドの田舎でパレードを見たいなあと思っています。トラクターで参加するパレードが見たいんですよ。

ちなみに、翌日の夜のテンプルバーでは、ドイツのマーチングバンドがテンプルバースクエアーで演奏していたんですよ。えらい人だかりになってました。そんな中、私の左斜め前に立っていた男の人の左横で、思いっきりゲロッている、酔っぱらった若い男がいて、大顰蹙を買ってました。本人は酔っぱらっていたので、ゲロッて気分良かったと思いますけどね。お食事中の方、汚い話ですみません。

IMG_0706.jpg

言い忘れていましたが、最近インスタグラムを始めました。t.kylieroiの名前でやってます。ブログに載せた写真もありますが、載せてないのも載せていますので、よければ見てくださいね。週に1回くらいしかアップしてませんけど。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

私も毎年RTEの中継が途中で終わるのを何でかな、と思っていました。
(世界中の人たちがリアルタイムで無いにせよ見てるのに)
地方ごとのももう少し長いと良いのですが、取材体制的に
難しいのかも知れませんね。
日本では13カ所でパレードが日にちは違いますが、行われました。今年は日愛の外交関係樹立60周年だそうです。
東京では19日に例年通り原宿→表参道で盛大に行われました。
と言っても1時間ですが。もう25年になるのですが、いつでも
日曜日の僅か1時間にしても、この通りを占有できているものだと思います。
アイルランド共和国は偉い。
並行してアイリッシュフェスタも近くの代々木公園で行われていますが、出演希望者(トラッドのダンス、演奏)が多くなったこともあって、今年は土日2日間になりました。一方、今年からドンキも何店かでグッズの販売を始めました。
アイルランドかどうかは確かめ損なったのですが、外国TVの取材陣も来てました。
2日間とも超好天でビールがたくさん売れてましたね。
パレードには、駐日大使(女性)も例年出席してますが、
真夜中にアイルランドがイングランドに勝った試合があって
皆さん寝不足気味だったかも知れません。
いつの年も、応援は素晴らしいのですが、今年のthe field of athenryは一段と凄かった。
本当に素晴らしい試合でした。
では、どうかお元気でお過ごしください。

KKioさんへ

やはりそう思っていらっしゃいましたか。
どうなんでしょうね。お金がかかるから単にやらないだけかもと、簡単にかんがえたくなりますが。。。

日本13か所でパレード行っているんですか?なぜ!?と思ってしまいます。アメリカならわかるんですよ、でも日本って?そんなにたくさんアイリッシュが住んでいるとは、ちょっと想像つきにくいです。まあ、楽しいことだからいいけれども。こうなるとだんだんハロウィーンぽくなってきますねえ。仮装できるからパレードに参加するの~とか???

そうなんですよ、今年60周年なので、ダブリン-東京間のフライトが特別にダイレクトで夏だけ飛ぶはずですよ。日本航空だったはずです。

アイルランド勝ちましたね!試合が見れなかったので、全然状況がわかりませんでしたが、かなりの接戦だったそうで。今回スコットランドに負けて、いきなり拍子抜けしてしまった感がありましたが、イギリスのグランドスラムを止めただけでも、私は嬉しかったです。

KKioさんも、風邪をひかないようにお過ごしください。日本もまだ少し寒いようですので。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.