ここはニューヨーク?Number Twenty Two -ダブリン-前編

昨日ご紹介したMorning Glolyville Dublinが行われた会場、Number Twenty Two。

IMG_0977.jpg

昨日も書きましたが、ここは昔有名なライブハウスでした。U2が演奏したこともあるので、U2好きは訪れてください!と言っても、U2に関したものがたくさんあるわけではないんです。入口すぐ横にはライブハウスだったころの、たくさん白黒の写真が飾られていて、その中にU2のアダムの、髪の毛もじゃもじゃな若い時の写真が一枚あるだけ。でもファンなら嬉しいと思います。

IMG_0974.jpg

アダムの写真。ちらりとボノとエッジも写ってたわ。
IMG_0975.jpg

ライブハウスだったころの写真。なるほど~。Aちゃんもライブハウス時代のことをよく覚えていると言います。
IMG_0976.jpg


土曜日、ここに来たのにはわけがありました。Aちゃんが、私の誕生日祝いに連れてきてくれたんです!

実はここがオープンしたと聞いてから一度は来てみたかったんですよ。もちろんMorning Glolyville Dublinで来たので、建物の中がどんな風なのかはわかっていましたけど、イベント関係なしに来てみたかったわけです。

実はここは普段、ニューヨークのキャバレーな感じを再現しているんです!ダンスやライブ演奏をするステージがあり、レストランも併用しているので、食事を楽しんで、ショーを楽しむわけです。

IMG_1247_20170514212531c2c.jpg

ニューヨークに来て、フランク・シナトラが出てくるのを待ってる感じって言うんでしょうか。ダブリンにいる感じはしない。でも、従業員の人がしゃべっている英語はダブリン英語なので、

やっぱりダブリンやんなあ、ここ。

と思います。午後7時にドアがオープン。7時15分くらいに着きました。入り口を入り、左手の階段を下り、地下1階で受付で予約確認をしてもらった後、同じ階、右手にあるバーに通されました。イベントでヨガやってたバーです。

普段はこんな感じ。小さいバーです。The Library Barと言います。写真の反対側に大きな本棚が置いてあります。写真を撮るのを忘れました。すみません。写真はイベントの時に撮ったもの。ボケちゃってるんですよ。すみません。ちなみに水曜日から土曜日午後12時から4時までランチが、午後5時から9時までは夕食がここで食べれるようです。地下なので、窓はなし。天気のいい日にここで食べたらちょっと寂しいかも。

IMG_0928.jpg

IMG_1244.jpg

IMG_1243.jpg

7時40分ごろでしょうか?このバーからショーが行われる、地下2階にあるThe Main Theatre Areaへ移動。席に案内されました。しかし案内係りのおじさんがAちゃんの苗字を全く覚えられず!予約の紙を見ても分からず。3回聞き直してました。この人、働いてて大丈夫なんだろうか?と思いましたが、とにかくテーブルナンバー31へ案内されました。席は後ろの方で、4人がけのテーブル(椅子は二つのみ)でした。しかしスポットライトがちょうど頭上にあったため、写真がピンク色になり、上手く撮れず!

IMG_1246.jpg
Oh, No! ピンク色!

食事(3コース)とショーで一人65ユーロ。ショーだけだと30ユーロです。Aちゃんはネットでディスカウントのバウチャーを買ったので、一人45ユーロだったとか言ってました。メニューはこちらからどうぞ。ちなみにベジタリアンの人用にパスタがあると言われました。念のため、ベジタリアンやヴィーガンの人は予約時に言ったほうが良いと思います。http://www.numbertwentytwo.ie/wp-content/uploads/2017/03/a-la-carte-updated.pdf

オーダーをお願いし、グラスでシャンパンをもらい(こちらはバウチャーのディール)、テーブルにすでに用意されていたパンを頂くことに。

IMG_1254.jpg
ピンク色のパンが出てきたわけではありません、念のため!

白いパン(右)、チーズ入りの白いパン(奥)とブラウンブレッド(左)。白いパンもチーズ入りも美味しかったのですが、何が一番おいしかったって、ブラウンブレッド!ウェイトレスのかわいらしいお姉さんに美味しかったわ!と言ったら、これはシェフ独自のレシピで作ったギネス&トゥリークル(糖蜜)のブレッドだと教えてくれました。もっと持って来ましょうか?と言われ、Noと言えなかった卑しい私たち二人。5分後、パンは昨日のパンしか残ってないから出せないと言われ、

昨日のでもええで持って来て!


