新しいティーショック、レオ・バラッカー

ブログお休み中にいろんなことがありました。

その中の一つが、エンダがティーショックを辞任し、このブログでも何度かご紹介したことがある、レオ・バラッカーが新しくティーショックに就任しました。皆さんならもうご存知だし、アイルランドブロガーの方がすでに紹介していらっしゃると思いますが。

LEO 1
(www.journal.ieの記事より抜粋)

38歳と若いんです。そして、ゲイであることでも有名。2015年にカミングアウトしました。アイルランド初のゲイ・ティーショックと話題にもなりました。

うちのオフィスでは誰一人として話題にしてませんでした。現在、23人中10人は外国人!ということもあったのかもです。うちの外国人は、政治には興味ない人ばかりなんで。私は結構好きですけど。(頭が悪いから理解できてないだけで)

レオとこの人のどちらかがティーショックになるという話だったんですよ。絶対レオになってほしかった私。嫌いなんですよ、この人。私より2歳年下のこの人が。

Simon Coveney (サイモン・コベニー。私流の読み方で表記しています。悪しからず)
SIMON 1
(www.journal.ieより抜粋)

ちょっと話がそれますが、この人が嫌いな理由があるんです。この人が2015年、Minister for Agriculture, Food and the Marineの時に、キツネ狩りに参加したこと議会で問われ、ディフェンスに回ったんですよ。この職は、動物に対する虐待や福祉を考える立場でもあったため、動物福祉の立場人たちが憤慨したんです。

キツネ狩りのどこが悪いん?と思う人も多いでしょう。キツネの被害に遭っている農業の人もいるから。でも、スポーツと称して犬を使い、キツネを狩るのはどうかと思う。それに被害に遭ってるからと言って、残虐な狩り方をしてもいいのか?と思うのである。そう思っている人がこの国にはたくさんおり、禁止にしようという動きがあるんですが、政府側は全く動かないので、この国では禁止ではないのです。イギリス、スコットランドとウェールズでは禁止なんですけどね。

とにかく嫌いになったのは、彼がキツネに限らず、動物の保護に対して、まったく興味がないのがわかったから。なので、絶対にこの人だけにはティーショックになってほしくなかったので、レオがティーショックになり、私は個人的に大歓迎でした。


そんなレオですが、先週土曜日、ダブリン・プライドのイベントでスピーチをしました。一緒にマーチしたそうで。過去にティーショックが一緒にマーチをしたことはないそうで。



ただのパフォーマンスだ!と言っている人たちもいるようですし、とにかくLGBTQが嫌いな連中もいるので、いい顔してない人たちもたくさんいて文句を言っていた人もいたよう。私個人の意見としては、別にいいじゃんというところです。

一昨日はトランプ大統領がレオに電話し、ティーショックになったため、そのお祝いの言葉をかけていました。もちろんほかにも政治的な話をしていたようですが。トランプ大統領、レオが電話に出るまで90秒またされたらしいですねえ。たまにはいいんじゃない?待たされても。

LE 2
(Irish daily mailより撮影)

RTE の記事はこちらから。
https://www.rte.ie/news/ireland/2017/0627/885775-varadkar-ireland-us-trump/

余談ですが。。。上の写真の金髪の女性はRTEのワシントン特派員の女性で、午後9時のニュースにほぼ毎日ワシントンから政治のニュースを伝えている、カトリーナ・ペリーさん。(カタカタ表記は私の独断と偏見で書いています)私、この人好きなんですよ。特派員って聞くとかっこいいし、派手な仕事って思うけど、小さなオフィスに数人しか働いてない、結構地味で大変な仕事らしいですわ。孤独みたいですよ。http://evoke.ie/showbiz/rte-washington-correspondent-caitriona-perry


話を戻して。。。レオ・ティーショックにはたくさんやらなくてはいけないことがいっぱい。アメリカに対しては、まずはアイルランド人の、ドキュメントがない、違法の人たちの扱いについての問題。アメリカにはアイルランド人がたくさん移民で渡っているのですが(皆さんご存知でしょう)、ドキュメントがない、違法の人たちがわんさかいるんです。すでに逮捕されている人たちもいるので。

レオもこれからが勝負。どんな仕事をするのか。問題は山積みですからね。アメリカに住む違法のアイルランド人のこともそうだけど、アイルランドの病院事情も解決しないといけないし。彼は元医師だったからよくわかると思うけど。家の値段や家賃の高騰も何とかせないかんと思う。物価は高いし、ゴミ収集代もこれからは一律で払うんじゃなくて、出したごみの重さでチャージされた上に値上げらしいしさ。政府が先日決めたらしい。とにかく、見掛け倒しにならないことを祈っています。

ということで。。。Bさんにレオがティーショックになったことを聞いてみた。

この人よりはましとはっきり言っていました。

元ティーショック、ブライアン・カウエン。昼はステーキばっかり食べてたらしいですよねえ。今どうしてるんだろう。
BRIAN 1
(www.journal.ieより抜粋)


それでは皆さん、良い週末を!来週月曜日にお会いしましょう。

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.