こんな時に!使えるアイリッシュ・スラング-その1-Banjaxed

アイリッシュ・スラングを不定期便で過去にご紹介したことがあった気がしますが。。。改めて、一から始めたいと思います。不定期です。悪しからず。そしていつものように前置きが長いです。

なんだかな~なんですよ、最近。

ランニングでランナー膝をやったのは皆さんご存知の通り。左膝でした。グレート・アイルランド・ランでは全く走れず、歩いて完走したわけです。

治るのに6~8週間かかると言われておりました。8週間経った現在、左膝の痛みはほとんどありません。調子いいです。来週フィジオに行って診てもらって、ランニング・プランをもらうんですよ。

しかしその前に、ランニングイベントに参加をすることにしたんです。メンバーはグレート・アイルランド・ランで走った人たち(全員じゃないけど)。

RUN 1
(www.pieta.ieより抜粋) 

今度はチャリティーです。有料ですが、Pietaに寄付されます。去年は130,000人が参加したんですって。こちらではかなりポピュラーなチャリティーランの一つなんです。世界中で行われますしね。午前4時15分から走るんですよ。くわしくはこちらから。http://dil.pieta.ie/

今度は3分の1でも走ろうと、4月に申し込んだ時点で目論んでいました。フィジオは怒るだろうな~と思ったけど。アイルランドに戻ったら練習だ!と意気込んでいました。

しかし!

日本から帰国した翌日27日からちょ~っと右膝が重かったんです。友達とGood Worldで食べて、いざ、帰ろうと歩いた時には酷い痛みが!

はあ???

私、何かしたか?状態ですよ。日本では1日だけ、数分走ったのみ。ほぼ毎日歩いていただけよ。それも40~50分ほど。たまに右膝が重いことはあったけど、気にもしてなかった。なんだかすんごい腑に落ちないのである。階段を上がり降りするだけで痛みが走るし、膝がパチパチ鳴るし。

絶対走れへん。

歩くしかないけど、この膝の状態でさて歩けるのか?歩くだけで痛いんだから。今回は棄権かな?と思ったら、すんごく悲しくなったんです。

棄権だけは嫌なんで、このブログでもご紹介したForm Roller使っているところです。今日はちょっと調子いいですよ。Form Roller,効いてる!

と思ったら。。。

一昨日から腰が痛いんです。昨日は激痛が走って、息できない時が何度かあった。今日もしかり。バス降りるだけで激痛でしたもん。昨日慌ててカイロに行ったけど、その時はいいんです。次の日には元通り。

なんでそうなったのかはわかるんです。一昨日、イタリア語を勉強してたから。動かないでしょ?だから。しかも使っている椅子が悪いというのもあるんです。背もたれないし、低いし。化粧台の椅子なんで、勉強用ではないからなんです。もしこの状態が金曜の夜まで続いたら、

絶対歩けへん。

昨日会社で同僚に左膝から右膝へ痛みが移ったと同時に腰には激痛!と言っていたんです。するとスペイン人のMちゃんが、

「腰が痛い、?ヨガよ、ヨガ。いつ一緒に行く?」

と聞いてきたんです。それを聞いた、私の横に座っている南アフリカ出身の同僚ANさんが、

「No, she can't. She's banjaxed.

Banjaxed.

アイルランドにお住いの方ならご存知の単語。日本語読みなら、バンジャックスドでしょうか。意味はDestroyedとかRuined、Brokenという意味になります。何かが壊れている状態を言い表します。My car is banjaxed.とか。

体が疲れているときに使う人もいます。物だけではなく、私のように、体が痛いところだらけで、どうしようもない、壊れた状態(?)のときにももちろん使えるわけです。

若い人はあんまり使わないかな?Aちゃんも使わない。でもAちゃんのお母さんはしょっちゅう使います。

さあ、これでbanjaxedの使い方はわかりましたね?簡単でしたね。アイリッシュ相手に使ってみてください。

それにしても、なんなんやろう。体ボロボロやん。ヨガも腰が痛すぎてできへんし。おかげで動けないから太ってきたわよ(食べる量は変わりなしなためなのはわかっている)。同僚ANさんがおっしゃるように、現在の私は見事にBanjaxed。新しい膝と腰が欲しいわ~。

それでは皆さん、ちょっと早いですがよい週末を!月曜日にお会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.