と言いたかったのですが、さすがにそれは言えず。ちなみにAちゃんも私と同じことを思ったらしい!!!レシピはこんな感じだと思います。私も作ってみようかしら!ギネスブレッド、好きなのよ。http://lifeonhushabyefarm.com/2015/04/guiness-and-treacle-bread.html

スターターはこちら。ピンク色ですので、全くおいしそうに見えませんが!

IMG_1255.jpg
Aちゃんオーダー、Herb Cured Salmon, Pickled Cucumber, Salmon Fishcake, Horseradish Sauce。

IMG_1256.jpg
私オーダー、Crispy Squid, Poached Egg, Ceasar Salad。

マリネしてあるサーモンがむっちゃ美味しい!絶品でした。これはお勧め。私のイカがちょっとタフだったのが残念ですが、結構な量が入ったシザーサラダ。ドレッシングがくどくなくてとてもいい。ポーチのエッグが冷めていたのも残念でしたが、中から黄身がとろ~りと出てきたのには思わず喜びました。

隣の席に座ったカップルが、スポットライトが嫌だと言ったため、スポットライトがなしになり、おかげで写真が普通に撮れるようになりました。ありがとう、隣のカップルさん!

ということでメイン、行きましょう。

IMG_1259.jpg
Aちゃんオーダー、Daube Of Beef, Garlic Mash, Broccoli, Carrot, Braising Jus。

IMG_1260.jpg
私オーダー、Tamworth Pork Belly, Clonalkilty Blackpudding, Charred Carrots, Squash Puree, Mustard Mash, Apple。人参は外してもらいました。

Aちゃんも私も、先週から「肉は食べない!」と誓っていたのに、結局肉を選んでしましました。意志が弱すぎる2人。牛肉はすぐ崩れ落ちるほど柔らかい。ウェイトレスさんお勧めでした。ポークベリーは下の端がぱさぱさだったのが残念。かなりお腹にたまるメインでした。魚の方が良かったかも。

そしてデザート。

IMG_1265.jpg
Aちゃんオーダー、Brownie, Chocolate Mousse, Vanilla Ice-Cream, Honeycomb,Walnuts。

IMG_1266_2017051422105349d.jpg
私オーダー、Vanilla Pannacotta, Berry Compote, Raspberry Soup。

ブラウニー、美味しかったですよ。その代り、アイスクリームが溶けてしまって出てきたのが残念でした。

私のパンナコッタですが、フルーツが乗っていて見えませんが、底にパンナコッタがあるんです。ちょっと固めだったのが残念。私はもうちょっとわぶり~な方が好きだし、そうでないとだめだと思っています。パンナコッタには姑のようにうるさいのよ、私。でも味はかなり良かった。パンナコッタはダブリンではかなり当たりはずれがあるのでね。イタリアンレストランへ行っても美味しいのが出てこないことが多いんですよ。そんな中、ここのはかなり点数高かったです。

パンナコッタを食べ始めると、ウェイトレスのお姉さんとお兄さんがテーブルに来た。お兄さんの手にはシャンペングラスが二つ。お姉さんの手にはローソクが一本。

そうなんですよ。私の誕生日だからサービスしてくれたんです!でもAちゃんは予約するときに誕生日だからとは言ってなかったのです。なのになぜ?ですよね。実はオーダーするときに、Aちゃんが私に「あんたの誕生日なんだから、好きなの頼みなよ。」と言ったのを、ウェイトレスのお姉さんが聞き逃していなかったのです!

素晴らしいサービス。

ということで、ローソクは私のパンナコッタに飾り付けることにしました。手に持ってたら熱いし食べれへんしね。

IMG_1269.jpg

トリップアドバイザーでは料理はいまいちとか、特別ではないと書いている人が多いんです。確かにメニューを見てての特別ではない。残念な部分も何点かあった。でも普段ダブリンで食べている人だったらわかると思う。ここの料理は、

かなりいい方。

しかもバウチャーのバリューを考えると、お得感がある。ちなみにテーブルごとにタブを開けてくれるので、ドリンクを頼むたびにお金を払うことはありません。サービス料が高いと言って文句を書いている人もいますけど、私たちの場合はバウチャーだったのでそういうこともありませんでした。

この時点でまだショーは始まっていませんでした。ショーは午後9時半から11時までの1時間半。どんなショーなんやろう?楽しみな反面、食べ過ぎでちょっと気持ち悪いくなってきた。。。貰ったシャンペン(2杯目)もきついなあ。。。

続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.