Darkness into Light 、チャリティーラン/ウォーク017-後編

昨日の続きです。

午前5時20分を過ぎました。

それにしてもフィニックスパークは広いから、自分がどのあたりを歩いているのかさっぱりわからず。Great Ireland Runとは違うコースを歩いているのだけはわかりましたけど!フィニックスパークの地図はこちらからどうぞ。地図からは大きさがわかりませんけど。1,752 acres (707 hectares) で、ヨーロッパにある大きなシティーパークの一つです。https://marla.ie/illustrated-maps/

4k超えたところだったでしょうか?こちらにもステージが用意されており、コーラスの人たちの演奏がありました。もうすぐゴールとあってか、立ち止まって見ている人が何人かいましたが、私たちはそのまま歩きました。

IMG_1039.jpg

おお、Papal Cross(教皇十字)が見えてきた!もうすぐゴールか?

IMG_1040.jpg
1979年、教皇ヨハネ・パウロ2世がダブリンを訪問した際に建てられました。

かなり明るくなってきました。

IMG_1041.jpg

フィニッシュラインが見えてきました!

IMG_1046.jpg

ゴ~ル!午前5時35分くらいでした。

IMG_1047.jpg

ゴール付近はえらく混んでおり、なかなか前に進めず。係りの人たちも、「立ち止まらずに歩いてください!」としきりに言っていました。立ち止まって喋ってる人とかいるんですわ。自分はゴールしたからホッとしてしまい、周りが見えないのでしょう。って、続々人が押し寄せてくるんで、見えないはずはないけどねえ。自分勝手な人ってことかしら。

ちなみにマイクを持った女性がいたんですが、この人がえらいハイパーでした。Wow!!! とやたらに言っていたんです。大変な仕事してるわ~、朝の5時半からと思いました。

写真写りが悪いですが、どんどん人々がゴールを目指して歩いていました。黄色いTシャツの波!素晴らしい光景でした。

IMG_1048.jpg

スタートとフィニッシュラインの写真を見てお気づきでしょう。

Hope stars here.

Hopeに終わりはない。まさにその通りです。フィニッシュラインが終わりではない。

IMG_1049.jpg

ということで5K歩き終わりました。右膝と腰が痛かったですけど、何とか歩ききりました。おかげで(?)今も腰が痛いので、走るなんてとんでもない状態であります。

歩き終わった人たちのために、ボトルの水とシリアルバーが配られていたんですが、もらおうとする人たちが行列し、えらいことになっていたので、私たち3人はもらわず。でもこちらは人がほとんどいなかったのでもらえました。

IMG_1226.jpg
結構すぐに濃い紅茶が出ます。ミルクを入れて飲むのにぴったり。

ソーセージロールと紅茶(ティーバックでなく)も無料で配られていたんですが、並んでもらっていると、先にゴールしていたAちゃんを含む4人に申し訳ないので、そのままもらわず帰宅しました。

IMG_1051.jpg
ソーセージロールが配られていた場所には大勢の人が順番待ち!えらいことになっていました。

IMG_1050.jpg
紅茶のテントも同様。

実は歩きながら、「お腹が空いた。」としきりに言ってたんですよ。喋りながらも頭の中は食べ物のことばかり考えていました。マックのエッグマフィンが頭の中を駆け巡ってました。だからソーセージロール、食べたかったんですけどね。(今週からは肉を食べる事を避けます)結局、途中でマックにも寄りませんでした。お金を一銭も持ってなかったからです。代わりに日本で買って持って帰ってきた東京バナナを自宅で一つ頂きました。

ちなみにこのイベントのために、ダブリンバスがシャトルバスを出していました。

IMG_1052.jpg
素晴らしいですね。

IMG_1054.jpg
帰宅する参加者の皆さん。


今回はGreat Ireland Runと違い、チャリティー目的であったため、タイムはなし。でもタイムなんてどうでもいい。参加して、参加者全員が歩ききることの方が大事ですから!

今回初参加して思いました。アイルランド人ってチャリティー精神が旺盛。本当に頭が下がる。ジャガイモ飢饉で苦労したり、イギリスに支配され制圧され、苦労した経験があるからではないでしょうか?苦労した人ほど人を助けるということ、サポートするということに惜しみなく力を貸すんだと思う。日本とはえらい違いやなと思いますね。日本って、本当にチャリティーイベントが少ないもの。こちらはしょっちゅうチャリティーイベントやってますよ。こういった大きいものから、ローカルでやる小さなものまで。イギリスも同様です。

とにかくだ。今回のイベントで集まったお金で、一人でも多くの人たちを助けられ、自殺を考えている人を一人でも多く救えるといいなと思います。http://www.pieta.ie/

来年もまた参加したいと思います。Aちゃんは来年はもっと早く家を出て、スタートライン近くを陣取って走ると言っています。来年は私も走りたいです。

それではちょっと早いですが、今週のブログはこれで終わりです。来週月曜日にお会いしましょう。皆さん、良い週末を!ダブリンは今日もいい天気です。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

遅れましたが、お誕生日おめでとうございます。

本当にアイルランドの人たちは気持ちが優しいですね。
ネーミングからしていいですね。
このイベントはRTEのニュースで見ていて、
先頭の何人かは写ってましたね。

そして痛い所が早く良くなりますように。
アイルランドは涼しそうですね。


KKioさんへ

ありがとうございます!

本当、アイルランド人のそういうところはものすごく好きです。
マンモスイベントですよ、このイベントは。いいことにお金が使われるので全く問題ないです。

まだまだ腰が。。。右膝もやばいです。

今日もいい天気で、気温も13度はあるんじゃないでしょうか?明日から下り坂で雨の予報です。もう夏は終わりかもしれまsん!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.